WM_QUIT メッセージ

アプリケーションを終了する要求を示し、アプリケーションが PostQuitMessage 関数を呼び出したときに生成されます。 このメッセージにより 、GetMessage 関数は 0 を返します。

#define WM_QUIT                         0x0012

パラメーター

wParam

PostQuitMessage 関数で指定された終了コード。

lParam

このパラメーターは使用されません。

戻り値

型: LRESULT

メッセージがアプリケーションのウィンドウ プロシージャに送信される前にメッセージ ループが終了するため、このメッセージには戻り値がありません。

解説

WM_QUIT メッセージはウィンドウに関連付けられていないため、ウィンドウのウィンドウ プロシージャを介して受信されることはありません。 GetMessage 関数または PeekMessage 関数によってのみ取得されます。

PostMessage 関数を使用してWM_QUIT メッセージを投稿しないでください。PostQuitMessage を使用します。

必要条件

要件
サポートされている最小のクライアント
Windows 2000 Professional [デスクトップ アプリのみ]
サポートされている最小のサーバー
Windows 2000 Server [デスクトップ アプリのみ]
ヘッダー
Winuser.h (Windows.h を含む)

関連項目

参照

GetMessage

PeekMessage

PostQuitMessage

概念

Windows