次の方法で共有


プロビジョニング パッケージを使った HoloLens の構成

Windows プロビジョニングによって、IT 管理者はイメージングすることなく簡単にエンド ユーザー デバイスを設定できます。 Windows 構成デザイナーは、イメージと実行時設定を構成するためのツールです。その後、これらのイメージや設定はプロビジョニング パッケージに組み込まれます。

プロビジョニング パッケージで適用できる HoloLens 構成には、次のようなものがあります。

  • HoloLens (第 1 世代) を Windows Holographic for Business にアップグレードする
  • ローカル アカウントをセットアップする
  • Wi-Fi 接続をセットアップする
  • 証明書をデバイスに適用する
  • 開発者モードを有効にする
  • 詳細な手順に従ってキオスク モードを構成する。

プロビジョニング パッケージの HoloLens ウィザード

HoloLens ウィザードを使用すると、プロビジョニング パッケージで次の設定を構成できます。

  • HoloLens (第 1 世代) を Windows Holographic からエンタープライズ エディションである Windows Holographic for Business にアップグレードする

    Note

    これらの設定は、プロビジョニング パッケージに Windows Holographic for Business へのエディション アップグレード ライセンスが含まれている場合、またはデバイスが既に Windows Holographic for Business にアップグレードされている場合にのみ、HoloLens (第 1 世代) に適用されます。

  • HoloLens の最初のエクスペリエンス (OOBE) を構成する

  • Wi-Fi ネットワークを構成する

  • Microsoft Entra ID にデバイスを登録するか、ローカル アカウントを作成します

  • 証明書の追加

  • 開発者モードを有効にする

  • 詳細な手順に従ってキオスク モードを構成する。

警告

いずれかのウィザードを使用してMicrosoft Entra登録を構成するには、Windows 10で Windows 構成Designerを実行する必要があります。

プロビジョニング パッケージには、管理上の指示とポリシー、カスタムのネットワーク接続とポリシーなどを含めることができます。

ヒント

デスクトップ ウィザードを使用して、共通設定を含むパッケージを作成し、詳細エディターに切り替えて、他の設定、アプリ、およびポリシーを追加します。

Windows Configuration Manager のダウンロード

Microsoft Store から Windows Configuration Manager をダウンロードします。 これには HoloLens 2 機能が含まれています。

オフライン PC を使用することがわかっている場合は、まず、Windows 10 用の Windows アセスメント & デプロイメント キット (ADK) をダウンロードしてインストールし、次に、[インストールする機能を選択してください] ダイアログ ボックスで [構成デザイナー] を選択します。 ADK にはHoloLens 2機能が含まれていないため、Advanced Recovery Companion のオフライン アプリのインストール手順に従って、[Windows 構成をDesignerにする] を選択します。

プロビジョニング パッケージを作成する

  1. Windows 構成デザイナーを開きます (既定では %windir%\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\Imaging and Configuration Designer\x86\ICD.exe)。

    プロジェクトの詳細を入力する。

  2. [ HoloLens デバイスのプロビジョニング] を選択し、HoloLens デバイスを選択して、[ 次へ] を選択します。

  3. プロジェクトに名前を付け、[完了] を選択します。

    ICD の起動オプション。

  4. [はじめに] ページの説明を読み、[次へ] を選択します。 デスクトップのプロビジョニングのページで、次の手順を実行します。

    はじめに。

重要

プロビジョニング パッケージを作成する場合、プロジェクト ファイルとプロビジョニング パッケージ (.ppkg) ファイルに機密情報を含めることができます。 .ppkg ファイルは暗号化するかどうかを選べますが、プロジェクト ファイルは暗号化されません。 プロジェクト ファイルは、安全な場所に保存し、不要になったときに削除する必要があります。

設定の構成

1. デバイスのセットアップ

エンタープライズ ライセンス ファイルを選択し OOBE を構成する

HoloLens のエディションをアップグレードするためのエンタープライズ ライセンスファイルを参照して選択します。 [はい] または [いいえ] を切り替えて、最初のエクスペリエンスの一部を非表示にすることもできます。

Wi-Fi ネットワークに接続せずにデバイスをセットアップするには、[Wi-Fi セットアップをスキップする][オン] に切り替え、デバイスを使用する地域とタイムゾーンを選択します。

2. ネットワークのセットアップ

ネットワーク SSID と種類の入力

このセクションでは、デバイスが自動的に接続する Wi-Fi ワイヤレス ネットワークの詳細を入力できます。 そのためには、[オン] を選択し、SSID、ネットワークの種類 ([オープン] または [WPA2-パーソナル])、ワイヤレス ネットワークのパスワード ([WPA2-パーソナル] を選択した場合) を入力します。

3. アカウントの追加

Microsoft Entra ID に参加するか、ローカル アカウントを作成する

デバイスをMicrosoft Entraに参加させたり、デバイスにローカル アカウントを作成したりできます。 Windows 構成Designer ウィザードを使用して一括Microsoft Entra登録を構成する前に、organizationで参加Microsoft Entra設定します

Microsoft Entra テナントのユーザーごとのデバイスの最大数は、ウィザードで取得した一括トークンを使用できる回数を決定します。 デバイスをMicrosoft Entraに参加させるには、そのオプションを選択し、ウィザードを使用して取得する一括トークンのフレンドリ名を入力します。 トークンの有効期限を設定します (最大、トークンの取得日から 30 日間)。 [一括トークンの取得] を選択します。 [サインインしましょう] ウィンドウで、デバイスをMicrosoft Entraに参加させるアクセス許可を持つアカウントを入力し、パスワードを入力します。 [承諾] を選択して、Windows 構成デザイナーに必要なアクセス許可を付与します。

ローカル アカウントを作成するには、そのオプションを選択して、ユーザー名とパスワードを入力します。

4. 証明書の追加

証明書を追加する

証明書を使用してデバイスをプロビジョニングするには、[証明書の追加] を選択 します。 証明書の名前を入力し、使用する証明書を表示して選択します。

5. 開発者向けセットアップ

開発者向けセットアップ

[はい] または [いいえ] を切り替えて、HoloLens で開発者モードを有効にします。 開発者モードの詳細をご覧ください。 開発者モードは大規模な展開には推奨されませんが、開発者モードを有効にすると、デバイス ポータルのログイン資格情報を設定することもできます。

6. 完了

詳細を完了する

プロビジョニング パッケージを保護するためのパスワードを設定しないでください。 プロビジョニング パッケージがパスワードで保護されている場合、HoloLens デバイスのプロビジョニングは失敗します。

完了したら、 [作成] を選択します。 これは数秒で終わります。 パッケージがビルドされると、ページの下部に、パッケージの格納場所がハイパーリンクで表示されます。

高度なプロビジョニングを使用して HoloLens のプロビジョニング パッケージを作成する

Note

高度なプロビジョニングで作成したプロビジョニング パッケージを HoloLens (第 1 世代) に正常に適用するには、Windows Holographic for Business へのエディション アップグレード ライセンスを含める必要はありません。 HoloLens (第 1 世代) 用の Windows Holographic for Business の詳細を参照してください

  1. Windows 構成デザイナースタート ページで、[プロビジョニングの詳細設定] を選択します。

  2. [プロジェクトの詳細の入力] ウィンドウで、プロジェクトの名前とプロジェクトの場所を指定します。 必要に応じて、プロジェクトの簡単な説明を入力します。

  3. [次へ] を選択します。

  4. [表示および構成する設定の選択] ウィンドウで、[Windows 10 Holographic] を選び、[次へ] を選択します。

  5. [完了] を選択します。

  6. [実行時の設定] を展開し、この記事で後述する設定のいずれかを使用してパッケージをカスタマイズします。

    重要

    (Windows 10 バージョン 1607 の場合のみ) プロビジョニング パッケージにローカル アカウントを作成する場合、42 日ごとに設定アプリを使ってパスワードを変更する必要があります。 その期間内にパスワードを変更しない場合、アカウントがロックされてサインインできなくなる可能性があります。 ユーザー アカウントがロックされた場合、デバイスのフル回復を実行する必要があります。

  7. [ファイル]>[保存] を選びます。

  8. プロジェクト ファイルに機密情報が含まれている可能性があることを示す警告を確認し、[OK] を選択します。

    重要

    プロビジョニング パッケージを作成する場合、プロジェクト ファイルとプロビジョニング パッケージ (.ppkg) ファイルに機密情報を含めることができます。 .ppkg ファイルは暗号化するかどうかを選べますが、プロジェクト ファイルは暗号化されません。 プロジェクト ファイルは、安全な場所に保存し、不要になったときに削除する必要があります。

  9. [エクスポート]>[プロビジョニング パッケージ] の順に選択します。

  10. [所有者][IT 管理者] に変更します。これにより、このプロビジョニング パッケージの優先順位が、他のソースからこのデバイスに適用されるプロビジョニング パッケージよりも高くなります。 [次へ] を選択します。

  11. [パッケージのバージョン]の値を設定します。

    ヒント

    既存のパッケージに変更を加えてバージョン番号を変更することで、以前に適用されたパッケージを更新することができます。

  12. [プロビジョニング パッケージのセキュリティ情報の選択] で、[次へ] を選択します。

    警告

    プロビジョニング パッケージを暗号化すると、HoloLens デバイスのプロビジョニングは失敗します。

  13. [次へ] を選択し、ビルドしたプロビジョニング パッケージの出力先を指定します。 既定では、Windows 構成デザイナーはプロジェクト フォルダーを出力先として使います。

    必要に応じて、[参照] を選択して既定の出力先を変更できます。

  14. [次へ] を選択します。

  15. パッケージのビルドを開始するには、[ビルド] を選択します。 ビルド ページにプロジェクト情報が表示され、進行状況バーでビルドの状態が示されます。

  16. ビルドが完了したら、[完了] を選択します。

セットアップ中にプロビジョニング パッケージを HoloLens に適用する

Windows Holographic バージョン 2004 またはビルド 19041.1103 以降の HoloLens 2 デバイスでは、USB ドライブを使用してプロビジョニング パッケージを適用できます。 .ppkg ファイルを USB ドライブのルートにコピーします。 プロビジョニング パッケージは、USB ドライブのルートにある場合にのみ適用されます。 複数のプロビジョニング パッケージが存在する場合は、順番に適用されます。

Windows Holographic バージョン 20H2 以降の HoloLens 2 デバイスには、このプロセスを効率化および簡素化して自動化するためのより新しい機能があります。 次のセクションを確認してください。

  1. USB ケーブルを使用してデバイスを PC に接続し (または前述の HoloLens 2 の場合は USB ドライブ)、デバイスを起動します。 OOBE の [最初の対話可能な瞬間] ページより先には進まないでください。

    • HoloLens (第 1 世代) では、このページには青いボックスが表示されます。
    • HoloLens 2 では、このページには、ハチドリが表示されます。
  2. [音量を下げる] ボタンと電源ボタンを同時に短く押して離します。

  3. HoloLens が PC のエクスプローラーにデバイスとして表示されます。

  4. エクスプローラーで、プロビジョニング パッケージ (.ppkg) をデバイス ストレージに ドラッグ アンド ドロップします。

  5. OOBE の [最初の対話可能な瞬間] ページが表示されている間に、もう一度音量減ボタンと電源ボタンを同時に短く押して離します。

  6. パッケージを信頼して適用するかどうかを確認するメッセージがデバイスに表示されます。 パッケージが信頼できることを確認します。

  7. パッケージが正常に適用されたかどうかが表示されます。 失敗した場合、パッケージを修正してもう一度試します。 成功した場合は OOBE を続けます。

Note

2016 年 8 月より前に購入したデバイスの場合、プロビジョニング パッケージを適用するには、Microsoft アカウントを使ってデバイスにサインインして最新のオペレーティング システム更新プログラムを入手し、オペレーティング システムをリセットする必要があります。

USB からのプロビジョニングの自動起動

プロビジョニング パッケージが含まれた USB ドライブが OOBE 中に使用される場合に、これらの自動化されたプロセスにより、ユーザーの操作を少なくすることができます。

このリリースより前は、ユーザーは OOBE 中にプロビジョニング画面を手動で起動して、ボタンの組み合わせを使用してプロビジョニングする必要がありました。 現在は USB ストレージ ドライブのプロビジョニング パッケージを使用して、ボタンの組み合わせをスキップできるようになりました。

  1. OOBE の最初の難解な瞬間に、プロビジョニング パッケージで USB ドライブを接続します。
  2. デバイスをプロビジョニングする準備ができたら、プロビジョニング ページでプロンプトが自動的に開きます。

Note

デバイスの起動中に USB ドライブが接続されたままになっていると、OOBE で既存の USB 記憶装置が列挙され、接続される追加のデバイスが監視されます。

OOBE 中にプロビジョニング パッケージを適用する方法についてお読みください。

OOBE でのプロビジョニング パッケージの自動確認

これらの自動化されたプロセスにより、ユーザーの操作を減らすことができます。 [プロビジョニング パッケージ] ページが表示されると、一覧表示されているすべてのパッケージが自動的に適用されます。

プロビジョニングのメイン画面が表示されると、OOBE では、10 秒のカウント ダウン後に、すべてのプロビジョニング パッケージの適用が自動的に開始されます。 ユーザーは、期待したパッケージを確認した後、10 秒以内に確認または取り消すことができます。

UI を使用しない自動プロビジョニング

これらの組み合わされた自動プロセスにより、プロビジョニングのためのデバイスの対話式操作を減らすことができます。

USB デバイスからのプロビジョニングの自動起動とプロビジョニング パッケージの自動確認を組み合わせることで、ユーザーは、デバイスの UI を使用したり、デバイスを装着したりすることなく、HoloLens 2 デバイスを自動的にプロビジョニングできます。 複数のデバイスに同じ USB ドライブとプロビジョニング パッケージを使用し続けることができます。 これは、複数のデバイスを同じ領域に一度に展開する場合に便利です。

  1. Windows 構成デザイナーを使用してプロビジョニング パッケージを作成します
  2. パッケージを USB ストレージ ドライブにコピーします。
  3. お使いの HoloLens 2 を 19041.1361 以降のビルドフラッシュします
  4. Advanced Recovery Companion でデバイスのフラッシュが完了したら、USB-C ケーブルを取り外します。
  5. USB ドライブをデバイスに差し込みます。
  6. HoloLens 2 デバイスが OOBE で起動すると、USB ドライブ上のプロビジョニング パッケージが自動的に検出され、プロビジョニング ページが起動します。
  7. 10 秒後に、デバイスでプロビジョニング パッケージが自動的に適用されます。

これでデバイスが構成され、"プロビジョニングに成功しました" という画面が表示されます。

セットアップ後に HoloLens に対してプロビジョニング パッケージを適用/削除する

Note

これらの手順は、すべての HoloLens 2 デバイスと Windows Holographic バージョン 1809 以上の HoloLens (第 1 世代) デバイスに適用されます。

PC で、次の手順を実行します。

  1. HoloLens ウィザードを使用した HoloLens 用プロビジョニング パッケージの作成に関するページの説明に従って、プロビジョニング パッケージを作成します。
  2. USB ケーブルを使用して、HoloLens デバイスを PC に接続します。 HoloLens が PC のエクスプローラーにデバイスとして表示されます。
  3. プロビジョニング パッケージを HoloLens の [ドキュメント] フォルダーに ドラッグ アンド ドロップします。

HoloLens で、次の手順を実行します。

  1. [設定]>[アカウント]>[職場または学校にアクセスする] の順に移動します。
  2. [関連設定] で、[プロビジョニング パッケージを追加または削除する] を選択します。
  3. 次のページで [パッケージの追加] を選択してファイル ピッカーを起動し、プロビジョニング パッケージを選択します。 フォルダーが空の場合は、必ず [このデバイス] を選択し、[ドキュメント] を選択します。

パッケージが適用されると、インストール済みパッケージの一覧に表示されます。 パッケージの詳細を表示したり、パッケージをデバイスから削除したりするには、一覧に表示されているパッケージを選択します。

構成内容

プロビジョニング パッケージは、構成サービス プロバイダー (CSP) を利用します。 CSP について詳しくない場合は、「構成サービス プロバイダー (CSP) の概要 (IT 担当者向け)」をご覧ください。

Windows 構成デザイナーで、Windows Holographic 向けプロビジョニング パッケージを作成する場合、[利用可能なカスタマイズ] の設定は Windows Holographic でサポートされている CSP によって異なります。 次の表では、HoloLens 用に構成できる設定について説明します。

HoloLens 用の一般的な実行時設定。

設定 説明
証明書 証明書を HoloLens に展開します。
ConnectivityProfiles Wi-Fi プロファイルを HoloLens に展開します。
EditionUpgrade Windows Holographic for Business にアップグレードします。
ポリシー HoloLens で開発者モードを許可または禁止します。 Windows Holographic for Business でサポートされているポリシー

プロビジョニング パッケージによるアプリのインストール

プロビジョニング パッケージを使用して HoloLens 2 デバイスにアプリをインストールできます。 これにより、簡単に再利用できるパッケージを使用して、アプリを配布できます。 プロビジョニング パッケージを使用してアプリを展開する詳細な手順についてお読みください。

Note

HoloLens (第 1 世代) では、プロビジョニング パッケージを使用したアプリのインストール (UniversalAppInstall) のサポートが制限されています。 HoloLens (第 1 世代) デバイスでは、OOBE 中のみ、およびユーザー コンテキストのインストールでのみ、PPKG 経由のアプリのインストールがサポートされています。