Share via


Winsock での UNIX Ioctl の使用

ほとんどの UNIX 実装で提供される SIOCGIFCONF コマンドは、 WSAIoctl 関数と WSPIoctl 関数の形式で、 コマンド SIO_GET_INTERFACE_LISTでサポートされています。 このコマンドは、構成されたインターフェイスとそのパラメーターの一覧を返します。

Note

このコマンドのサポートは、Windows ソケット 2 準拠の TCP/IP サービス プロバイダーでは必須です。

 

パラメーター lpvOutBuffer は、 WSAIoctlWSPIoctl がインターフェイスに関する情報を格納するバッファーを指します。 インターフェイスの数 ( lpvOutBuffer で返される構造体の数) は、 lpcbBytesReturned で返される出力バッファーの実際の長さに基づいて決定できます。