CreditCardAttribute クラス

定義

データ フィールドの値がクレジット カードの番号であることを指定します。

public ref class CreditCardAttribute sealed : System::ComponentModel::DataAnnotations::DataTypeAttribute
[System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Field | System.AttributeTargets.Parameter | System.AttributeTargets.Property, AllowMultiple=false)]
public sealed class CreditCardAttribute : System.ComponentModel.DataAnnotations.DataTypeAttribute
[<System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Field | System.AttributeTargets.Parameter | System.AttributeTargets.Property, AllowMultiple=false)>]
type CreditCardAttribute = class
    inherit DataTypeAttribute
Public NotInheritable Class CreditCardAttribute
Inherits DataTypeAttribute
継承
属性

注釈

値は、文字列処理アルゴリズムを使用して検証されます。 このクラスでは、クレジット カード番号が購入に対して有効であることは検証されず、正しい形式であることのみが検証されます。

コンストラクター

CreditCardAttribute()

CreditCardAttribute クラスの新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

CustomDataType

データ フィールドに関連付けられたカスタム フィールド テンプレートの名前を取得します。

(継承元 DataTypeAttribute)
DataType

データ フィールドに関連付けられた型を取得します。

(継承元 DataTypeAttribute)
DisplayFormat

データ フィールドの表示形式を取得します。

(継承元 DataTypeAttribute)
ErrorMessage

検証が失敗した場合に検証コントロールに関連付けるエラー メッセージを取得または設定します。

(継承元 ValidationAttribute)
ErrorMessageResourceName

検証が失敗した場合に ErrorMessageResourceType プロパティ値の検索に使用するエラー メッセージ リソース名を取得または設定します。

(継承元 ValidationAttribute)
ErrorMessageResourceType

検証が失敗した場合にエラー メッセージの検索に使用するリソースの種類を取得または設定します。

(継承元 ValidationAttribute)
ErrorMessageString

ローカライズされた検証エラー メッセージを取得します。

(継承元 ValidationAttribute)
RequiresValidationContext

属性で検証コンテキストが必要かどうかを示す値を取得します。

(継承元 ValidationAttribute)
TypeId

派生クラスで実装されると、この Attribute の一意の識別子を取得します。

(継承元 Attribute)

メソッド

Equals(Object)

このインスタンスが、指定されたオブジェクトと等価であるかどうかを示す値を返します。

(継承元 Attribute)
FormatErrorMessage(String)

エラーが発生したデータ フィールドに基づいて、エラー メッセージに書式を適用します。

(継承元 ValidationAttribute)
GetDataTypeName()

データ フィールドに関連付けられた型の名前を返します。

(継承元 DataTypeAttribute)
GetHashCode()

このインスタンスのハッシュ コードを返します。

(継承元 Attribute)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
GetValidationResult(Object, ValidationContext)

現在の検証属性に対して、指定した値が有効かどうかを確認します。

(継承元 ValidationAttribute)
IsDefaultAttribute()

派生クラスでオーバーライドされるとき、このインスタンスの値が派生クラスの既定値であるかどうかを示します。

(継承元 Attribute)
IsValid(Object)

指定したクレジット カード番号が有効かどうかを判断します。

IsValid(Object, ValidationContext)

現在の検証属性に対して、指定した値を検証します。

(継承元 ValidationAttribute)
Match(Object)

派生クラス内でオーバーライドされたときに、指定したオブジェクトとこのインスタンスが等しいかどうかを示す値を返します。

(継承元 Attribute)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)
Validate(Object, String)

指定されたオブジェクトを検証します。

(継承元 ValidationAttribute)
Validate(Object, ValidationContext)

指定されたオブジェクトを検証します。

(継承元 ValidationAttribute)

明示的なインターフェイスの実装

_Attribute.GetIDsOfNames(Guid, IntPtr, UInt32, UInt32, IntPtr)

一連の名前を対応する一連のディスパッチ識別子に割り当てます。

(継承元 Attribute)
_Attribute.GetTypeInfo(UInt32, UInt32, IntPtr)

オブジェクトの型情報を取得します。この情報はインターフェイスの型情報の取得に使用できます。

(継承元 Attribute)
_Attribute.GetTypeInfoCount(UInt32)

オブジェクトが提供する型情報インターフェイスの数 (0 または 1) を取得します。

(継承元 Attribute)
_Attribute.Invoke(UInt32, Guid, UInt32, Int16, IntPtr, IntPtr, IntPtr, IntPtr)

オブジェクトによって公開されたプロパティおよびメソッドへのアクセスを提供します。

(継承元 Attribute)

適用対象