Share via


BitmapSource.SetSource(IRandomAccessStream) メソッド

定義

ストリームにアクセスして BitmapSource のソース イメージを設定します。 ほとんどの呼び出し元では、代わりに SetSourceAsync を使用する必要があります。

public:
 virtual void SetSource(IRandomAccessStream ^ streamSource) = SetSource;
void SetSource(IRandomAccessStream const& streamSource);
public void SetSource(IRandomAccessStream streamSource);
function setSource(streamSource)
Public Sub SetSource (streamSource As IRandomAccessStream)

パラメーター

streamSource
IRandomAccessStream

イメージ ソースの値を設定するストリーム ソース。

注釈

SetSourceAsync ではなく SetSource を呼び出すと、イメージ ソース ファイルが返されて処理されるまで UI スレッドをブロックする可能性があります。 このため、通常、SetSource を呼び出す代わりに SetSourceAsync を呼び出すことをおすすめします。

メモリ不足の状況 (低メモリの電話の場合が多い) では、"イメージが認識されていません" というメッセージと 0x88982F60 の HRESULT で例外が発生する可能性があります。 通常、この例外は不適切なデータを示しますが、アプリがメモリ制限に近い場合、例外の原因はメモリ不足である可能性があります。 その場合は、メモリを解放してから、もう一度お試しください。

適用対象

こちらもご覧ください