Microsoft メッセージ キュー (MSMQ) - SHA 2 は既定のハッシュ アルゴリズムです

影響を受けるプラットフォーム

クライアント - Windows XP、Windows Vista、Windows 7
サーバー - Windows Server 2003、Windows Server 2008、Windows Server 2008 R2

機能への影響

重大度 - 低
Frequency - Low

説明

Windows 7 では、MSMQ は送信メッセージに署名するときに既定として SHA-2 を使用します。 さらに、すべての受信メッセージは SHA-2 で署名する必要があります。 管理者がアクセスできるレジストリ キーを使用して、低い暗号化アルゴリズムのサポートを有効にすることができます。

影響の現れ

  • Windows 2003 以下の MSMQ では、Windows 7 の MSMQ から送信された署名済みメッセージは受け入れられません
  • Windows 7 の MSMQ では、Windows 2008 以下からの署名付きメッセージは受け入れられません

対応策

ユーザーは、より強力な署名アルゴリズムを利用するために、Windows 7 へのアップグレードを検討する必要があります。 Windows 7 と下位レベルのオペレーティング システムとの間でシームレスに署名されたメッセージ交換を有効にするには、管理者は MSMQ マシンに適切な例外を追加する必要があります。