Share via


ItemsControl.ItemsSource プロパティ

定義

ItemsControl のコンテンツの生成に使用するオブジェクト ソースを取得または設定します。

public:
 property Platform::Object ^ ItemsSource { Platform::Object ^ get(); void set(Platform::Object ^ value); };
IInspectable ItemsSource();

void ItemsSource(IInspectable value);
public object ItemsSource { get; set; }
var object = itemsControl.itemsSource;
itemsControl.itemsSource = object;
Public Property ItemsSource As Object
<itemsControl ItemsSource="bindingDeclaration"/>
-or-
<itemsControl ItemsSource="resourceReferenceToSource"/>

プロパティ値

Object

Platform::Object

IInspectable

ItemsControl のコンテンツを生成するために使用される オブジェクト。 既定値は、null です。

注釈

ItemsSource プロパティを に設定するオブジェクトの型は、これらのインターフェイスのいずれかを実装する必要があります。

.NET C++/WinRT C++/CX
IEnumerable<オブジェクト> IVector<IInspectable> IIterable<IInspectable>
IEnumerable IBindableObservableVector IBindableIterable

ItemsSource プロパティ値にもランダム アクセス リスト インターフェイスが実装されている場合、ItemsControl のパフォーマンスが向上します。

.NET C++/WinRT C++/CX
IList<オブジェクト> IVector<IInspectable> IVector<IInspectable>
IReadOnlyCollection<オブジェクト> IVector<IInspectable> IVectorView<IInspectable>
IList IBindableObservableVector IBindableVector
IList IBindableObservableVector IBindableVectorView

ItemsSource プロパティ値にもコレクション変更通知インターフェイスが実装されている場合、ItemsControl はコレクション変更通知イベントを発生させることができます。

.NET C++/WinRT C++/CX
マネージド デスクトップ C#/.NET Core アプリ
System.Collections.Specialized.INotifyCollectionChanged

ユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) アプリ
Windows.UI.Xaml.Interop.INotifyCollectionChanged

IObservableVector<IInspectable> IObservableVector<IInspectable>

.NET の場合、コレクション変更イベントを処理するには、 ItemsSource プロパティで非ジェネリック IList インターフェイスも実装する必要があります。

適用対象