次の方法で共有


Microsoft Edge Beta チャネルのリリースノート

これらのリリース ノートでは、Microsoft Edge Beta チャネルに含まれている新機能とセキュリティ以外の更新プログラムに関する情報を提供します。 これらのリリース ノートのアーカイブされたバージョンは、Microsoft Edge Beta チャネルのアーカイブされたリリース ノートで入手できます。

Microsoft Edge Web プラットフォームは、ユーザー エクスペリエンス、セキュリティ、およびプライバシーを向上させるために絶えず進化しています。 詳細については、「Microsoft Edge 向けのサイトの互換性に影響する変更点」を参照してください。

バージョン 125.0.2535.51: 2024 年 5 月 17 日

さまざまなバグとパフォーマンスの問題を修正しました。

バージョン 125.0.2535.47: 2024 年 5 月 15 日

さまざまなバグとパフォーマンスの問題を修正しました。

バージョン 125.0.2535.37: 2024 年 5 月 10 日

さまざまなバグとパフォーマンスの問題を修正しました。

バージョン 125.0.2535.29: 2024 年 5 月 6 日

さまざまなバグとパフォーマンスの問題を修正しました。

機能更新プログラム

  • Edge での Purview のコピー/貼り付けコントロールのユーザー エクスペリエンスが向上しました。 Purview の切り取り/コピー/貼り付けエクスペリエンスが、貼り付けが成功した場合の自己無視ダイアログにより、より使いやすくなっています。 既存の [サポートされているブラウザーに貼り付け] 設定を使用すると、組織はエンド ユーザーが貼り付けることができるコンテンツ (特定の Web サイトとサポートされているブラウザーの両方) を分類して保護できます。 「 エンドポイント データ損失防止 (DLP) を使用して DLP ポリシーを作成する」の手順に従うことができます。

バージョン 125.0.2535.13: 2024 年 4 月 29 日

さまざまなバグとパフォーマンスの問題を修正しました。

開発チャネルの更新

このベータ チャネル リリースの前に、次の開発チャネルの更新が行われています。 次の開発ノートでは、各リリースでの変更に関する詳細な情報を提供します。

機能更新プログラム

  • Microsoft Defender Application Guard拡張機能の非推奨。 Application Guardは非推奨であるため、Edge Manifest V3 への移行はありません。 対応する拡張機能と関連する Windows ストア アプリ は、2024 年 5 月以降は使用できません。 これは、Application Guard拡張機能 - Chrome と Application Guard 拡張機能 -Firefox のブラウザーに影響します。 企業で MDAG の使用を廃止する準備ができるまで保護されていないブラウザーをブロックする場合は、AppLocker ポリシーまたは Microsoft Edge 管理サービスを使用することをお勧めします。 詳細については、「Microsoft Edge とMicrosoft Defender Application Guard」、「Windows クライアントの非推奨の機能 - Windows の新機能」、および「Microsoft Defender Application Guard - Windows セキュリティ」を参照してください。

  • スリーピング タブを自動的に破棄する。 長い間スリープ状態になっているタブは、メモリを節約するために破棄されます。 ユーザーが破棄されたタブに戻ったら、タブを再読み込みする必要があります。 これは、 AutoDiscardSleepingTabsEnabled ポリシーを 使用して管理できます。 このポリシーは、 SleepingTabsEnabled ポリシーが有効になっている場合に有効になります。 メモ: この機能は、制御された機能ロールアウトです。 この機能が表示されない場合、ロールアウトは続行しますので、後でもう一度確認してください。

  • 新しいワークスペースの色表示: ブラウザー ウィンドウのアウトライン。 ワークスペースにはそれぞれ専用の色があり、その色がブラウザー ウィンドウにアウトラインとして表示されるようになりました。 以前のエクスペリエンスでは、タブ ストリップ全体で水平方向のタブ方向に色を適用し、タイトル バー全体で垂直方向のタブの向きに色を適用しました。 メモ: この機能は、制御された機能ロールアウトです。 この機能が表示されない場合、ロールアウトは続行しますので、後でもう一度確認してください。

  • ワークスペースで使用できる完全なお気に入りバー。 ワークスペースに、ユーザーのお気に入りの完全なセットが [お気に入り] バーに表示され、バーから専用のワークスペース フォルダーにアクセスできるようになりました。 以前のエクスペリエンスでは、お気に入りバーがワークスペースのお気に入りフォルダーに置き換えられました。 メモ: この機能は、制御された機能ロールアウトです。 この機能が表示されない場合、ロールアウトは続行しますので、後でもう一度確認してください。

ポリシーの更新

新しいポリシー

バージョン 124.0.2478.67: 2024 年 4 月 26 日

さまざまなバグとパフォーマンスの問題を修正しました。

バージョン 124.0.2478.51: 2024 年 4 月 18 日

さまざまなバグとパフォーマンスの問題を修正しました。

バージョン 124.0.2478.49: 2024 年 4 月 17 日

さまざまなバグとパフォーマンスの問題を修正しました。

バージョン 124.0.2478.39: 2024 年 4 月 12 日

さまざまなバグとパフォーマンスの問題を修正しました。

バージョン 124.0.2478.27: 2024 年 4 月 8 日

さまざまなバグとパフォーマンスの問題を修正しました。

バージョン 124.0.2478.19: 2024 年 4 月 1 日

さまざまなバグとパフォーマンスの問題を修正しました。

機能更新プログラム

  • クロスデバイス検索クエリ履歴の提案。 既存の検索クエリ候補は、デバイス/ブラウザー間で Edge Sync を有効にするエンタープライズ ユーザーの最近の検索とブラウザー検索の両方で、デバイス間クエリ履歴で強化されています。 Edge では、実行した場所に関係なく、以前の検索で使用した関連するクエリ履歴候補が表示されます。 いつでも Edge を信頼して、以前にアクセスした情報をすばやく見つけ直すことができます。

  • Microsoft Edge 管理サービスのエンタープライズセキュリティで保護された AI コントロール。 Microsoft Edge 管理サービスでは、管理者が Edge ブラウザーですべての AI 関連ポリシーを管理するための新しい専用領域が提供されるようになりました。 これにより、マネージド ユーザーとデバイスのセキュリティと生産性が向上します。

バージョン 124.0.2478.10: 2024 年 3 月 28 日

さまざまなバグとパフォーマンスの問題、更新された機能、ポリシーを修正しました。

開発チャネルの更新

このベータ チャネル リリースの前に、次の開発チャネルの更新が行われています。 次の開発ノートでは、各リリースでの変更に関する詳細な情報を提供します。

機能更新プログラム

  • Microsoft Edge 管理サービスの拡張機能要求の通知をEmailします。 Microsoft Edge 管理サービスを使用すると、管理者は、ユーザーが要求した拡張機能の電子メール通知を受信できます。 これは、新しいフィードバックを迅速に通知するのに役立ちます。 メモ:このエクスペリエンスはパブリック プレビュー段階であり、Microsoft 365 管理センターでターゲット リリースをオプトインすることでアクセスできます。

  • Edge for Business で EDU ユーザーの既定のプロファイル ピルを更新しました。 現在の Edge for Business の既定のビジュアルの適用性を向上させるために、EDU アカウントでサインインしているユーザーには、既定のプロファイル ピル ラベルが "School" に更新されます。

  • 新しいエンタープライズ デバイスのデスクトップ ショートカット。 Windows Out of Box Experience (OOBE) で初めて実行される新しい Microsoft Enterprise デバイスには、Microsoft Edge デスクトップ ショートカットが自動的に作成されます。 このデスクトップ ショートカットを使用すると、セットアップを手動でピン留めして構成することなく、Microsoft Edge ブラウザーにアクセスする別の方法がユーザーに提供されます。

  • 新しいプロファイル エクスペリエンスでプロファイル オプションを更新しました。 多くのユーザーが意図せずに空のプロファイルを作成し、ワークスペースを乱雑にし、閲覧エクスペリエンスを妨げます。 煩雑さとプロファイルのチャーンの可能性を減らすために、更新された First Run Experience (FRE) 文字列オプションを使用すると、ユーザーはサインインし、閲覧エクスペリエンスを向上させるためにプロファイルを有意義に作成したり、意図しない作成を簡単に取り消したりできます。 メモ: この機能は、制御された機能ロールアウトです。 この機能が表示されない場合、ロールアウトは続行しますので、後でもう一度確認してください。

  • Copilot ページ コンテキスト ポリシー。 Microsoft Edge のページ コンテキストに基づいて質問を要約して回答するには、Copilot がページ コンテンツにアクセスできる必要があります。 管理者が Edge サイドバーの Copilot チャット全体で Edge ページ コンテキスト アクセスをカスタマイズするための柔軟性を高める 2 つの新しいポリシーを提供しています。

    • CopilotPageContext - Microsoft Entra ID プロファイルのブラウザー コンテキストへの Copilot アクセスを制御する
    • CopilotCDPPageContext - Microsoft Entra ID プロファイルのブラウザー コンテキストへの商用データ保護アクセスを使用して Copilot を制御する
    • DiscoverPageContextEnabled ポリシーは Edge バージョン 124 では非推奨となり、Edge バージョン 127 では廃止されます。
  • インライン新規作成。 この機能を使用すると、ユーザーは Copilot を使用してテキストを書き直すことができます。 ユーザーは、Edge での書き込み時に改善したいテキストを強調表示し、書き換えツールを使用して、さまざまな長さ、形式、トーンで反復処理できます。 管理者は ComposeInlineEnabled ポリシーを使用して可用性を制御できます。

  • プライバシー、セキュリティ、検索、& サービスに関する [設定] ページにUpdatesします。 使いやすさを向上させるために、Edge 設定ページを "プライバシーとセキュリティ" と "検索とサービス" の 2 つのセクションに更新しています。この合理化されたアプローチにより、ユーザーは関心のある設定をより簡単に見つけることができます。 メモ: この機能は、制御された機能ロールアウトです。 この機能が表示されない場合、ロールアウトは続行しますので、後でもう一度確認してください。

  • Web SQL の削除。 Web SQL のサポートは完全に削除されました。 以前のリリースでは、Web SQL のサポートは既定で無効になっていますが、 WebSQLAccess ポリシーを使用して再度有効にすることができます。 この変更後、Web SQL サポートを有効にするメカニズムはなくなりました。 この変更は、Microsoft Edge に基づく Chromium プロジェクトで発生します。 詳細については、「 Web SQL の非推奨と削除の意図」を参照してください。

  • サイドバー ツール アプリ - SpeedTest。 Microsoft Edge サイドバーの [ツール] アプリに既定で SpeedTest 回答を追加します。 詳細については、「 Microsoft Edge でサイドバーを管理する」を参照してください。

  • ブラウザーから Web へのシングル サインオン (SSO) が失敗すると、Edge プロファイル アカウントの再認証ポップアップが更新されました。 Edge には、ブラウザーから Web へのシングル サインオン (SSO) 機能が用意されています。これにより、ユーザーは最初に Web アカウントを使用して Edge プロファイルにサインインし、Microsoft ファースト パーティの Web サイトに自動的にサインインできます。

    これは、キャッシュされた資格情報を保存することによって行われます。 この方法は、キャッシュされた資格情報に認証チャレンジが発生するまで機能します。 一般的なシナリオは、ユーザーが別のデバイスでパスワードを変更する場合です。 現在のデバイスでキャッシュされた資格情報が古くなり、SSO が失敗します。 Edge はこのエラーを検出し、現在のデバイスでキャッシュされた資格情報を更新するようにユーザーに求める再認証ポップアップを表示します。

  • プロファイル管理とカスタマイズ コントロールを更新しました。 プロファイル コントロールと既定のアバターの拡張範囲を使用して、プロファイル管理とカスタマイズエクスペリエンスを強化します。 これらの更新により、ユーザーは自分の好みに合わせてプロファイルを簡単に調整し、プロファイルアバターのより広範なコレクションから選択できます。

  • Microsoft Defender for Endpoint ブロックの UX を更新しました。 Microsoft Edge では、Microsoft Defender for Endpoint ベースのブロック (Web コンテンツ フィルター処理とカスタム インジケーター) に対して異なるブロック エクスペリエンスが提供されるようになりました。 詳細については、「 Web 保護」を参照してください。

ポリシーの更新

新しいポリシー

  • CopilotCDPPageContext - Microsoft Entra ID プロファイルのブラウザー コンテキストへの商用データ保護アクセスを使用して Copilot を制御する
  • CopilotPageContext - Microsoft Entra ID プロファイルのブラウザー コンテキストへの Copilot アクセスを制御する
  • MutationEventsEnabled - 非推奨または削除されたミューテーション イベントを有効にする

廃止されたポリシー

  • DiscoverPageContextEnabled - AAD プロファイルのページ コンテンツへのアクセスの検出を有効にする (非推奨)

非推奨ポリシー

バージョン 123.0.2420.65: 2024 年 3 月 27 日

さまざまなバグとパフォーマンスの問題を修正しました。

バージョン 123.0.2420.53: 2024 年 3 月 21 日

さまざまなバグとパフォーマンスの問題を修正しました。

バージョン 123.0.2420.51: 2024 年 3 月 20 日

さまざまなバグとパフォーマンスの問題を修正しました。

バージョン 123.0.2420.41: 2024 年 3 月 15 日

さまざまなバグとパフォーマンスの問題を修正しました。

バージョン 123.0.2420.32: 2024 年 3 月 11 日

さまざまなバグとパフォーマンスの問題を修正しました。

バージョン 123.0.2420.20: 2024 年 3 月 5 日

さまざまなバグとパフォーマンスの問題を修正しました。

バージョン 123.0.2420.10: 2024 年 2 月 29 日

さまざまなバグとパフォーマンスの問題を修正しました。

開発チャネルの更新

このベータ チャネル リリースの前に、次の開発チャネルの更新が行われています。 次の開発ノートでは、各リリースでの変更に関する詳細な情報を提供します。

機能更新プログラム

  • Microsoft Edge 管理サービスを使用して組織のブランドをカスタマイズします。 管理者は、Microsoft Edge 管理サービスを使用して、organizationのブランド化資産を Edge for Business にカスタマイズできます。 このブランド化は、Microsoft Entra ID (旧称 Azure Active Directory) でサインインしたユーザーが、プロファイルピル、プロファイル ポップアップ、タスク バー アイコンの視覚的な合図を使用して、複数のプロファイルとブラウザー ウィンドウをより簡単Microsoft Edge for Business区別するのに役立ちます。

    Microsoft Edge 管理サービスを使用すると、管理者は、次のorganizationブランド資産Microsoft Edge for Business表示する方法を構成、プレビュー、カスタマイズするための強化されたエクスペリエンスが提供されます。

    • 組織名
    • アクセント カラー
    • 組織のロゴ
    • タスク バー アイコン オーバーレイをMicrosoft Edge for Businessする

    詳細については、「Microsoft Edge for Business」を参照してください。

  • Microsoft Edge 管理サービスのMicrosoft Edge for Businessの自動プロファイル切り替え制御。 Microsoft Edge 管理サービスを使用すると、管理者は Microsoft Edge ブラウザーでプロファイルの自動切り替えの設定を構成できます。 これにより、エンド ユーザーの作業と個人の閲覧の間でコンテキストの分離を強制できます。 注: このエクスペリエンスはパブリック プレビュー段階です。

  • MIP で保護された PDF ファイルをさまざまな主権 (GCCH を含む) に表示するためのサポートを拡張します。 ソブリン クラウドのお客様 (GCCH を含む) は、Microsoft Edge で MIP で保護された PDF コンテンツを開くことができます。 この変更は、Adobe Acrobat と従来の Microsoft Edge PDF エンジンを搭載した Microsoft Edge 組み込み PDF リーダーで利用できます。  メモ: この機能は、制御された機能ロールアウトです。 この機能が表示されない場合、ロールアウトは続行しますので、後でもう一度確認してください。

ポリシーの更新

新しいポリシー

バージョン 122.0.2365.59: 2024 年 2 月 27 日

さまざまなバグとパフォーマンスの問題を修正しました。

バージョン 122.0.2365.52: 2024 年 2 月 23 日

さまざまなバグとパフォーマンスの問題を修正しました。

バージョン 122.0.2365.50: 2024 年 2 月 22 日

さまざまなバグとパフォーマンスの問題を修正しました。

修正プログラム

  • [印刷可能領域に合わせる] オプションを使用して特定の PDF ファイルを横向きモードで印刷すると、正しくない印刷が発生する問題を解決しました。

バージョン 122.0.2365.38: 2024 年 2 月 16 日

さまざまなバグとパフォーマンスの問題を修正しました。

機能更新プログラム

  • Microsoft Edge では、Web キャプチャのブランドが "スクリーンショット" に変更されました。  Microsoft Edge は、アイコンを変更して Web キャプチャのブランドを変更し、機能の名前を "スクリーンショット" に変更しました。 ユーザーは、完全なページまたは選択した領域のスクリーンショットを撮ることで、Web からのコンテンツを簡単に使用できます。 後でペンまたはタッチで撮影したスクリーンショットをマークアップできます。  管理者は、 WebCaptureEnabled ポリシーを使用して可用性を制御できます。  詳細については、「 スクリーンショット (microsoft.com)」を参照してください。 

バージョン 122.0.2365.30: 2024 年 2 月 12 日

さまざまなバグとパフォーマンスの問題を修正しました。

バージョン 122.0.2365.16: 2024 年 2 月 5 日

さまざまなバグとパフォーマンスの問題を修正しました。

バージョン 122.0.2365.8: 2024 年 2 月 1 日

さまざまなバグとパフォーマンスの問題を修正しました。

修正プログラム

  • Adobe Acrobat を搭載した Microsoft Edge 組み込み PDF リーダーを使用しているときに、特定のファイルに対して PDF テキスト フィールドとドロップダウン値が 2 回レンダリングされる問題を解決しました。

開発チャネルの更新

このベータ チャネル リリースの前に、次の開発チャネルの更新が行われています。 次の開発ノートでは、各リリースでの変更に関する詳細な情報を提供します。

機能更新プログラム

  • マネージド サイト インジケーター (ブリーフケース アイコン) をアドレス バーのオムニボックスのロック アイコンに移動します。 ページが管理されていることを示すブリーフケース アイコンは、アドレス バー内のロック アイコンに移動されます。 管理者が特定のページの保護があるかどうかを確認する場合は、アドレス バーのロック アイコンを開いてブリーフケース アイコンを探すことができます。

  • イメージ拡張機能の廃止。 エンド ユーザー エクスペリエンスを向上させるために、イメージ拡張機能は非推奨です。

  • Microsoft Edge 管理サービスで推奨されるポリシーを構成します。 Microsoft Edge 管理サービスは、管理者に推奨ポリシーを構成するための制御を提供します。 これにより、エンド ユーザーに構成されたポリシーをオーバーライドするアクセス許可が付与されます。

ポリシーの更新

新しいポリシー

非推奨ポリシー

関連項目