SWbemPropertySet.Remove メソッド

SWbemPropertySet オブジェクトの Remove メソッドは、SWbemPropertySet コレクションからプロパティを削除します。

この構文の詳細については、「スクリプト API のドキュメント規則」を参照してください。

構文

SWbemPropertySet.Remove( _
  ByVal strName, _
  [ ByVal iFlags ] _
)

パラメーター

strName [in]

必須。 削除する項目の名前。

iFlags [in、オプション]

予約済み。 指定する場合、この値は 0 (ゼロ) にする必要があります。

戻り値

このメソッドは値を返しません。

エラー コード

Remove メソッドの完了後、Err オブジェクトに次の一覧にあるいずれかのエラー コードが含まれる場合があります。

wbemErrFailed - 2147749889 (0x80041001)

不特定のエラー。

wbemErrInvalidOperation - 2147749910 (0x80041016)

ユーザーが削除できないプロパティを削除しようとしました。

wbemErrInvalidParameter - 2147749896 (0x80041008)

無効なパラメーターが指定されました。

wbemErrNotFound - 2147749890 (0x80041002)

指定されたプロパティが存在しません。

wbemErrOutOfMemory - 2147749894 (0x80041006)

このメソッドを実行するのに十分なメモリがありません。

wbemErrPropagatedProperty - 142927303552 (0x2147219380)

ユーザーが、所有していないプロパティを削除しようとしました。 そのプロパティは、親クラスから継承されました。

wbemErrResetToDefault - 2147758082 (0x80043002)

ユーザーにより、現在のクラスのオーバーライドの既定値が削除されました。 親クラスのこのプロパティの既定値が、再アクティブ化されています。

解説

継承されたプロパティを持つクラス インスタンスまたは派生クラスからプロパティを削除することはできません。 このような削除を試行するとエラーが発生し、プロパティは削除されません。プロパティは既定値にリセットされます。

コレクションから要素を削除すると、コレクション ポインターが次の要素に移動されるため、項目の削除中にコレクションを反復処理することはできません。 詳細については、コレクションへのアクセスに関する記事を参照してください。

このメソッドを使用するコード例については、SWbemPropertySet に関するトピックを参照してください。

要件

要件
サポートされている最小のクライアント
Windows Vista
サポートされている最小のサーバー
Windows Server 2008
Header
Wbemdisp.h
タイプ ライブラリ
Wbemdisp.tlb
[DLL]
Wbemdisp.dll
CLSID
CLSID_SWbemPropertySet
IID
IID_ISWbemPropertySet

関連項目

SWbemPropertySet

SWbemPropertySet.Add