プロファイルとライターを使用するには

ライターは、プロファイル データを使用して ASF ファイルを作成します。 ライターで他の操作を行う前に、使用するプロファイルを指定する必要があります。

IWMWriter::SetProfileByID メソッドにプロファイル ID を渡すことで、ライターで使用するシステム プロファイルを設定できます。

ライターで使用するカスタム プロファイルを指定するには、目的のプロファイル データを含むオブジェクトへの IWMProfile インターフェイスを取得する必要があります。 これを実現するには、 IWMProfileManager インターフェイスの読み込みメソッドのいずれかを使用できます。 有効な IWMProfile インターフェイスを取得したら、そのインターフェイスへのポインターを IWMWriter::SetProfile メソッドに渡すことができます。 プロファイル設定の詳細については、「プロファイル の操作」を参照してください。

ライターでプロファイルを設定した後に IWMProfile インターフェイスを使用してプロファイル オブジェクトに変更を加えた場合は、 SetProfile を再度呼び出す必要があります。そうしないと、変更はライターに反映されません。 ただし、 SetProfile を 呼び出すとすべてのヘッダー属性がリセットされるため、このメソッドを呼び出した後で必要なヘッダー属性を必ず設定してください。

次の関数例では、プロファイルを "ダイヤルアップ モデム用のメディア ビデオ 8 Windows (56 Kbps) に設定します。

#include <wmsysprf.h>

HRESULT SetProfileExample()
{
  HRESULT hr;
  IWMWriter *pWriter = NULL;
  hr = WMCreateWriter(NULL, &pWriter);
  if (FAILED(hr)) return hr;
  hr = pWriter->SetProfileByID(WMProfile_V80_56Video);
  return hr;
}

Note

Windows メディア オーディオおよびビデオ 9 シリーズ コーデックを使用する定義済みのシステム プロファイルはありません。 詳細については、「 ストリーム構成の再利用」を参照してください。

 

IWMWriter::SetProfileByID

プロファイルの操作

ASF ファイルの書き込み