VARIANT 構造体

Microsoft Active Accessibility 関数と IAccessible プロパティとメソッドのほとんどは、 VARIANT 構造体をパラメーターとして受け取ります。 基本的に、 VARIANT 構造体は、多くの種類のデータを運ぶ大規模な共用体のコンテナーです。

構造体の最初のメンバー vt の値は、どの共用体メンバーが有効であるかを示します。 VARIANT 構造体ではさまざまなデータ型がサポートされていますが、Microsoft Active Accessibility では次の型のみが使用されます。

vt 値 対応する値のメンバー名
VT_I4 lVal
VT_DISPATCH pdispVal
VT_BSTR bstrVal
VT_EMPTY なし

 

VARIANT 構造体で情報を受け取ったら、vt メンバーを調べて、有効なデータを含むメンバーを見つけます。 同様に、 VARIANT 構造体を使用して情報を送信する場合は、 情報を含 む共用体メンバーを反映するように vt を常に設定します。

構造体を使用する前に、 VariantInit コンポーネント オブジェクト モデル (COM) 関数を呼び出して初期化します。 構造体が完了したら、VariantClear を呼び出して VARIANT を含むメモリが解放される前に、構造体をクリアします。