CircleEase クラス

定義

円関数を使って加速と減速のアニメーションを作成するイージング関数を表します。

public ref class CircleEase : System::Windows::Media::Animation::EasingFunctionBase
public class CircleEase : System.Windows.Media.Animation.EasingFunctionBase
type CircleEase = class
    inherit EasingFunctionBase
Public Class CircleEase
Inherits EasingFunctionBase
継承

次の例では、減速アニメーションを CircleEase 作成するために、イージング関数を a DoubleAnimation に適用します。

<Rectangle Name="myRectangle" Width="200" Height="30" Fill="Blue">
    <Rectangle.Triggers>
        <EventTrigger RoutedEvent="Rectangle.MouseDown">
            <BeginStoryboard>
                <Storyboard>
                    <DoubleAnimation From="30" To="200" Duration="00:00:3" 
                     Storyboard.TargetName="myRectangle" 
                     Storyboard.TargetProperty="Height">
                        <DoubleAnimation.EasingFunction>
                            <CircleEase EasingMode="EaseOut"/>
                        </DoubleAnimation.EasingFunction>
                    </DoubleAnimation>
                </Storyboard>
            </BeginStoryboard>
        </EventTrigger>
    </Rectangle.Triggers>

</Rectangle>

注釈

アニメーションの加速、減速、またはその両方を制御するには、次のように指定 EasingModeします。 次のグラフは、f(t) がアニメーションのEasingMode進行状況を表し、t が時間を表すさまざまな値を示しています。

CircleEase EasingMode のグラフ。

この関数に使用される数式は次のとおりです。

CircleEase の数式

t の有効な値は-1 <= t <= 1 です。 1 より大きい値は 1 として評価され、-1 未満の値は -1 として評価されます。 つまり、この間隔外の値の場合、アニメーションは続行されますが、イージング関数は無効なドメインに入ると一時停止し、無効なドメインを離れた後に再開します。

他にもいくつかのイージング関数があります CircleEase。 ランタイムに含まれるイージング関数を使うだけでなく、EasingFunctionBase から継承することによって独自のイージング関数を作成できます。

XAML オブジェクト要素の使用方法

<CircleEase .../>  

コンストラクター

CircleEase()

CircleEase クラスの新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

CanFreeze

オブジェクトを変更不可能にできるかどうかを示す値を取得します。

(継承元 Freezable)
DependencyObjectType

このインスタンスの DependencyObjectType CLR 型をラップする値を取得します。

(継承元 DependencyObject)
Dispatcher

この Dispatcher が関連付けられている DispatcherObject を取得します。

(継承元 DispatcherObject)
EasingMode

アニメーションの補間の方法を指定する値を取得または設定します。

(継承元 EasingFunctionBase)
IsFrozen

オブジェクトが変更可能かどうかを示す値を取得します。

(継承元 Freezable)
IsSealed

このインスタンスが現在シールされている (読み取り専用である) かどうかを示す値を取得します。

(継承元 DependencyObject)

メソッド

CheckAccess()

呼び出し元のスレッドがこの DispatcherObject にアクセスできるかどうかを確認します。

(継承元 DispatcherObject)
ClearValue(DependencyProperty)

プロパティのローカル値をクリアします。 クリアするプロパティは DependencyProperty 識別子で指定されます。

(継承元 DependencyObject)
ClearValue(DependencyPropertyKey)

読み取り専用プロパティのローカル値を消去します。 消去するプロパティは、DependencyPropertyKey で指定します。

(継承元 DependencyObject)
Clone()

Freezable の変更可能な複製を作成し、オブジェクトの値の詳細コピーを作成します。 このメソッドは、オブジェクトの依存関係プロパティをコピーするときに式をコピーしますが (コピーされた式は解決されなくなる場合があります)、アニメーションやその現在の値はコピーしません。

(継承元 Freezable)
CloneCore(Freezable)

基本 (アニメーション化されていない) プロパティ値を使用して、インスタンスを、指定した Freezable の複製 (詳細コピー) にします。

(継承元 Freezable)
CloneCurrentValue()

Freezable の現在の値を使用して、変更可能な複製 (詳細コピー) を作成します。

(継承元 Freezable)
CloneCurrentValueCore(Freezable)

現在のプロパティ値を使用して、インスタンスを、指定した Freezable の変更可能な複製 (詳細コピー) にします。

(継承元 Freezable)
CoerceValue(DependencyProperty)

指定した依存関係プロパティの値を強制します。 これは、呼び出し元の DependencyObject の依存関係プロパティのプロパティ メタデータで指定されている CoerceValueCallback 関数を呼び出すことによって実現されます。

(継承元 DependencyObject)
CreateInstance()

Freezable クラスの新しいインスタンスを初期化します。

(継承元 Freezable)
CreateInstanceCore()

Freezable 派生クラスの新しいインスタンスを作成します。 派生クラスを作成するときには、このメソッドをオーバーライドする必要があります。

Ease(Double)

正規化時間を変換して、アニメーションの速度を制御します。

(継承元 EasingFunctionBase)
EaseInCore(Double)

カスタム イージング関数の EaseIn モードを生成するためにオーバーライドできる、イージング関数のロジック部分を提供します。

Equals(Object)

指定した DependencyObject が現在の DependencyObject と等しいかどうかを判断します。

(継承元 DependencyObject)
Freeze()

現在のオブジェクトを変更不可能にし、その IsFrozen プロパティを true に設定します。

(継承元 Freezable)
FreezeCore(Boolean)

Freezable オブジェクトを変更不可能な状態にするか、変更不可能な状態にできるかどうかをテストします。

(継承元 Freezable)
GetAsFrozen()

基本プロパティ値 (アニメーション化されていない値) を使用して、Freezable の 固定されたコピーを作成します。 コピーが固定されているため、参照によって任意の固定されたサブオブジェクトがコピーされます。

(継承元 Freezable)
GetAsFrozenCore(Freezable)

基本プロパティ値 (アニメーション化されていない値) を使用して、インスタンスを、指定した Freezable の固定された複製にします。

(継承元 Freezable)
GetCurrentValueAsFrozen()

現在のプロパティ値を使用して、Freezable の固定されたコピーを作成します。 コピーが固定されているため、参照によって任意の固定されたサブオブジェクトがコピーされます。

(継承元 Freezable)
GetCurrentValueAsFrozenCore(Freezable)

現在のインスタンスを、指定した Freezable の固定された複製にします。 オブジェクトに、アニメーション化された依存関係プロパティが存在する場合、現在アニメーション化されている値がコピーされます。

(継承元 Freezable)
GetHashCode()

この DependencyObject のハッシュ コードを取得します。

(継承元 DependencyObject)
GetLocalValueEnumerator()

どの依存関係プロパティがこの DependencyObject 上にローカルに設定された値を持つかを確認するための、専用の列挙子を作成します。

(継承元 DependencyObject)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
GetValue(DependencyProperty)

DependencyObject のこのインスタンスにある依存関係プロパティの現在の有効値を返します。

(継承元 DependencyObject)
InvalidateProperty(DependencyProperty)

指定した依存関係プロパティの有効値を再評価します。

(継承元 DependencyObject)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
OnChanged()

現在の Freezable オブジェクトの変更時に呼び出されます。

(継承元 Freezable)
OnFreezablePropertyChanged(DependencyObject, DependencyObject)

設定されたばかりの DependencyObjectType データ メンバーに対して、適切なコンテキスト ポインターが確立されていることを確認します。

(継承元 Freezable)
OnFreezablePropertyChanged(DependencyObject, DependencyObject, DependencyProperty)

このメンバーは、Windows Presentation Foundation (WPF) インフラストラクチャをサポートしており、コードから直接使用するためのものではありません。

(継承元 Freezable)
OnPropertyChanged(DependencyPropertyChangedEventArgs)

OnPropertyChanged(DependencyPropertyChangedEventArgs)DependencyObject 実装をオーバーライドして、さらに型 Freezable の変化する依存関係プロパティへの応答として任意の Changed ハンドラーも呼び出します。

(継承元 Freezable)
ReadLocalValue(DependencyProperty)

ローカルの依存関係プロパティの値を返します (存在する場合)。

(継承元 DependencyObject)
ReadPreamble()

Freezable が有効なスレッドからアクセスされていることを確認します。 Freezable の継承側は、依存関係プロパティでないデータ メンバーを読み取る任意の API の開始時に、このメソッドを呼び出す必要があります。

(継承元 Freezable)
SetCurrentValue(DependencyProperty, Object)

依存関係プロパティ値のソースを変更せずにその値を設定します。

(継承元 DependencyObject)
SetValue(DependencyProperty, Object)

依存関係プロパティ識別子を指定して、該当する依存関係プロパティのローカル値を設定します。

(継承元 DependencyObject)
SetValue(DependencyPropertyKey, Object)

依存関係プロパティの DependencyPropertyKey 識別子で指定した読み取り専用の依存関係プロパティのローカル値を設定します。

(継承元 DependencyObject)
ShouldSerializeProperty(DependencyProperty)

シリアル化プロセスが、指定された依存関係プロパティの値をシリアル化する必要があるかどうかを示す値を返します。

(継承元 DependencyObject)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)
VerifyAccess()

呼び出し元のスレッドがこの DispatcherObject にアクセスできるように強制します。

(継承元 DispatcherObject)
WritePostscript()

FreezableChanged イベントを発生させ、その OnChanged() メソッドを呼び出します。 Freezable から派生するクラスは、依存関係プロパティとして格納されていないクラス メンバーを変更するすべての API の終了時に、このメソッドを呼び出す必要があります。

(継承元 Freezable)
WritePreamble()

Freezable が固定されておらず、有効なスレッド コンテキストからアクセスされていることを確認します。 Freezable の継承側は、依存関係プロパティでないデータ メンバーに書き込む任意の API の開始時に、このメソッドを呼び出す必要があります。

(継承元 Freezable)

イベント

Changed

Freezable、またはこれに含まれているオブジェクトが変更されると発生します。

(継承元 Freezable)

適用対象

こちらもご覧ください