WMI システム クラス

WMI システム クラスは、 共通情報モデル (CIM) に基づく定義済みのクラスのコレクションです。 プロバイダーによって提供されるクラスとは異なり、システム クラスは マネージド オブジェクト形式 (MOF) ファイルでは宣言されません。 WMI は、新しい WMI 名前空間 が作成されるたびに、これらのクラスのセットを作成します。

システム クラスのオブジェクトは、イベントとプロバイダーの登録、セキュリティ、イベント通知などの WMI アクティビティをサポートするために使用されます。 一部のオブジェクトは一時的なもので、一部はシステム クラスのインスタンスとしてリポジトリに格納されます。

システム クラスは、二重アンダースコア (__) とそれに続くクラス名で構成される名前付け規則に従います。 WMI プロバイダーのクラスを定義する MOF ファイルを記述する場合、 Mofcomp.exe は、WMI システム クラス名用に予約されているため、初期の二重アンダースコア (__) でクラスをコンパイルしません。

システム クラスのドキュメントには、非システム ローカル プロパティのみが含まれています。 クラス階層をすばやく簡単にナビゲートできるように、クラス定義にリンクが用意されています。

WMI システム クラス

次の表に、さまざまなシステム クラスを示します。

システム クラス 説明
__AbsoluteTimerInstruction イベントが特定の日付に特定の時刻に生成されるようにします。
__ACE アクセス制御エントリ (ACE: Access Control Entry) を表します。
__AggregateEvent 複数の個々の組み込みイベントまたは外部イベントの集計イベントを表します。
__ArbitratorConfiguration WMI クライアントによって開始される操作によって使用される内部リソースを制限する構成クラス。
__CacheControl WMI がコンポーネント オブジェクト モデル (COM) オブジェクトを解放するタイミングを決定します。
__CIMOMIdentification WMI のローカル インストールについて説明します。
__ClassCreationEvent クラス作成イベントを表します。これは、新しいクラスが名前空間に追加されたときに生成される 組み込みイベント の一種です。
__ClassDeletionEvent クラス削除イベントを表します。これは、クラスが名前空間から削除されたときに生成される 組み込みイベント の一種です。
__ClassModificationEvent クラス変更イベントを表します。これは、名前空間でクラスが変更されたときに生成される 組み込みイベント の一種です。
__ClassOperationEvent クラスに関連するすべての組み込みイベントの基底クラス。
__ClassProviderRegistration WMI にクラス プロバイダーを登録します。
__ConsumerFailureEvent イベント コンシューマーの障害が原因で削除される他のイベントの発生を表します。
__Event すべての組み込みイベントと extrinsic イベントの親クラスとして機能する抽象基底クラス。
__EventConsumer 永続的なイベント コンシューマーの登録で使用される抽象基底クラス。
__EventConsumerProviderCacheControl WMI がイベント コンシューマー プロバイダーを解放するタイミングを決定します。
__EventConsumerProviderRegistration イベント コンシューマー プロバイダーを WMI に登録します。
__EventDroppedEvent 削除されたイベントの発生を表します。 破棄されたイベントは、イベント コンシューマーに配信されないイベントです。
__EventFilter 永続的なイベント コンシューマーの登録には、 __EventFilter システム クラスのインスタンスが必要です。
__EventGenerator タイマー イベントなどのイベントの生成を制御するクラスの親クラスとして機能します。
__EventProviderCacheControl イベント プロバイダーがアンロードされるタイミングを制御します。
__EventProviderRegistration イベント プロバイダーを WMI に登録します。
__EventQueueOverflowEvent 配信キューのオーバーフローの結果としてイベントが破棄されたときに報告します。
__EventSinkCacheControl WMI がイベント コンシューマー プロバイダーの IWbemUnboundObjectSink ポインターを解放するタイミングを決定するために使用されます。
__ExtendedStatus 詳細な状態とエラー情報を報告するために使用されます。
__ExtrinsicEvent extrinsic イベントとも呼ばれる、すべてのユーザー定義イベント型の親クラスとして機能します。
__FilterToConsumerBinding 永続的なイベント コンシューマーの登録で使用され、 __EventConsumer のインスタンスを __EventFilterのインスタンスに関連付けます。
__IndicationRelated イベント関連のすべてのクラスの親クラスとして機能します。
__InstanceCreationEvent インスタンス作成イベントを報告します。これは、新しいインスタンスが名前空間に追加されたときに生成される 組み込みイベント の一種です。
__InstanceDeletionEvent インスタンス削除イベントを報告します。これは、インスタンスが名前空間から削除されたときに生成される 組み込みイベント の一種です。
__InstanceModificationEvent インスタンス変更イベントを報告します。これは、インスタンスが名前空間内で変更されたときに生成される 組み込みイベント の一種です。
__InstanceOperationEvent インスタンスに関連するすべての組み込みイベントの基底クラスとして機能します。
__InstanceProviderRegistration WMI にインスタンス プロバイダーを登録します。
__IntervalTimerInstruction Windows プログラミングのWM_TIMER メッセージに似た間隔でイベントを生成します。
__MethodInvocationEvent このクラスは実装されていません。
__MethodProviderRegistration メソッド プロバイダーを WMI に登録します。
__Namespace WMI 名前空間を表します。
__NamespaceCreationEvent 名前空間作成イベントを報告します。これは、新しい名前空間が現在の名前空間に追加されたときに生成される 組み込みイベント の一種です。
__NamespaceDeletionEvent 名前空間削除イベントを報告します。これは、サブ名前空間が現在の名前空間から削除されたときに生成される 組み込みイベント の一種です。
__NamespaceModificationEvent 名前空間変更イベントを報告します。これは、名前空間が変更されたときに生成される 組み込みイベント の一種です。
__NamespaceOperationEvent 名前空間に関連するすべての組み込みイベントの基本クラス。
__NotifyStatus プロバイダー定義エラー クラスの親クラスとして機能します。
__NTLMUser9X サポートされていないバージョンのWindowsを実行しているコンピューターへのリモート アクセスを制御します。
__ObjectProviderCacheControl クラスまたはインスタンス プロバイダーがアンロードされるタイミングを制御します。
__ObjectProviderRegistration WMI でクラスプロバイダーとインスタンス プロバイダーを登録するために使用されるクラスの親として機能します。
__PARAMETERS メソッドの入力パラメーターと出力パラメーターを定義します。
__PropertyProviderCacheControl プロパティ プロバイダーがアンロードされるときにキャッシュを制御します。
__PropertyProviderRegistration WMI にプロパティ プロバイダーを登録します。
__Provider __Win32Provider システム クラスの親クラスとして機能します。
__ProviderHostQuotaConfiguration システム リソースのホスト プロセスの使用に対して制限を設定できるようにします。
__ProviderRegistration さまざまな種類のプロバイダーの登録クラスの親クラスとして機能します。
__SecurityDescriptor セキュリティ記述子を表します。
__SecurityRelatedClass すべての種類のセキュリティ クラスの親クラスとして機能します。
__SystemClass ほとんどのシステム クラスの派生元となる基本クラス。
__SystemEvent システム イベントを表します。
__SystemSecurity 名前空間のセキュリティ設定にアクセスして変更できるメソッドが含まれています。
__thisNAMESPACE 名前空間のセキュリティ権限をセキュリティ記述子の形式で保持します。
__TimerEvent 間隔タイマー イベントまたは絶対タイマー イベントに対するコンシューマーの要求に応じて、WMI によって生成されたイベントを報告します。
__TimerInstruction コンシューマーに対して タイマー イベント を生成する方法に関する手順を指定します。
__TimerNextFiring オペレーティング システムで使用するために予約されています。
__Trustee トラスティを表します。 名前または SID (バイト配列) を使用できます。
__Win32Provider WMI でのプロバイダーの物理的な実装に関する情報を登録します。