Share via


Windows Server 2003 ベースのコンピューターでダイナミック ディスクを使用するためのベスト プラクティス

この記事では、Windows Server 2003 ベースのコンピューターでダイナミック ディスクを使用するためのベスト プラクティスについて説明します。

適用対象: Windows 10 - すべてのエディション、Windows Server 2012 R2
元の KB 番号: 816307

概要

ダイナミック ディスクを使用する場合は、ストライプ ボリュームとスパン ボリュームを使用して、フォールト トレラント ボリューム (ミラーボリュームと RAID-5 セット) ボリュームと大規模なマルチディスク (または論理ユニット番号 [LUN]) ボリュームを作成できます。 これらの機能は、ダイナミック ディスクでのみ使用できます。 ダイナミック ディスクは、ディスクとボリュームの構成情報を格納およびレプリケートする方法で、より堅牢でフォールト トレラントです。 ダイナミック ディスクは、主に常にオンラインにするように設計されています。 このため、リムーバブル メディアでは使用できません。 この記事の推奨事項に従って、データをオンラインでアクセスできるようにします。

詳細

Windows Server 2003 でパーティションを作成した後、データを格納する前に、パーティションのフォーマットとドライブ文字の割り当てを行う必要があります。 Windows Server 2003 では、パーティションに対して基本ディスクとダイナミック ディスクの 2 種類のディスクがサポートされています。 Basic ディスクでは、パーティションは基本ボリュームと呼ばれます。 基本ボリュームには、プライマリ パーティションと論理ドライブが含まれます。 ダイナミック ディスクでは、パーティションは動的ボリュームと呼ばれます。 動的ボリュームには、シンプル、ストライプ、スパン、ミラー化、RAID-5 ボリュームが含まれます。

ボリュームは、ハード ディスク上の記憶域です。 ボリュームは、ファイル割り当てテーブル (FAT) や NTFS ファイル システムなどのファイル システムを使用して書式設定され、ドライブ文字が割り当てられます。 ボリュームの内容を表示するには、Windows エクスプローラーまたはマイ コンピューターでそのアイコンをクリックします。 1 つのハード ディスクに複数のボリュームを含め、ボリュームを複数のディスクにまたがることもできます。

ダイナミック ディスクの使用に関するベスト プラクティスと制限事項

ダイナミック ディスクは、ベーシック ディスクよりも利点があります。 Basic ディスクでは、元の MS-DOS スタイルのマスター ブート レコード (MBR) パーティション テーブルを使用して、プライマリ ディスクと論理ディスクのパーティション情報を格納します。 ダイナミック ディスクでは、ディスクのプライベート リージョンを使用して、論理ディスク マネージャー (LDM) データベースを維持します。 LDM データベースには、ボリュームの種類、オフセット、メンバーシップ、および各ボリュームのドライブ文字が含まれています。 LDM データベースもレプリケートされるため、各ダイナミック ディスクは他のすべてのダイナミック ディスク構成について認識されます。 この機能により、ダイナミック ディスクはベーシック ディスクよりも信頼性が高く、回復可能になります。

ダイナミック ディスクを使用する前に、ダイナミック ディスクの使用に関して推奨される次のベスト プラクティスと制限事項を検討してください。

ダイナミック ディスクとベーシック ディスク

ベーシック ディスクをダイナミック ディスクに変換する前に、ダイナミック ディスクによって提供される機能が必要かどうかを判断します。 スパン ボリューム、ストライプ ボリューム、ミラーボリューム、または RAID-5 セットを必要としない場合は、ベーシック ディスクを使用することをお勧めします。

注:

ハードウェア RAID-5 ディスク LUN のサイズを大きくしたいが、NTFS ファイル システム ボリュームを異なる物理ディスク (または LUN) にまたがる必要がない場合は、引き続きベーシック ディスクを使用します。 新しいストレージ容量を RAID ボリュームに追加した後、DiskPart.exe ユーティリティを使用して NTFS ボリュームを拡張できます。 DiskPart.exe は、スクリプトまたはコマンド プロンプトからの直接入力を使用してオブジェクト (ディスク、パーティション、またはボリューム) を管理するために使用できるテキスト モード のコマンド インタープリターです。 詳細については、「Windows でのデータ ボリュームの拡張」を参照してください。

ストレージ デバイス

ダイナミック ディスクを使用することにし、ローカルに接続されたストレージ (IDE ベースのストレージまたは Small Computer System Interface [SCSI] ベースのストレージ) と記憶域エリア ネットワーク (SAN) 上にあるストレージの両方がある場合は、状況に応じて次の推奨事項を考慮してください。

  • SAN ストレージ ドライブでのみダイナミック ディスクを使用し、ローカルに接続されたストレージをベーシック ディスクとして保持します。

または

  • SAN ストレージ ドライブ上のベーシック ディスクを使用し、ローカルに接続されたストレージをダイナミック ディスクとして構成します。 これらの推奨事項は、LDM がダイナミック ディスクを追跡し、データベースを同期する方法に基づいています。 これらの推奨事項に従うことで、計画外の停止が発生し、ダイナミック ディスクを収容している SAN ストレージへのアクセスが失われると、すべてのダイナミック ディスクが Windows Server 2003 ベースのコンピューターから同時にオフラインになります。 ダイナミック ディスクはローカルに接続されていないため、最終的に SAN ディスクがオンラインに戻ったときに競合する LDM データベース同期の問題はありません。 ローカルに接続されたストレージに動的ディスクが 1 つしかない場合は、LDM データベースが一致しないリスクが発生し、1 つ以上の SAN 接続ダイナミック ディスクをオンラインに戻す際に問題が発生する可能性があります。

環境で、ローカル接続ストレージと SAN 接続ストレージの両方を使用する混合構成にダイナミック ディスクが必要な場合は、すべての接続デバイスで無停電電源装置 (UPS) を使用して、すべてのファイバー ハブ、ルーター、スイッチ、SAN キャビネット、およびサーバーを停電から保護することをお勧めします。

注:

  • 混合ダイナミック ディスク構成では、メンテナンスのために SAN ストレージをオフラインにする必要がある場合は、SAN ストレージ ユニットをオフラインにする前にサーバーをシャットダウンしてから、サーバーをオンラインに戻すときにすべての SAN デバイスが再び使用できることを確認することをお勧めします。
  • Windows では、同時に複数のホストにディスク ボリュームをマウントすることはできません。 この制限は、BASIC ディスクまたはダイナミック ディスク上にあるボリュームに適用されます。 ボリュームの破損は、両方のホストによってボリュームに変更が加えられた場合に発生する可能性があります。 また、Windows では、複数のホスト (ノード) 上のダイナミック ディスクを同時に公開してインポートすることもサポートされていません。 この方法により、データが失われたり、LDM データベースが破損したりする可能性もあります。

サーバー クラスター

ダイナミック ディスクは、Windows クラスタリングで使用するためにサポートされていません。 この制限により、基本的なクラスター共有ディスク (クラスター内のコンピューター間で共有されるディスク) に含まれる NTFS ボリュームを拡張することはできません。

Veritas Volume Manager などのサード パーティ製ソフトウェアを使用して、動的ディスク機能を Microsoft クラスター インフラストラクチャに追加できます。

注:

既定では、Windows 2000 Server と Windows Server 2003 では、Microsoft Cluster Server (MSCS) 環境のダイナミック ディスクはサポートされていません。 Windows 用の Veritas ボリューム マネージャーを使用して、動的ディスク機能を Microsoft サーバー クラスターに追加できます。 Veritas Volume Manager をインストールした後のクラスターの問題に関するカスタマー サービスのサポートについては、Veritas にお問い合わせください。

他社テクニカル サポートのお問い合わせ窓口は、ユーザーの便宜のために提供されているものであり、 将来予告なしに変更されることがあります。 Microsoft は、このサード パーティの連絡先情報の正確性を保証しません。

ダイナミック ディスクの移動

システム間でダイナミック ディスクを移動すると、ダイナミック ディスクを元のホストに戻できないことがあります。 ダイナミック ディスクを移動する必要がある場合は、すべてのダイナミック ディスクをコンピューターから同時に移動し、新しいホストにインポートする前に、それらがすべてオンラインで、対象のコンピューターで実行されていることを確認します。 ホスト システムのプライマリ ディスク グループのディスク グループ名と ID (ダイナミック ディスクが存在する場合) は常に保持されるため、これを行う必要があります。 違いは、ターゲット コンピューターに動的ディスクが少なくとも 1 つ存在するかどうかです。 問題の 1 つのシナリオは、対象のコンピューターにダイナミック ディスクが存在しない場合に発生します (そのため、ディスクが移動されると、コンピューターはソース コンピューターと同じディスク グループ名になります)。その後、ディスクをソース コンピューターに戻します。 再インポートされている外部ディスクのディスク グループ名がローカル コンピューターと同じ場合に問題が発生する可能性があります。

ディスク署名

ディスク管理スナップインを起動すると、システム上のすべてのディスクが列挙され、ディスクが変更されたかどうか、または新しいディスクがシステムに追加されているかどうかを確認できます。 ディスク管理で、不明なディスク、初期化されていないディスク、または MBR にディスク署名がないディスクが検出された場合、ディスク管理はウィザードを開始します。 ウィザードでは、ディスク署名を書き込むディスクを選択するように求められます。 既定では、ディスクは選択されません。 ディスク番号の横にある [チェック] ボックスを選択して、列挙するディスクを選択します。 その後、ダイナミック ディスクにアップグレードするディスクを選択するように求められます。 アップグレードするすべてのディスクにディスク署名が追加され、ダイナミック ディスクにアップグレードされます。

ディスク管理を開始するときに、ダイナミック ディスクの MBR がゼロの場合、ウィザードが起動します。

注:

ハードウェア障害が発生した場合、ディスクの MBR はゼロとして読み取られる可能性があります。

ウィザードでは、ディスクをダイナミック ディスクに変換するように求められます。 ディスクを動的に再変換することを許可した場合、元の LDM データベースは新しく初期化された LDM データベースによって上書きされます。 ディスク管理では、そのディスクは正常と表示されますが、割り当てられていない空き領域のみが表示されます。 変換時にシステムに別の正常なダイナミック ディスクがある場合、その LDM データベースは新しく変換されたダイナミック ディスクにレプリケートされ、元のダイナミック ディスクを表す "不足" ディスクもディスク管理に表示されます。

ダイナミック ディスクが見つからない

ディスク管理に不足しているダイナミック ディスクが表示されている場合は、システムに接続されたダイナミック ディスクが見つからないことを意味します。 システム内のすべてのダイナミック ディスクは、他のすべてのダイナミック ディスクについて認識するため、この "不足している" ディスクはディスク管理に表示されます。 不足しているディスクのボリュームを削除したり、システムから物理ディスクを意図的に削除し、再アタッチしない限り、[ディスク管理] で [ディスクの削除] オプションを選択しないでください。 残りのダイナミック ディスクの LDM データベースからディスクレコードとボリューム レコードを削除した後、ディスクを再アタッチした後に、不足しているディスクをインポートして同じシステム上でオンラインに戻すことができる可能性があるため、重要です。

テキスト モードのセットアップと回復コンソール

Windows 2000、Windows XP、または Windows Server 2003 テキスト モードのセットアップ中、または回復コンソールを使用してコンピューターを起動するときに、ダイナミック ディスク上にパーティションを削除または作成しないでください。 そうすると、永続的なデータ損失が発生する可能性があります。

ミラー化されたドライブ

正常なシステム ディスクを壊したり、動的ミラー化ボリュームを起動したりしないでください。障害が発生した場合は、ミラー化されたドライブが元のプライマリ ドライブを置き換えることを想定してください。 手動で壊れたミラー化されたドライブには、次に使用可能なドライブ文字が割り当てられ、LDM データベース内の永続的なレコードに更新されます。 つまり、ドライブがブート プロセスで取る位置に関係なく、新しい (正しくない) ドライブ文字が割り当てられるため、オペレーティング システムが正しく機能しません。

注:

Windows ソフトウェア ミラーリングは、ハードウェア ディスクに障害がある場合にデータへのアクセスを確実に維持できるフォールト トレラント ソリューションです。 ソフトウェア ミラーリングは、オフライン バックアップ メカニズムとして使用することを意図していません。

ハードウェア ミラーリング

ハードウェア ミラーリングでダイナミック ディスクを使用する場合は、ハードウェア ミラー化されたドライブの両方の部分が同時に同じオペレーティング システムに公開されていないことを確認します。 ハードウェア ミラーリング ディスクでは、LDM データベースはまったく同じですが、システム上の各ダイナミック ディスクには LDM ヘッダーに一意の DiskID が含まれているため、LDM は 1 つのダイナミック ディスクを別のダイナミック ディスクと区別できます。

ハードウェア ミラー化されたドライブの両方の部分を公開するには、OEM RAID 構成ユーティリティを使用してハードウェア ミラーを解除し、両方のディスクをオペレーティング システムからアクセス可能なスタンドアロン ドライブとして構成します。

まったく同じ 2 つのダイナミック ディスクが同時にオペレーティング システムに公開されている場合、予期しない動作が発生する可能性があります。

関連情報

詳細については、「ディスク管理スナップインを使用して Windows Server 2003 で Basic ディスクとダイナミック ディスクを管理する方法」を参照してください。

この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。 明示または黙示にかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。