Office スクリプトの設定を管理する

Office スクリプトを 使用すると、ユーザーは Excel でスクリプトを記録、編集、実行することでタスクを自動化できます。 Office スクリプトは Power Automate と連携し、ユーザーは Excel Online (Business) コネクタを使用してブックでスクリプトを実行します。 Microsoft 365 管理者は、Microsoft 365 管理センターから Office スクリプトの設定を管理できます。

注:

Office スクリプトの設定を管理するには、グローバル管理者である必要があります。詳細については、「 管理者ロールについて」を参照してください。

Office スクリプトの可用性とスクリプトの共有を管理する

  1. Microsoft 365 管理センターで、[設定>] [組織の設定>] [サービス] タブに移動します。

  2. [ Office スクリプト] を選択します

  3. Office スクリプトは既定で有効になっています。organizationのすべてのユーザーが、この機能にアクセスして使用し、スクリプトを共有できます。 organizationの Office スクリプトをオフにするには、[ユーザーが Excel でタスクを自動化できるようにする] チェック ボックスをオフにします。

  4. 以前にorganizationの Office スクリプトをオフにし、再度有効にする場合は、[ユーザーが Excel でタスクを自動化できるようにする] を選択し、その機能にアクセスして使用できるユーザーを指定します。

    • organizationのすべてのユーザーが Office スクリプトにアクセスして使用できるようにするには、[すべてのユーザー] (既定値) を選択したままにします。

    • 特定のグループのメンバーのみが Office スクリプトにアクセスして使用できるようにするには、[ 特定のグループ] を選択し、グループの名前またはメール エイリアスを入力して許可リストに追加します。 許可リストに追加できるグループは 1 つだけであり、次のいずれかの種類である必要があります。

      • Microsoft 365 グループ
      • 配布グループ
      • セキュリティ グループ
      • メールが有効なセキュリティ グループ

      さまざまな種類のグループの詳細については、「グループの 比較」を参照してください。

  5. Office スクリプトへのアクセス権を持つユーザーがorganization内の他のユーザーとスクリプトを共有できるようにするには、[Office スクリプトへのアクセス権を持つユーザーがorganization内の他のユーザーとスクリプトを共有できるようにする] を選択します。 organizationの外部でのスクリプトの共有は許可されません。

    注:

    後でorganizationのスクリプト共有をオフにした場合でも、ユーザーは以前に共有したスクリプトを実行できます。

  6. Office スクリプトにアクセスできるユーザーがスクリプトを共有できるようにするユーザーを指定します。

    • Office スクリプトへのアクセス権を持つすべてのユーザーがスクリプトを共有できるようにするには、[ すべてのユーザー ] (既定値) を選択したままにします。

    • Office スクリプトへのアクセス権を持つ特定のグループのメンバーのみがスクリプトを共有できるようにするには、[特定の グループ] を選択し、グループの名前またはメール エイリアスを入力して許可リストに追加します。 許可リストに追加できるグループは 1 つだけであり、次のいずれかの種類である必要があります。

      • Microsoft 365 グループ
      • 配布グループ
      • セキュリティ グループ
      • メールが有効なセキュリティ グループ

      さまざまな種類のグループの詳細については、「グループの 比較」を参照してください。

  7. ユーザーが Power Automate フロー内で Office スクリプトを実行できるようにするには、[Office スクリプトにアクセスできるユーザーが Power Automate でスクリプトを実行できるようにする] を選択します。 これにより、ユーザーは Excel Online (Business) コネクタ[スクリプトの実行] オプションを使用してフロー ステップを追加できます。

    • Office スクリプトへのアクセス権を持つすべてのユーザーがフローでスクリプトを使用できるようにするには、[ すべてのユーザー ] (既定値) を選択したままにします。

    • Office スクリプトへのアクセス権を持つ特定のグループのメンバーのみがフローでスクリプトを使用できるようにするには、[特定の グループ] を選択し、グループの名前またはメール エイリアスを入力して許可リストに追加します。 許可リストに追加できるグループは 1 つだけであり、次のいずれかの種類である必要があります。

      • Microsoft 365 グループ
      • 配布グループ
      • セキュリティ グループ
      • メールが有効なセキュリティ グループ

      さまざまな種類のグループの詳細については、「グループの 比較」を参照してください。

    • Power Automate での Office スクリプトの使用の詳細については、「Power Automate で Office スクリプトを実行する」を参照してください。

  8. [保存] を選択します。

    Office スクリプトの設定の変更が有効になるまで、最大で 48 時間かかる場合があります。

グループ ポリシーを使用して Excel デスクトップでの Office スクリプトの可用性を管理する

グループ ポリシーには、Office スクリプト ([自動化] タブの関連コマンドを含む) を使用できるかどうかを制御する設定があります。

このポリシー設定を有効にすると、デスクトップにインストールされている Excel アプリで Office スクリプトを使用できなくなります。 Office スクリプトの設定は、グループ ポリシー管理コンソールの [ユーザー構成]、[管理用テンプレート]\[Microsoft Excel 2016\その他] の下にあります。

このポリシー設定を適用した後も、ユーザーには [ 自動化 ] タブが表示されますが、[ Office スクリプト ] オプションと [自動化 ] オプションは灰色で表示されます。[ 操作の記録] ボタンを選択できますが、その場合は、次のメッセージが表示されます。"Office スクリプトにアクセスできません。 organizationの管理者がこの機能をオフにしているか、要件を満たしていない可能性があります。

詳細については、「グループ ポリシーを使用してMicrosoft 365 Appsの更新設定を構成する」を参照してください。

次の手順

Office スクリプトは Power Automate と連携するため、既存のMicrosoft Purview データ損失防止 (DLP) ポリシーを確認して、ユーザーが Office スクリプトを使用している間もorganizationのデータが保護されたままであることを確認することをお勧めします。 詳細については、「データ損失防止 (DLP) ポリシー」を参照してください。

Office スクリプトの技術ドキュメント (リンク ページ)
Excel での Office スクリプトの概要 (記事)
Excel での Office スクリプトの共有 (記事)
Excel で Office スクリプトを記録、編集、作成する (記事)