次の方法で共有


Microsoft.Windows.ApplicationModel.WindowsAppRuntime 名前空間

Windows アプリ SDK ランタイムのデプロイ情報へのアクセスと、ランタイムに不足しているパッケージを登録する機能を提供します。

詳細については、「 パッケージ 化されたアプリの展開ガイド」を参照してください。

クラス

DeploymentInitializeOptions

デプロイ オプションを表すクラス。 パラメーターとして DeploymentManager.Initialize(DeploymentInitializeOptions) に渡されます。

DeploymentManager

Windows アプリ SDK ランタイムのデプロイ情報へのアクセスを提供します。

重要

アプリは起動時に DeploymentManager.Initialize を 呼び出す必要があります。 詳細については、「Windows アプリ SDKを初期化する」を参照してください。

DeploymentResult

現在のパッケージによって参照されるWindows アプリ SDK ランタイムのデプロイの状態とエラー情報を提供します。

ReleaseInfo

Windows アプリ SDKのリリースのバージョン情報を表します。

RuntimeInfo

Windows アプリ SDK ランタイムのリリースのバージョン情報を表します。

列挙型

DeploymentStatus

現在読み込まれているWindows アプリ SDK ランタイムの展開状態を表します。

こちらもご覧ください