Windows Server のサポート終了と Microsoft 365 アプリ

重要

  • Microsoft 365 Appsは、Windows Server 2008 R2、Windows Server 2012、Windows Server 2012 R2、または Windows 2022 ではサポートされていません。
  • サポートされていない古いバージョンのオペレーティング システム上で Microsoft 365 Apps を使用すると、使用を続けるうちに、パフォーマンスや安定性の問題が発生する可能性があります。 これらの問題には、Microsoft 365 Appsに追加された新機能や、期待どおりに動作しない既存の機能の更新が含まれる可能性があります。
  • 組織で、Microsoft 365 Appsをサポートしていないバージョンの Windows Server を使用している場合は、Windows 365または Azure Virtual Desktop に移行することをお勧めします。

Microsoft 365 (およびOffice 365) は、製品またはサービスのサービスとシステム要件に従って最新の状態を維持する必要があるモダン ライフサイクル ポリシーによって管理されます。 たとえば、このポリシーで Microsoft 365 アプリは、現在サポートされている Windows オペレーティング システム上で使用する必要があります。

次のセクションでは、Windows Server のさまざまなバージョンでの Microsoft 365 アプリのサポートについて説明します。

Windows Server 2008 R2

注意

Windows Server 2008 R2 の Microsoft 365 Apps バージョン 2002 のセキュリティ更新プログラムは、2023 年 1 月 10 日以降に終了します。

Windows Server 2008 R2 は、2020 年 1 月 14 日にサポートが終了しました。 Windows Server 2008 R2 の ESUの提供を受けている場合も、Windows Server 2008 R2 での Microsoft 365 アプリの使用はもうサポートされません。

バージョン 2002 は、Windows Server 2008 R2 を使用しているデバイスにインストールできる Microsoft 365 アプリの最後のバージョンです。 Windows Server 2008 R2 を使用しているデバイスにバージョン 2005 などの新しいバージョンの Microsoft 365 アプリをインストールしようとすると、エラー メッセージが表示されます。

Windows Server 2008 R2 のサポートは終了しましたが、2023 年 1 月までの今後 3 年間、Microsoft は、Microsoft 365 アプリのセキュリティ更新プログラムを引き続き提供することを決定しました。 ただしその間、それらのデバイスで引き続き Windows Server 2008 R2 を使用している限り、Microsoft 365 アプリは新しい機能の更新プログラムを受け取れません。

Windows Server 2008 R2 でのMicrosoft 365 Appsの更新プログラムの管理の詳細については、「Windows 7 のサポート終了とMicrosoft 365 Apps」を参照してください。 Windows 7 の更新プログラムの管理とConfiguration Managerの使用に関する同じ情報は、Windows Server 2008 R2 にも適用されます。

Windows Server 2012

2020 年 1 月 14 日以降、Microsoft 365 AppsはWindows Server 2012ではサポートされていません。

Windows Server 2012のサポート終了日については、Windows Server 2012ライフサイクル のページを参照してください。

Windows Server 2012 R2

2020 年 1 月 14 日以降、Windows Server 2012 R2 ではMicrosoft 365 Appsはサポートされていません。

Windows Server 2012 R2 のサポート終了日については、Windows Server 2012 R2 ライフサイクル ページを参照してください。

Windows Server 2016

Microsoft 365 Appsは、2025 年 10 月までのWindows Server 2016でのみサポートされます。

2025 年 10 月より前に移行するクライアント ホスティング ソリューションに関する推奨事項については、Windows Server からの移行Microsoft 365 Appsを参照してください。

Windows Server 2016のサポート終了日については、Windows Server 2016ライフサイクル のページを参照してください。

Windows Server 2019

Microsoft 365 Appsは、Windows Server 2019 でのみ 2025 年 10 月までサポートされます。

2025 年 10 月より前に移行するクライアント ホスティング ソリューションに関する推奨事項については、Windows Server からの移行Microsoft 365 Appsを参照してください。

Windows Server 2019 のサポート終了日については、 Windows Server 2019 ライフサイクル ページを 参照してください。

Windows Server 2022

Microsoft 365 Appsは Windows Server 2022 ではサポートされていません。

代わりに使用するクライアント ホスティング ソリューションに関する推奨事項については、Windows Server からの移行のMicrosoft 365 Appsに関するページを参照してください。

Windows Server 2022 のサポート終了日については、 Windows Server 2022 ライフサイクル ページを参照してください。

追加情報

  • この情報は、Project および Visio デスクトップ アプリのサブスクリプション バージョンにも適用されます。 たとえば、Project Plan 5 や Visio Plan 2 を使用している場合。
  • さまざまなバージョンの Windows のさまざまなバージョンの Office のサポート終了日については、「Office 構成サポート マトリックス」を参照してください。
  • Office バージョンのサポート終了について詳しくは、Microsoft 技術コミュニティの「Microsoft Office End of Support」にアクセスしてください。