Share via


Window.Activated イベント

定義

ウィンドウが正常にアクティブ化されたときに発生します。

// Register
event_token Activated(TypedEventHandler<IInspectable, WindowActivatedEventArgs const&> const& handler) const;

// Revoke with event_token
void Activated(event_token const* cookie) const;

// Revoke with event_revoker
Window::Activated_revoker Activated(auto_revoke_t, TypedEventHandler<IInspectable, WindowActivatedEventArgs const&> const& handler) const;
public event TypedEventHandler<object,WindowActivatedEventArgs> Activated;
function onActivated(eventArgs) { /* Your code */ }
window.addEventListener("activated", onActivated);
window.removeEventListener("activated", onActivated);
- or -
window.onactivated = onActivated;
Public Custom Event Activated As TypedEventHandler(Of Object, WindowActivatedEventArgs) 

イベントの種類

次のコード例は、このイベントの一般的な使用パターンを示しています。

void Current_Activated(object sender, WindowActivatedEventArgs e)
{
    if (e.WindowActivationState == WindowActivationState.Deactivated)
    {
        // Show the "paused" UI. 
        VisualStateManager.GoToState(this, "PauseUI", false);
    }
    else if (e.WindowActivationState == WindowActivationState.PointerActivated 
    || e.WindowActivationState == WindowActivationState.CodeActivated)
    {
        // Show the "active" UI. 
        VisualStateManager.GoToState(this, "ActivateUI", false);
    }
}

注釈

このイベントは、システムによって Window がアクティブ化または非アクティブ化されたときに発生します。 アプリは、WindowActivationState プロパティをWindow確認することで、アクティブ化の状態を確認できます。 は Window 画面上に表示できますが、アクティブにすることはできません (たとえば、スナップされたアプリの場合)。 さらに、システムの他の部分がウィンドウからフォーカスを取り除くと、このイベントが発生します。 これは、ユーザーの操作またはコードの結果として発生する可能性があり WindowActivationState 、 は、実行されたアクションを示します。

適用対象

こちらもご覧ください