ResourceLocator.ResourceURI プロパティ

ResourceLocator オブジェクトのリソース URI を取得または設定します。 Session.Get、Session.PutSession.Enumerate などのセッション オブジェクト操作でリソース URI を指定する代わりに、ResourceLocator オブジェクトを指定できます

このプロパティは読み取り/書き込み可能です。

構文

ResourceLocator.ResourceURI As string

プロパティ値

リソースを識別する文字列。 ResourceLocator オブジェクトのリソース URI を設定する場合、URI にはパスのみを含める必要があります。

解説

ResourceURI の適切なパスの例を次に示します。

"http://schemas.microsoft.com/wbem/wsman/1/wmi/root/cimv2/Win32_Service"

特定のインスタンスのキーが含まれているため、次のパスは機能しません。 ResourceLocator.AddSelector メソッドを使用して、特定のインスタンスを指定します。

"http://schemas.microsoft.com/wbem/wsman/1/wmi/root/cimv2/Win32_Service?Name=winmgmt"

IWSManResourceLocator::ResourceURI は、対応する C++ メソッドです。

必要条件

要件
サポートされている最小のクライアント
Windows Vista
サポートされている最小のサーバー
Windows Server 2008
Header
WSManDisp.h
IDL
WSManDisp.idl
ライブラリ
WSManDisp.tlb
[DLL]
WSMAuto.dll

関連項目

ResourceLocator