@@ERROR (Transact-SQL)

適用対象: SQL Server (サポートされているすべてのバージョン) Azure SQL Database Azure SQL Managed Instance Azure Synapse Analytics Analytics Platform System (PDW)

最後に実行した Transact-SQL ステートメントのエラー番号を返します。

Topic link iconTransact-SQL 構文表記規則

構文

@@ERROR  

Note

SQL Server 2014 以前の Transact-SQL 構文を確認するには、以前のバージョンのドキュメントを参照してください。

戻り値の型

integer

解説

直前の Transact-SQL ステートメントでエラーが発生しなかった場合は、0 が返されます。

直前のステートメントでエラーが発生した場合は、エラー番号が返されます。 エラーが sys.messages カタログ ビューのエラーであった場合、そのエラーに対応する sys.messages.message_id 列の値が @@ERROR に含まれます。 @@ERROR エラー番号に関連付けられているテキストは、sys.messages で表示できます。

各ステートメントの実行時に @@ERROR はクリアおよびリセットされるので、ステートメントの検証を行った直後にこの変数の値を調べるか、または後で調べることができるようローカル変数に保存してください。

TRY...CATCH 構造を使用してエラーを処理します。 TRY...CATCH 構造では、その他のシステム関数 (ERROR_LINE、ERROR_MESSAGE、ERROR_PROCEDURE、ERROR_SEVERITY、ERROR_STATE) もサポートされます。これらの関数では、@ERROR よりも多くのエラー情報が返されます。 また、ERROR_NUMBER 関数もサポートされます。この関数では、エラーが発生したステートメントの直後のステートメントでエラー番号を返すなどの操作を行えます。 詳細については、「TRY...CATCH (Transact-SQL)」を参照してください。

A. @@ERROR を使用して特定のエラーを検出する

次の例では、@@ERROR を使用して、UPDATE ステートメントに CHECK 制約の違反 (エラー #547) がないかどうかを調べます。

USE AdventureWorks2012;  
GO  
UPDATE HumanResources.EmployeePayHistory  
    SET PayFrequency = 4  
    WHERE BusinessEntityID = 1;  
IF @@ERROR = 547
    BEGIN
    PRINT N'A check constraint violation occurred.';
    END
GO  

B. @@ERROR を使用して条件的にプロシージャを終了する

次の例では、IF...ELSE ステートメントを使用して、ストアド プロシージャ内で DELETE ステートメントの後にある @@ERROR をテストします。 @@ERROR 変数の値は、呼び出し元のプログラムに返されるリターン コードとして採用され、プロシージャ実行の成否を示します。

USE AdventureWorks2012;  
GO  
-- Drop the procedure if it already exists.  
IF OBJECT_ID(N'HumanResources.usp_DeleteCandidate', N'P') IS NOT NULL  
    DROP PROCEDURE HumanResources.usp_DeleteCandidate;  
GO  
-- Create the procedure.  
CREATE PROCEDURE HumanResources.usp_DeleteCandidate   
    (  
    @CandidateID INT  
    )  
AS  
-- Execute the DELETE statement.  
DELETE FROM HumanResources.JobCandidate  
    WHERE JobCandidateID = @CandidateID;  
-- Test the error value.  
IF @@ERROR <> 0   
    BEGIN  
        -- Return 99 to the calling program to indicate failure.  
        PRINT N'An error occurred deleting the candidate information.';  
        RETURN 99;  
    END  
ELSE  
    BEGIN  
        -- Return 0 to the calling program to indicate success.  
        PRINT N'The job candidate has been deleted.';  
        RETURN 0;  
    END;  
GO  

C. @@ERROR と @@ROWCOUNT を使用する

次の例では、@@ERROR@@ROWCOUNT を使用して、UPDATE ステートメントの操作を検証します。 ここでは、@@ERROR の値にエラーがないかどうかを調べ、@@ROWCOUNT を使用して、テーブルの行を正しく更新できたかどうかを確認します。

USE AdventureWorks2012;  
GO  
IF OBJECT_ID(N'Purchasing.usp_ChangePurchaseOrderHeader',N'P')IS NOT NULL  
    DROP PROCEDURE Purchasing.usp_ChangePurchaseOrderHeader;  
GO  
CREATE PROCEDURE Purchasing.usp_ChangePurchaseOrderHeader  
    (  
    @PurchaseOrderID INT  
    ,@BusinessEntityID INT  
   )  
AS  
-- Declare variables used in error checking.  
DECLARE @ErrorVar INT;  
DECLARE @RowCountVar INT;  
  
-- Execute the UPDATE statement.  
UPDATE PurchaseOrderHeader   
    SET BusinessEntityID = @BusinessEntityID   
    WHERE PurchaseOrderID = @PurchaseOrderID;  
  
-- Save the @@ERROR and @@ROWCOUNT values in local   
-- variables before they are cleared.  
SELECT @ErrorVar = @@ERROR  
    ,@RowCountVar = @@ROWCOUNT;  
  
-- Check for errors. If an invalid @BusinessEntityID was specified,  
-- the UPDATE statement returns a foreign key violation error #547.  
IF @ErrorVar <> 0  
    BEGIN  
        IF @ErrorVar = 547  
            BEGIN  
                PRINT N'ERROR: Invalid ID specified for new employee.';  
                 RETURN 1;  
            END  
        ELSE  
            BEGIN  
                PRINT N'ERROR: error '  
                    + RTRIM(CAST(@ErrorVar AS NVARCHAR(10)))  
                    + N' occurred.';  
                RETURN 2;  
            END  
    END  
  
-- Check the row count. @RowCountVar is set to 0   
-- if an invalid @PurchaseOrderID was specified.  
IF @RowCountVar = 0  
    BEGIN  
        PRINT 'Warning: The BusinessEntityID specified is not valid';  
        RETURN 1;  
    END  
ELSE  
    BEGIN  
        PRINT 'Purchase order updated with the new employee';  
        RETURN 0;  
    END;  
GO  

参照

TRY...CATCH (Transact-SQL)
ERROR_LINE (Transact-SQL)
ERROR_MESSAGE (Transact-SQL)
ERROR_NUMBER (Transact-SQL)
ERROR_PROCEDURE (Transact-SQL)
ERROR_SEVERITY (Transact-SQL)
ERROR_STATE (Transact-SQL)
@@ROWCOUNT (Transact-SQL)
sys.messages (Transact-SQL)
エラーおよびイベント リファレンス (データベース エンジン)