Microsoft Graph の主要なサービスおよび機能

Microsoft Graph では、REST API とクライアント ライブラリを使用して、非常に優れた Microsoft 365、Windows、Microsoft 365 の Enterprise Mobility + Security のサービスを統合することができます。 さらに、ユーザーの生産性、創造性、チーム共同作業の促進と、ビジネス リソースおよびユーザー データの保護が行えるセキュリティおよびインテリジェンスが提供されます。

ユーザーとグループ

Microsoft Graph の中心となるのは、ユーザーおよびグループの概念です。

Microsoft Graph のユーザーは、Microsoft 365 クラウド サービスを使用する何百万人のうちの 1 人です。 これは、ID が保護され、アクセスが的確に管理されるフォーカル ポイントです。 ユーザーのデータは、ビジネスを推進する力となるものです。 Microsoft Graph サービスによりそのデータが、豊富なコンテキスト、リアルタイムの更新、および深い洞察において企業から利用可能になり、しかも常に適切な許可によってのみ利用可能になります。

Microsoft 365 の グループ は、ユーザーが共同作業を実行するための基本的なエンティティです。 これは、他のサービスと統合して、タスク計画、共同作業、教育などにおいて豊富なシナリオが可能になります。

機能 サポートするサービス 説明 詳細情報
ユーザー Azure AD および生産性向上、コラボレーション、インテリジェンス、および教育機関向けの多くのサービス ユーザーは、Microsoft Graph の中心となるものであり、多くの Microsoft Graph サービスは、ユーザー中心の機能を構築します。 Microsoft Graph でのユーザーの概要
グループ Azure AD、OneDrive、OneNote、Outlook、Planner Microsoft 365 グループは、ユーザーが会話、ファイル、メモ、予定表、プランなどを共有するための基本コラボレーション単位を提供します。 Microsoft Graph での Microsoft 365 グループの概要

ユーザーのデータ、Microsoft 365 サービス、およびアプリの接続

中心となるユーザーおよびグループを始めとして、Microsoft Graph は、広範囲に及ぶシナリオをサポートするためのデータを管理、保護、および抽出する Microsoft 365 のサービスと機能のネットワークを形成します。 Microsoft Graph により、当人の承認を尊重しながら、豊富なユーザー データにアクセスすることができます。

Microsoft Graph からユーザーのデータに接続する

サービスと機能

Microsoft Graph の一部のサービスは、そこで初めて登場したサービスであり、その他のサービスはスタンドアロン サービスとして知られており、現在 Microsoft Graph に収束しています。 その API セットは、「Microsoft REST API ガイドライン」で詳細が示されている合理化デザインに従うものであり、Microsoft Graph REST の単一エンドポイントによってアクセス可能になっています。https://graph.microsoft.com この記事の残りの部分では、主要なサービスと機能をカテゴリ別に一覧表示します。

ID およびアクセス管理

機能 サポートするサービス 説明 詳細情報
ID およびアクセス管理 Azure AD ユーザー、グループ、およびアプリケーションなどのディレクトリ リソースを作成したり管理したりします。 リソースおよびデータへのアクセスを管理します。 Azure AD 内のサインインおよびアカウント リスク データへのアクセス権をユーザーに付与します。 Azure AD ID およびアクセス管理の概要

生産性

機能 サポートするサービス 説明 詳細情報
予定表 Outlook ユーザーが、Web、モバイル、およびデスクトップ デバイスの上で予定と会議を設定することができるようにします。 これは、Microsoft 365 の中の Outlook メッセージング通信ハブの一部であり、それにより、ユーザーはメールと連絡先を管理することができます。 Outlook カレンダーの概要
ファイル OneDrive と SharePoint OneDrive および SharePoint でユーザー ファイルを管理および共有します。 OneDrive ファイル ストレージの概要
メール Outlook ユーザーが、ワークフローの中で、Web、モバイル、およびデスクトップ デバイス上で、通信したり、メッセージを整理したり、優先順位を管理したりできるようにします。 これは、Microsoft 365 の中の Outlook 通信ハブの一部であり、それにより、ユーザーは連絡先を管理したり、会議をスケジューリングしたりできます。 Outlook メールの概要
メモ OneNote ユーザーが、アイデアと情報を計画したり整理したりできるようにします。 OneNote ノートの概要
個人用連絡先 Outlook Web、モバイル、およびデスクトップ デバイス上での連絡先マネージャー。 これは、Microsoft 365 の中の Outlook メッセージング通信ハブの一部であり、それにより、ユーザーはメールを管理したり、会議をスケジューリングしたりすることができます。 Outlook 個人用連絡先の概要
ブックとグラフ Excel ユーザーが Excel のスプレッドシートを使用して、複雑な計算を実行したり、データを追跡、分析、および視覚化したり、本格的なレポートを生成したりできるようにします。 Excel のブックとグラフの概要
To-Do タスク To Do ユーザーは職場や生活全体にわたって個人のタスクを管理できます。また、Outlook、Teams、Planner、Cortana と統合されているため、ユーザーの個人のタスクを Microsoft 365 で一元的に管理することができます。 To Do タスクの概要

コラボレーションと従業員の学習

機能 サポートするサービス 説明 More information
クラウド コミュニケーション Microsoft Teams、Skype アプリやサービスが、さまざまな通信関連機能を介してユーザーとやり取りできるようにします。これには、ボットが通話を処理できるようにする、オンライン会議を基幹業務シナリオに統合する、ユーザーのプレゼンス状態を表示する (プレビュー)、通話やオンライン会議の記録を検索する (プレビュー) ことなどが含まれます。 クラウド コミュニケーションの概要
サイトとリスト SharePoint ユーザーおよび Microsoft 365 グループがコンテンツ (リスト、ファイル、メモを含む) を共有、整理、管理、および検出するための Web ベースのプラットフォーム。 SharePoint のサイトおよびコンテンツの概要
タスクとプラン Planner Microsoft 365 グループ内のユーザーがプランを作成したり、タスクを割り当てたり、進捗状況を追跡したりできるようにします。 Planner のプランとタスクの概要
チームワーク Microsoft Teams チームがファイル、ノート、予定表、およびプランを共有するための、デジタル ハブおよびチャット ベースのワークスペース。 Microsoft Teams のチームワークの概要
従業員の学習 Viva ラーニング 従業員がすでに使用している Microsoft 365 のツールとプラットフォーム内の作業の流れに学習を取り入れることで、学習を 1 日の自然な部分にすることができます。 Microsoft Teams の学習の中心から、さまざまなソースで学習を検出、共有、追跡します。 Teams の共同作業機能を使用して従業員の学習を有効にする

ユーザーと職場のインテリジェンス

機能 サポートするサービス 説明 詳細情報
複数のユーザー Azure AD、Outlook、SharePoint など ユーザーの通信や共同作業のパターン、またビジネスの付き合いによって決まるユーザーとの関連性に応じて連絡先についての情報を取得します。 Microsoft Graph のユーザーと職場のインテリジェンス
プロファイル (プレビュー) プロファイル テナント内の複数のユーザーに関する情報を保存および取得するための軽量なメカニズムを提供します。 Microsoft Graph のユーザーと職場のインテリジェンス
プロファイル カードのカスタマイズ (プレビュー) プロファイル カード 管理者に対して、組織内の Microsoft 365 プロファイル カードに表示されるコンテンツをカスタマイズするための軽量のメカニズムを提供します。 Microsoft Graph のユーザーと職場のインテリジェンス
ドキュメントの分析情報 Delve、OneDrive、Outlook、SharePoint 高度な分析機能と機械学習のテクニックを使用して、よく使用されるドキュメントやユーザーが表示、変更、または共有したドキュメントを取得します。 Microsoft Graph のユーザーと職場のインテリジェンス
分析 (プレビュー) Viva インサイト 高度な分析と機械学習技術を使用して、人々がどのように時間を費やし、誰と過ごすかについての分析情報を提供します。 このデータは、人々が 1 日を計画し、さまざまな仕事のパターンを理解し、仕事と生活のバランスを取るのに役立ちます。 Microsoft Graph のユーザーと職場のインテリジェンス

デバイスおよびアプリの管理

機能 サポートするサービス 説明 詳細情報
クラウド印刷 ユニバーサル印刷 ユニバーサル印刷は Microsoft 365 のクラウドベースの印刷インフラストラクチャで、シンプルでリッチで安全な印刷環境を実現し、IT 管理の労力を軽減します。 ユニバーサル印刷 API を使用したクラウド印刷
デバイスとアプリの企業管理 Intune デバイスを登録および構成し、組織内でモバイル アプリケーション管理します。 Intune のデバイスとアプリの概要
クラウド PC (プレビュー) Windows 365 Windows 365 はクラウドベースのサービスであり、管理者は組織内のユーザー向けに Windows 365 Cloud PC を簡単に設定および管理できます。 個々のエンド ユーザーは、Microsoft クラウドからいつでも、クラウド PC を使用して、豊富でパーソナライズされた Windows エクスペリエンスを任意のデバイスに安全にストリーミングできます。 Microsoft Graph API を使用した Windows 365 クラウド PC の使用
デバイス更新プログラム (プレビュー) Windows Update for Business の展開サービス Windows Update から配信されるコンテンツの承認、スケジューリング、監視、保護を制御できます。 Microsoft Graph の Windows 更新プログラム
マルチ テナント管理 (プレビュー) Microsoft 365 Lighthouse マネージド サービス プロバイダー (MSP) は、コンプライアンスと脅威の検出のために複数の顧客テナントをリモートで管理し、テナント デバイスを正常で安全な状態にするのに役立ちます。 Microsoft 365 Lighthouse を使用したマルチ テナント管理
サービス正常性と通信 Microsoft 365 および Dynamics 365 サービス Microsoft クラウド サービスに関する正常性状態とメッセージ センターの投稿にアクセスします。 サービス通信 API を使用する注目すべき例は、Microsoft 365 管理センターです。 Microsoft Graph でサービスの正常性と通信にアクセスする

セキュリティ

機能 サポートするサービス 説明 詳細情報
セキュリティ統合 Azure AD Identity Protection、Azure Information Protection、Azure Security Center、Microsoft Defender for Cloud Apps、Windows Defender Advanced Threat Protection、その他 Microsoft およびエコシステムのパートナーを通じて、セキュリティの分析情報やアクションに対する統一ゲートウェイを提供します。 Microsoft Graph のセキュリティ
電子情報開示 Microsoft Purview 電子情報開示 (プレミアム) 法的なケースで証拠として使用できる電子情報を識別して配信するプロセスで使用される電子情報開示機能へのアクセスを提供します。 Microsoft Graph のセキュリティ

クロスデバイス エクスペリエンス

機能 サポートするサービス 説明 詳細情報
クロスデバイス エクスペリエンス アクティビティ フィード、デバイスの中継 単一デバイスを超えて、種類やプラットフォームに関係なくデバイスからデバイスへユーザーと共に移行できるアプリ エクスペリエンスを可能にします。 クロスデバイス エクスペリエンスの概要

ユーザー通知 (非推奨)

重要

Microsoft Graph 通知 API は非推奨になり、2022 年 1 月にデータの返送を停止しています。 別の通知エクスペリエンスについては、Microsoft Azure Notification Hubs を参照してください。 詳細については、このブログ投稿を参照してください。

機能 サポートするサービス 説明 詳細情報
ユーザー通知 ユーザー通知 アプリ エクスペリエンスを有効にし、ユーザーベースのファンアウト、ユニバーサル無視、通知履歴へのアクセスを含む、ユーザー中心でクロス プラットフォームの通知エクスペリエンスを構築します。 Microsoft Graph の通知を使用したユーザー中心の通知 エクスペリエンスの有効化

利用状況レポート

機能 サポートするサービス 説明 詳細情報
レポート Microsoft Teams、OneDrive、Outlook、SharePoint、Skype for Business、Yammer サポート サービスのアクティビティおよび使用状況の情報を取得します。 使用状況レポートの概要

教育

機能 サポートするサービス 説明 詳細情報
教育 Azure AD、教育 学校、クラス、学生、教師、および割り当て情報など、教育機関向けシナリオに関連する情報を提供します。 ISV が、教師の作業時間を短縮し、チームワークとコラボレーションを促進する教室用のアプリケーションをビルドできるようにします。 教育機関向けの概要

ビジネス アプリケーション

機能 サポートするサービス 説明 詳細情報
顧客の予約 (プレビュー) Microsoft Bookings 組織を対象として、そのユーザーや顧客が Web または Facebook 上で直接サービスを予約できるようにします。 業務担当者が、顧客の好み、サービスと価格、スタッフのリストとスケジュール、その他の一般的なビジネス情報を管理できるようにします。 Microsoft Bookings API の概要
Financials (プレビュー) Dynamics 365 Business Central 財務データの管理、サプライ チェーンの自動化とセキュリティ保護、販売管理と顧客サービスの改善、プロジェクト管理、オールインワンのビジネス管理ソリューションによる運用を最適化できるようにします。 Business Central API の概要

次の手順

  • 目次の「詳細情報」を見て、さまざまなシナリオで使用できるサービスや機能についての詳細情報を参照します。
  • Graph エクスプローラーでサンプルの要求を試します。
  • このクイック スタートを使用して、すぐに実行できるサンプル アプリをセットアップします。