Microsoft Teams Premium - 管理者の概要

情報アイコンこの記事で説明するほとんどの機能には、Teams Premiumが必要です。一部のウェビナー機能など、いくつかの機能は、他のライセンスでも利用できます。 機能の可用性とライセンスの詳細については、「Teams Premium ライセンス」を参照してください。

この記事は、Teams Premium機能のデプロイと構成を行う IT 担当者と管理者向けです。 この記事では、機能の簡単な説明と、より詳細なドキュメントへのリンクを示します。

Teams Premiumは、Teams に次の機能強化を提供するアドオン ライセンスです。

  • エンド ユーザー向けの会議エクスペリエンスの強化
  • 会議のセキュリティと保護の強化
  • 管理とテレメトリのサポートの強化

Important

Teams Premiumが一般提供に達したので、以前 Teams で利用できる一部の機能は、Teams Premium ライセンスでのみ使用できます。

管理者がTeams Premium機能を管理できるようにするには、テナントには、アクティブなTeams Premium ライセンスを持つ少なくとも 1 人のユーザーが必要です。

次のセクションでは、次のTeams Premiumの機能強化について説明します。

Teams 会議とプレミアム イベント全般の詳細については、次の記事を参照してください。

注意

この記事は引き続き更新されます。 新しいコンテンツへのリンクを頻繁に確認してください。

高度な保護

Teams Premiumでは、次の主要な機能を使用して、ユーザーの Teams エクスペリエンスを保護および監視するための追加の方法が提供されます。

  • 秘密度ラベル - 会議開催者によって通常制御される会議設定を制御するための秘密度ラベルの拡張機能。 これらの機能には、ロビー、チャット、チャットコピー、プレゼンテーション、録音機能を制御するための新しい設定が含まれます。

  • 透かし - 秘密度ラベルを使用して適用されます。 透かしには会議参加者のメール アドレスが表示されます。これは、会議で共有されている機密情報を保護するのに役立ちます。

  • エンドツーエンドの暗号化 - 秘密度ラベルを介して適用されます。 エンドツーエンドの暗号化により、より高いレベルの保護が必要な会議のセキュリティが強化されます。

  • 出席者に表示される内容を管理する - 会議の開催者は、Teams 会議中にスポットライトを当てるアバターまたはビデオ フィードを決定できます。 他のユーザーはビューから非表示になります。

  • 出席者名を非表示にする - 会議とウェビナーの開催者は、ステージ、名簿、チャットの他の出席者の出席者の名前を非表示にすることができます。

  • 高度なコラボレーション分析 - Teams 管理者は、Teams 管理センターで、外部コラボレーション アクティビティに関するユーザー、チーム、フェデレーション ドメイン、チャネル、ゲストに関するデータを表示できます。

機能/タスク 管理者向けのドキュメント エンド ユーザー向けのドキュメント
秘密度ラベル 3 層の保護を使用して Teams 会議を構成する
透かし 会議に透かしを要求する 会議の透かし
エンドツーエンド暗号化 (E2EE) 機密性の高い会議の暗号化 暗号化を使用する
テンプレート、ラベル、ポリシー テンプレート、秘密度ラベル、ポリシー カスタム テンプレートを使用する
記録できるユーザーを制限する 機密性の高い会議の記録を管理する 会議のレコーディング
出席者に表示される内容の管理 管理者制御なし。 Teams 会議で出席者に表示される内容を管理する
出席者の名前を非表示にする 会議とウェビナーの開催者が出席者の名前を非表示にすることを許可する
高度なコラボレーション分析 Microsoft Teams 向け Advanced Collaboration Analytics エンド ユーザー コントロールはありません。

カスタム会議

Teams Premiumには、会議をカスタマイズするための次の追加機能が用意されています。

  • 会議テンプレート - 会議 の開催者が通常制御する会議設定を制御するために使用されます。 テンプレートを使用すると、organizationで一貫した会議エクスペリエンスを作成し、コンプライアンス要件とビジネス ルールの適用に役立ちます。

  • 会議のテーマ - organizationが会議エクスペリエンス全体でビジュアル ID を拡張できるようにします。 1 つのテナント内で、さまざまな部署や部署の会議テーマを設定および作成できます。

  • 組織のカスタム会議の背景 - Teams Premium ライセンスを使用してエンド ユーザーが使用できるカスタム会議の背景を作成および定義できます。

  • 組織向けのカスタム 一緒モード シーン - Teams Premium ライセンスを使用してエンド ユーザーが利用できる会議のカスタム 一緒モード シーンを作成、カスタマイズ、または受け入れることができます。

  • リアルタイム メッセージング プロトコル (RTMP)-イン - オーガナイザーは、外部ハードウェアまたはソフトウェア ベースのエンコーダーから直接 Teams 会議を生成できます。

機能/タスク 管理者向けのドキュメント エンド ユーザー向けのドキュメント
会議テンプレート - 概要
- カスタム会議テンプレートを作成する
カスタム テンプレートを使用する
会議のテーマ Teams 会議のテーマ 会議のテーマを使用する
組織のカスタム会議の背景 会議の背景
組織向けのカスタム 一緒モード シーン ユーザーと開発者向けのコンテンツ
RTMP-In Teams 会議の RTMP-In を管理する Teams 会議で RTMP-In を使用する

Premium イベント

プレミアム イベントには、タウン ホールやウェビナーが含まれます。

  • タウンホールは、 インタラクティブなビデオストリーミングを新しいレベルに引き上げます。 タウンホールは、発表者、主催者、共同開催者が対話を主導する一対多のコミュニケーションを目的としたものです。 対象ユーザーの参加は、主に共有されているコンテンツを表示して反応することです。

  • ウェビナーでは、 発表者が出席者に情報を提供する双方向の対話型仮想イベントが提供されます。 この形式は、会話と参加者に対するオーガナイザーの追加制御を提供します。

以降のセクションでは、タウンホールとウェビナー Teams Premium機能拡張について説明します。 タウン ホール、ウェビナー、会議全般の計画の詳細については、「 タウン ホールの計画」、「 ウェビナーの計画」、 および「会議、ウェビナー、タウン ホール」を参照してください。

タウン ホール

Teams Premiumには、タウン ホールエクスペリエンスを強化するための次の機能が用意されています。

  • カスタム メール - 開催者と共同開催者は、出席者に送信されるタウン ホールのメール テンプレートをカスタマイズできます。

  • ブロードキャストと Q&容量の増加 - 開催者は 20,000 人の出席者に町役場をブロードキャストできます。 すべての出席者は Q&A を使用して、発表者、開催者、共同開催者と対話できます。

  • ライブ翻訳の言語の増加 - 出席者には、タウン ホールでライブ翻訳されたキャプションに対して 10 の言語オプションがあります。 次の言語が含まれます。

    • 英語 (en-us)
    • 日本語 (ja-jp)
    • スペイン語 (es-es)
    • ポルトガル語 (pt-pt)
    • フランス語 (fr-fr)
    • 中国語 (zh-cn)
    • ドイツ語 (de-de)
    • イタリア語 (it-it)
    • 韓国語 (ko-kr)
    • ロシア語 (ru-ru)
  • タウン ホールの分析情報 - タウン ホールの開催者は、ライブ中にタウン ホールのトラブルシューティングを行うことができます。

  • 出席者エクスペリエンスのリアルタイム監視 - 管理者は分析ダッシュボードを使用して、ライブ タウン ホールでの出席者エクスペリエンスのトラブルシューティングを行うことができます。

機能/タスク 管理者向けのドキュメント エンド ユーザー向けのドキュメント
カスタム メール 電子メール通信を管理する Microsoft Teams でタウン ホールをスケジュールする
タウン ホールの分析情報 管理者の制御なし Microsoft Teams のタウン ホールの分析情報
ライブ翻訳されたキャプション Teams 会議の文字起こしとキャプションを構成する Microsoft Teams 会議でライブ キャプションを使用する
出席者エクスペリエンスのリアルタイム監視 分析 エンド ユーザーコントロールなし

ウェビナー

Teams Premiumには、強化されたウェビナー エクスペリエンス用の次の機能が用意されています。

  • リアルタイム メッセージング プロトコル (RTMP)-イン - オーガナイザーは、外部ハードウェアまたはソフトウェア ベースのエンコーダーから Teams ウェビナーを直接生成できます。
  • カスタム メール - 開催者と共同開催者は、出席者に送信されるウェビナー電子メール テンプレートをカスタマイズできます。
  • カスタムウェビナーリマインダーメール送信時間 - ウェビナーリマインダーメールは、イベント開始の1時間前に登録者に自動的に送信されます。 Teams Premiumを使用すると、開催者は送信時間を編集して出席者にすぐに通知できます。
  • 出席者に表示される内容を管理する - ウェビナーの開催者は、Teams ウェビナーでスポットライトを当てるアバターまたはビデオ フィードを決定できます。 他のユーザーはビューから非表示になります。
  • 登録者を手動で承認 する - 開催者はウェビナーへの登録要求を承認または拒否できます。
  • 容量を超えてウェビナーの待機リストを有効にして管理する - ウェビナーの登録が容量に達すると、開催者は待機リストを通じてオーバーフロー登録要求を管理できます。
  • 登録の開始時刻と終了時刻を制限 する - 開催者は、潜在的な出席者がウェビナーに登録できる時間枠を設定できます。
  • 出席者名を非表示にする - 会議とウェビナーの開催者は、ステージ、名簿、チャットの他の出席者の出席者の名前を非表示にすることができます。
機能/タスク 管理者向けのドキュメント エンド ユーザー向けのドキュメント
カスタム メール 電子メール通信を管理する Microsoft Teams でウェビナーメールを管理する
RTMP-In Teams 会議の RTMP-In を管理する Teams 会議で RTMP-In を使用する
出席者に表示される内容の管理 管理者の制御なし Teams 会議で出席者に表示される内容を管理する
登録者を手動で承認する 管理者の制御なし Microsoft Teams でウェビナー登録を管理する
容量を超えてウェビナーの待機リストを有効にして管理する 管理者の制御なし Microsoft Teams でウェビナー登録を管理する
登録の開始時刻と終了時刻を制限する 管理者の制御なし Microsoft Teams でウェビナー登録を管理する
出席者の名前を非表示にする 会議とウェビナーの開催者が出席者の名前を非表示にすることを許可する Teams 会議とウェビナーで出席者の名前を非表示にする

高度な仮想予定

Microsoft 365 ライセンスを使用すると、エンド ユーザーは基本的な仮想予定機能を使用して、ビジネス間の会議をスケジュールして参加できます。 たとえば、ユーザーはBookings予定表で予定をスケジュールでき、外部出席者は Teams をダウンロードしなくてもブラウザーを介して参加できます。

Teams Premiumには、次のような高度な仮想予定機能が用意されています。

  • SMS 通知
  • カスタム待合室
  • スケジュールされた予定とオンデマンドの予定のキュー
  • 分析
機能/タスク 管理者向けのドキュメント
SMS 通知 SMS テキスト通知
レポート 仮想予定使用状況レポート
詳細な仮想予定 アクティビティ レポート

その他のリソース

その他のリソースについては、こちらを参照してください。