Windows クライアントの非推奨の機能

適用対象

  • Windows 10
  • Windows 11

Windows クライアントの各バージョンでは、新しい機能と機能が追加されます。 新しいバージョンでは、多くの場合、新しいオプションが追加されたため、機能も削除される場合があります。 この記事では、Windows クライアントで開発されなくなった機能の詳細について説明します。 削除された機能の詳細については、「 Windows の機能の削除」を参照してください。

Windows 11の機能の詳細については、「機能の非推奨と削除」を参照してください。

非推奨削除の違いについては、「Windows クライアント機能のライフサイクル」を参照してください。

この記事の機能は現在アクティブに開発されておらず、今後の更新プログラムで削除される可能性があります。 他の機能に置き換えられたものもあり、他のソースから現在使用可能な機能もあります。

非推奨の機能

次の一覧は変更される可能性があります。影響を受けるすべての機能が含まれるとは限りません。

提案されているこれらの機能の置換についてフィードバックがある場合は、フィードバック Hub アプリを使用できます。

機能 詳細と軽減策 非推奨が発表されました
32 ビット Arm 用のユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) アプリケーション この変更は、Arm プロセッサを搭載したデバイス (たとえば、Qualcomm の Snapdragon プロセッサ) にのみ適用されます。 Intel または AMD のプロセッサを使用して PC を構築している場合、このコンテンツは適用されません。 使用しているプロセッサの種類がわからない場合は、[システムの設定]>>オンにします。

32 ビット Arm バージョンのアプリケーションのサポートは、Windows 11の今後のリリースで削除される予定です。 この変更後、影響を受けるアプリケーションの数が少ない場合、アプリの機能が異なる可能性があり、パフォーマンスの違いに気付く場合があります。 この変更の技術的な詳細については、「 アプリ アーキテクチャを Arm32 から Arm64 に更新する」を参照してください。
2023 年 1 月
コンプライアンスの更新 Windows クライアント用のクラウドベースのサービスである Update Compliance は開発されなくなりました。 このサービスは、Azure portalからの Microsoft 更新プログラムに対するクライアントのコンプライアンスに関するレポートを提供する、Windows Update for Business レポートに置き換えられました。 2022 年 11 月
Windows Information Protection Windows Information Protectionは、今後のバージョンの Windows では開発されなくなります。 詳細については、「Windows Information Protection (WIP) の日の入りを発表する」を参照してください。

データ保護のニーズに合わせて、Microsoft Purview 情報保護Microsoft Purview データ損失防止を使用することをお勧めします。
2022 年 7 月
BitLocker To Go リーダー 注: 機能としての BitLocker to Go は引き続きサポートされています。
以降のオペレーティング システムでの Windows XP または Windows Vista からの BitLocker で保護されたリムーバブル ドライブ (BitLocker To Go) の読み取りは非推奨となり、Windows クライアントの今後のリリースで削除される可能性があります。
次の項目は、Windows クライアントの今後のリリースでは使用できない可能性があります。
- ADMX ポリシー: 以前のバージョンの Windows から BitLocker で保護されたリムーバブル データ ドライブへのアクセスを許可する
- コマンド ライン パラメーター: manage-bde -DiscoveryVolumeType (-dv)
- カタログ ファイル: c:\windows\BitLockerDiscoveryVolumeContents
- BitLocker 2 Go Reader アプリ: bitlockertogo.exe および関連ファイル
21H1
個人用設定のローミング 個人用設定のローミング (壁紙、スライドショー、アクセント カラー、ロック画面の画像を含む) は開発されなくなったので、今後のリリースで削除される可能性があります。 21H1
Windows Management Instrumentation コマンド ライン (WMIC) ツール。 WMIC ツールは、Windows 10 バージョン 21H1 および Windows Server の 21H1 一般提供チャネル リリースでは非推奨です。 このツールは、Windows PowerShell for WMI に置き換えられます。 注: この非推奨は、コマンド ライン管理ツールにのみ適用されます。 WMI 自体は影響を受けません。 21H1
タイムライン 2021 年 7 月以降、Microsoft アカウント (MSA) を介してデバイス間でアクティビティ履歴が同期されている場合、タイムラインで新しいアクティビティをアップロードすることはできません。 詳細については、「 タイムラインに関するヘルプを表示する」を参照してください。 20H2
Microsoft Edge レガシ バージョンの Microsoft Edge は開発されなくなりました。 2004
コンパニオン デバイス フレームワーク コンパニオン デバイス フレームワークは、積極的に開発されなくなりました。 2004
ダイナミック ディスク 動的ディスク機能は開発されなくなりました。 この機能は、将来のリリースで記憶域スペースに置き換えられる予定です。 2004
フィードバック Hub の [ランゲージ コミュニティ] タブ [ランゲージ コミュニティ] タブがフィードバック ハブから削除されます。 標準のフィードバック プロセス: フィードバック Hub - フィードバックは 翻訳フィードバックを提供するための推奨される方法です。 1909
My People / シェル内のユーザー My People は開発されなくなりました。 今後の更新プログラムで削除される可能性があります。 1909
パッケージ状態ローミング (PSR) PSR は今後の更新プログラムで削除されます。 Microsoft 開発者ではない開発者は PSR を使ってデバイス上のローミング データにアクセスできます。これにより、UWP アプリケーションの開発者は Windows にデータを書き込み、それをそのユーザーの Windows の他のインスタンス化と同期できます。
 
推奨される PSR の代替機能は Azure App Service です。 Azure App Service は、広くサポートされ、十分に文書化され、信頼性が高く、iOS、Android、Web などのクロス プラットフォーム/クロス エコシステムなシナリオをサポートします。
 
PSR はWindows 11で削除されました。
1909
XDDM ベースのリモート ディスプレイ ドライバー リモート デスクトップ サービスは、1 つのセッション リモート デスクトップに Windows ディスプレイ ドライバー モデル (WDDM) ベースの間接ディスプレイ ドライバー (IDD) を使用します。 Windows 2000 Display Driver Model (XDDM) ベースのリモート ディスプレイ ドライバーのサポートは、今後のリリースで削除される予定です。 XDDM ベースのリモート ディスプレイ ドライバーを使用する独立系ソフトウェア ベンダーは、WDDM ドライバー モデルへの移行を計画する必要があります。 リモート表示間接表示ドライバーの実装の詳細については、「IddCx バージョン 1.4 以降の更新プログラム」を参照してください。 1903
タスク バー設定のローミング タスク バーの設定のローミングは開発されなくなったので、今後のリリースでこの機能を削除する予定です。 1903
Wi-Fi WEP と TKIP 1903 リリース以降、WEP または TKIP (WPA2 または WPA3 を使用するネットワークほど安全ではない) でセキュリティで保護されたWi-Fi ネットワークに接続すると、警告メッセージが表示されます。 将来のリリースでは、これらの古い暗号をWi-Fiネットワークへの接続は許可されません。 Wi-Fi、WPA2 または WPA3 で使用可能な AES 暗号を使用するように更新する必要があります。 1903
Windows To Go Windows To Go は開発されなくなりました。

この機能は機能更新プログラムをサポートしていないため、最新の状態を維持することはできません。 また、多くの OEM がサポートを終了した特定の種類の USB も必要です。
1903
Print 3D アプリ 3D Builder は、推奨される 3D 印刷アプリです。 新しい Windows デバイスでオブジェクトを 3D 印刷するには、まず Store から3D Builderをインストールする必要があります。 1903
コンパニオン デバイスの動的ロック APIS コンパニオン デバイス フレームワーク (CDF) API を使用すると、ウェアラブルや他のデバイスが PC のロックを解除できます。 Windows 10、バージョン 1709 では、ユーザーが存在するかどうかを検出し、PC をロックまたはロック解除する Bluetooth を使用した受信トレイ メソッドをはじめとする動的ロックが導入されました。 このため、Microsoft 以外のパートナーが CDF メソッドを採用していなかったため、CDF 動的ロック API は開発されなくなりました。 1809
OneSync サービス OneSync サービスは、メール、Outlook カレンダー、People アプリのデータを同期します。 同じ同期を提供する同期エンジンを Outlook アプリに追加しました。 1809
Snipping Tool Snipping Tool は、Windows 10 に含まれるアプリケーションで、画面全体または画面の小さいカスタムの "snip" のスクリーンショットをキャプチャするために使用されます。 Windows 10 Version 1809では、新しいユニバーサル アプリである Snip & Sketch を導入します。 同じ画面切り取り機能と他の機能を提供します。 切り取 & りスケッチを直接起動してそこから切り取りを開始するか、WIN + Shift + S & キーを押すだけで、アクション センターの [画面切り取り] ボタンから切り取りスケッチを起動することもできます。 切り取りツールは別のアプリとして開発しなくなりましたが、代わりにその機能を切り取 & りスケッチに統合しています。 1809
グループ ポリシーのソフトウェア制限ポリシー グループ ポリシーを介してソフトウェア制限ポリシーを使用する代わりに、AppLocker または Windows Defender アプリケーション制御を使用してユーザーがアクセスできるアプリ、およびカーネルで実行できるコードを制御することができます。 1803
オフラインのシンボル パッケージ (デバッグ シンボル MSI) シンボル パッケージをダウンロード可能な MSI として利用できなくなりました。 代わりに、Microsoft シンボル サーバーは Azure ベースのシンボル ストアに移行しています。 Windows シンボルが必要な場合は、Microsoft シンボル サーバーに接続してシンボルをローカルにキャッシュするか、またはインターネットにアクセスできるコンピューターで SymChk.exe によりマニフェスト ファイルを使用します。 1803
Windows ヘルプ ビューアー (WinHlp32.exe) すべての Windows ヘルプ情報はオンラインで利用できます。 Windows ヘルプ ビューアーは、Windows 10 ではサポートされなくなりました。 詳細については、「 Windows ベースのプログラムでヘルプを開くときにエラーが発生する: "機能が含まれていない"」または「サポートされていないヘルプ」を参照してください。 1803
MBAE サービスのメタデータ MBAE アプリのエクスペリエンスは、MO UWP アプリに置き換えられました。 詳細については、「サービス メタデータを作成するための開発者向けガイド」を参照してください。 1803
エクスプローラーの連絡先機能 連絡先機能、またはそれに対応する Windows アドレス帳 API は開発されなくなりました。 代わりに、Windows 10 の People アプリを使用して連絡先を維持できます。 1803
モバイル コンパニオン 設定アプリの [電話] ページを使用します。 Windows 10 バージョン 1709 では、携帯電話を PC と同期するのに役立つ新しい [電話] ページが追加されました。 モバイル コンパニオンのすべての機能が含まれています。 1803
IPv4/6 移行テクノロジ (6to4、ISATAP、Teredo、および Direct Tunnels) バージョン 1607 (Anniversary Update) Windows 10以降、6to4 は既定で無効になっています。ISATAP は、バージョン 1703 (Creators Update) Windows 10以降、既定で無効になっています。Teredo はバージョン 1803 Windows 10以降無効になっています。 ダイレクト トンネル機能は、常に既定で無効になっています。 代わりにネイティブ IPv6 サポートを使用してください。 1803
Layered Service Providers レイヤード サービス プロバイダーは、Windows 8とWindows Server 2012以降開発されていません。 代わりに、Windows フィルタリング プラットフォームを使用してください。 古いバージョンの Windows からアップグレードする場合、使用している階層化されたサービス プロバイダーは移行されません。アップグレード後に再インストールする必要があります。 1803
Business Scanning この機能は、分散スキャン管理 (DSM) とも呼ばれています ( 2018 年 5 月 3 日に追加)
 
スキャン管理機能は Windows 7 で導入され、セキュリティで保護されたスキャンと、エンタープライズでのスキャナーの管理ができるようになりました。 この機能への投資は行っておらず、それをサポートするデバイスはありません。
1803
IIS 6 管理の互換性* 代替のスクリプト ツールと新しい管理コンソールを使用することをお勧めします。 1709
IIS ダイジェスト認証 代替えの認証方法を使用することをお勧めします。 1709
IIS 用の RSA/AES 暗号化 CNG 暗号化プロバイダーを使用することをお勧めします。 1709
Windows テーマのスクリーン セーバー機能 テーマで無効になりました。 グループ ポリシー、コントロール パネル、および Sysprep のスクリーン セーバー機能は、引き続き機能します。 ロック画面機能とポリシーが優先的に使用されます。 1709
設定の同期 (更新日: 2017 年 8 月 17 日) バックエンドの変更: 今後のリリースで、現在の同期プロセスのバックエンド記憶域が変更されます。 Enterprise State Roaming と他のすべてのユーザーについて、1 つのクラウド記憶域システムが使用されます。 [設定の同期]オプションと Enterprise State Roaming の機能は引き続き機能します。 1709
システム イメージ バックアップ (SIB) ソリューション 他のベンダー製のディスク全体のバックアップ ソリューションを使用することをお勧めします。 1709
TLS RC4 暗号 既定では無効になります。 詳細については、Windows 10とWindows Server 2016の TLS (Schannel SSP) の変更に関するページを参照してください。 1709
トラステッド プラットフォーム モジュール (TPM) の所有者パスワード管理 TPM.msc 内のこの機能は、新しいユーザー インターフェイスに移行されます。 1709
トラステッド プラットフォーム モジュール (TPM): TPM.msc および TPM リモート管理 今後のリリースで新しいユーザー インターフェイスに置き換えられます。 1709
トラステッド プラットフォーム モジュール (TPM) リモート管理 TPM.msc 内のこの機能は、新しいユーザー インターフェイスに移行されます。 1709
Microsoft Configuration Managerを使用するWindows Hello for Business展開 Windows Server 2016 Active Directory フェデレーション サービス (AD FS) - 登録機関 (ADFS RA) の展開がより簡単で、ユーザー エクスペリエンスが向上し、より明確な証明書登録エクスペリエンスが提供されます。 1709
Windows PowerShell 2.0 アプリケーションおよびコンポーネントは、PowerShell 5.0+ に移行する必要があります。 1709
Apndatabase.xml Apndatabase.xml は COSA データベースで置き換えられます。 そのため、一部の構成要素が機能しなくなります。 この置換には、ハードウェア ID、モバイル アプリの受信 SMS メッセージング ルール、モバイル アプリの特権アプリの一覧、自動接続順序、APN パーサー、CDMAProvider ID が含まれます。 1703
タイル データ レイヤー タイル データ レイヤー データベースは、Windows 10 バージョン 1703 で開発を停止しました。 1703
TLS DHE_DSS 暗号 DisabledByDefault TLS RC4 暗号は、このリリースでは既定で無効になります。 1703
TCPChimney TCP Chimney オフロードは開発されなくなりました。 「ネットワーク アダプターのパフォーマンス チューニング」を参照してください。 1703
IPsec タスク オフロード IPsec タスク オフロード バージョン 1 と 2 は開発されなくなり、使用しないでください。 1703
wusa.exe /uninstall /kb:####### /quiet wusa更新プログラムを静かにアンインストールするためのツールの使用は非推奨になりました。 スイッチを含む /quiet uninstall コマンドは、セットアップ イベント ログのイベント ID 8 で失敗します。 悪意のあるソフトウェアがユーザーの介入なしにバックグラウンドで更新プログラムを静かにアンインストールする可能性があるため、更新プログラムを静かにアンインストールすると、セキュリティ上のリスクが生じる可能性があります。 1507
Windows Server 2016および Windows Server 2019 に適用されます。