次の方法で共有


Windows メディア プレーヤー プラグイン

[このページWindows メディア プレーヤー SDK に関連付けられている機能は、レガシ機能です。 MediaPlayer に置き換わりました。 MediaPlayer は、Windows 10とWindows 11用に最適化されています。 新しいコードでは、可能な場合は SDK ではなく MediaPlayerWindows メディア プレーヤー使用することを強くお勧めします。 Microsoft は、従来の API を使用する既存のコードを、可能であれば新しい API を使用するように書き直すよう提案しています。]

Microsoft Windows メディア プレーヤー では、いくつかの方法で機能を拡張できるインターフェイスが公開されています。 次のセクションでは、サポートされているプラグイン アーキテクチャと、プラグインをビルドするプロセスについて説明します。

セクション 説明
プラグインのビルド Visual Studio と Windows メディア プレーヤー プラグイン ウィザードを使用して、いくつかの種類のプラグインをビルドできます。
カスタム視覚化のWindows メディア プレーヤー Windows メディア プレーヤー視覚化は、プレーヤーのメディア再生のオーディオ部分に同期されるビジュアル画像を表示するために使用されるコンポーネント オブジェクト モデル (COM) オブジェクトです。 カスタム視覚化は、Microsoft Visual C++を使用して作成できます。
Windows メディア プレーヤー ユーザー インターフェイス プラグイン ユーザー インターフェイス プラグインWindows メディア プレーヤー、フル モードプレーヤーの [再生中] ウィンドウに新しい機能を追加します。 視覚化領域、別のウィンドウ、設定領域、メタデータ領域、または表示可能なユーザー インターフェイスを公開しないバックグラウンド プラグインを使用するプラグインを作成できます。
Windows メディア プレーヤー DSP プラグイン Windows メディア プレーヤー DSP プラグインは、プレーヤーによってレンダリングされる前に、オーディオとビデオのデータを変更または処理します。 DSP プラグインは、COM インターフェイスを介して Player に接続する DirectX Media Objects (DMO) です。
Windows メディア プレーヤー レンダリング プラグイン (非推奨) Windows メディア プレーヤーレンダリング プラグインは、必要に応じてデコードし、Windows Media 形式ストリームに含まれるカスタム データをレンダリングします。 レンダリング プラグインは、COM インターフェイスを介して Player に接続する DirectX Media Objects (DMO) です。
Windows メディア プレーヤー変換プラグイン Windows メディア プレーヤー変換プラグインは、Microsoft が提供していないテクノロジを使用して作成されたデジタル メディア ファイルを Advanced Systems Format (ASF) に変換します。

 

Windows メディア プレーヤー SDK