テープ ドライブの論理バックアップ デバイスの定義 (SQL Server)

適用対象:SQL Server (サポートされているすべてのバージョン)

このトピックでは、SQL Server Management Studioまたは Transact-SQL を使用して、SQL Serverのテープ ドライブの論理バックアップ デバイスを定義する方法について説明します。 論理バックアップ デバイスとは、特定の物理バックアップ デバイス (ディスク ファイルまたはテープ ドライブ) を示すユーザー定義名です。 物理デバイスは、後で、つまりバックアップがバックアップ デバイスに書き込まれたときに初期化されます。

注意

テープ バックアップ デバイスは、将来のバージョンの SQL Server でサポートされなくなる予定です。 新規の開発作業ではこの機能を使用しないようにし、現在この機能を使用しているアプリケーションは修正することを検討してください。

このトピックの内容

はじめに

制限事項と制約事項

  • テープ ドライブまたはドライブは、Microsoft Windows オペレーティング システムによってサポートされている必要があります。

  • テープ デバイスは、 SQL Serverのインスタンスが動作しているコンピューターに物理的に接続する必要があります。 リモートのテープ デバイスへのバックアップはサポートされません。

セキュリティ

アクセス許可

diskadmin 固定サーバー ロールのメンバーシップが必要です。

ディスクに対する書き込み権限が必要です。

SQL Server Management Studio を使用する

テープ ドライブの論理バックアップ デバイスを定義するには

  1. オブジェクト エクスプローラーで適切な Microsoft SQL Server データベース エンジンのインスタンスに接続した後、サーバー名をクリックしてサーバー ツリーを展開します。

  2. [サーバー オブジェクト] を展開し、 [バックアップ デバイス] を右クリックします。

  3. [新しいバックアップ デバイス] をクリックし、 [バックアップ デバイス] ダイアログ ボックスを開きます。

  4. デバイス名を入力します。

  5. バックアップ先として [テープ] をクリックし、まだ別のバックアップ デバイスに関連付けられていないテープ ドライブを選択します。 使用できるテープ ドライブがない場合、 [テープ] オプションはアクティブになりません。

  6. 新しいデバイスを定義するには、 [OK] をクリックします。

この新しいデバイスにバックアップするには、このデバイスを [データベースのバックアップ] ダイアログ ボックス ( [全般] ) の [バックアップ先] フィールドに追加します。 詳細については、「 データベースの完全バックアップの作成 (SQL Server)」を参照してください。

Transact-SQL の使用

テープ ドライブの論理バックアップ デバイスを定義するには

  1. データベース エンジンに接続します。

  2. [標準] ツール バーの [新しいクエリ] をクリックします。

  3. 次の例をコピーしてクエリ ウィンドウに貼り付け、 [実行] をクリックします。 この例では、 sp_addumpdevice を使用して、テープの論理バックアップ デバイスを定義します。 この例では、 tapedump1というテープ バックアップ デバイスを物理名 \\.\tape0で追加します。

USE AdventureWorks2012 ;  
GO  
EXEC sp_addumpdevice 'tape', 'tapedump1', '\\.\tape0' ;  
GO  

参照

BACKUP (Transact-SQL)
sys.backup_devices (Transact-SQL)
sp_addumpdevice (Transact-SQL)
sp_dropdevice (Transact-SQL)
バックアップ デバイス (SQL Server)
ディスク ファイルの論理バックアップ デバイスの定義 (SQL Server)
論理バックアップ デバイスのプロパティと内容の表示 (SQL Server)