メッセージ サイズと受信者の制限 (Exchange Server

組織を通過するメッセージに制限を適用できます。全体の最大サイズをまとめて設定するか、メッセージの個々のパーツのサイズを設定するか、あるいはその両方を設定できます。たとえば、メッセージ ヘッダーや添付文書の最大サイズを制限したり、そのメッセージに追加できる受信者の最大数を設定したりすることができます。これらの制限は Exchange 組織全体、特定のメール トランスポート コネクタ、特定のサーバー、および個々のメールボックスに適用することができます。

このトピックでは、メッセージと受信者のサイズ制限についてのみ触れます。 時間の流れで送信されるメッセージの数、時間の流れによって許可される接続の数、および接続を閉じる前に Exchange が待機する時間の詳細については、「メッセージ レートの制限と調整」を参照してください。

Exchange 組織のメッセージ サイズの制限を計画するときには、以下の点を考慮してください。

  • すべての受信メッセージに対し、どの程度のサイズ制限を設定する必要があるか。

  • すべての送信メッセージに対し、どの程度のサイズ制限を設定する必要があるか。

  • 組織のメールボックス クォータとは何か、設定したメッセージ サイズの制限が、メールボックス クォータのサイズとどのように関連するか。

  • 組織内に、最大許容サイズを超えるメッセージの送受信を必要とするユーザーがいるか。

  • 組織内に、他のメッセージング システムや、複数のメッセージ サイズの制限を必要とする個別のビジネス単位が含まれているかどうか。

このトピックでは、このような質問への回答を得て、適切なメッセージのサイズ制限を適切な場所に適用するためのガイダンスを提供します。

メッセージ サイズの制限の種類

次の一覧では、メッセージ サイズの制限の基本的な種類とそれを適用するメッセージ コンポーネントについて説明します。

  • 全体のメッセージ サイズの制限: メッセージ ヘッダー、メッセージ本文、および添付ファイルを含むメッセージの最大サイズを指定します。 Exchange ではカスタムの X-MS-Exchange-Organization-OriginalSize: メッセージ ヘッダーを使用して、メッセージが Exchange 組織に到着したときの元のサイズを記録します。 メッセージ サイズをチェックする場合、現在のメッセージ サイズと元のメッセージ サイズ ヘッダーのうち小さい方の値が使用されます。 コンテンツ変換、エンコード、およびトランスポート エージェント処理によって、メッセージのサイズが変わる場合があります。

    すべてのメッセージ サイズ制限について、適用したい実際のサイズより大きい値を設定する必要があります。これは、添付ファイルやその他のバイナリ データの Base64 エンコードのためです。Base64 エンコードによりメッセージのサイズは約 33% 増加するため、指定する値は、適用する実際のメッセージ サイズより約 33% 大きくしなければなりません。たとえば、最大メッセージ サイズの値を 64 MB に指定すると、実際の最大メッセージ サイズは約 48 MB になると予測できます。

  • 添付ファイルのサイズの制限: メッセージ内の 1 つの添付ファイルの最大サイズを指定します。 メッセージには、小さいサイズの添付ファイルが多数含まれ、メッセージ全体のサイズが大幅に増加する場合があります。 ただし、添付ファイルのサイズの制限は、個々の添付ファイルのサイズにのみ適用されます。 メッセージごとの添付ファイルの数は制限できませんが、最大メッセージ サイズの制限を使用して、そのメッセージの添付ファイル合計数の上限を制御することができます。

  • 受信者の制限: メッセージで許可される受信者の総数を指定します。 これには To:Cc:Bcc: のフィールドの受信者の合計数が含まれます。 配布グループは 1 受信者としてカウントされます。

  • メッセージ ヘッダーのサイズの制限: メッセージ内のすべてのメッセージ ヘッダー フィールドの最大サイズを指定します。 メッセージ本文や添付ファイルのサイズは考慮されません。 ヘッダー フィールドはプレーン テキストであるため、ヘッダーのサイズは各ヘッダー フィールドの文字数とヘッダー フィールドの合計数によって決定されます。 テキストの 1 文字のサイズは 1 バイトです。

制限の適用範囲

次の表は、組織、コネクタ、サーバー、メールボックスの各レベルでのメッセージ制限、および Exchange 管理センター (EAC) または Exchange 管理シェル での制限の構成方法に関する情報を示しています。 オンプレミスの Exchange 組織で Exchange 管理シェルを開く方法については、「 Open the Exchange Management Shell」をご覧ください。

組織における制限

組織の制限は、組織内に存在する Exchange 2019 サーバー、Exchange 2016 サーバー、Exchange 2013 メールボックス サーバー、および Exchange 2010 ハブ トランスポート サーバーに適用されます。 エッジ トランスポート サーバーでは、構成した組織の制限はすべてローカル サーバーに適用されます。

注意

組織の制限は、外部の送信者および外部受信者 (匿名または認証されていない送信者または受信者) にも適用されます。

  • 外部送信者からの受信メッセージの場合、Exchange は組織の最大送信メッセージ サイズ制限 (「受信者の制限」セクションで説明されている最大受信メッセージ サイズ制限が内部受信者に適用されます) を適用します。

  • 外部受信者への送信メッセージの場合、Exchange は組織の最大受信メッセージ サイズ制限を適用します (「受信者の制限」セクションで説明されている最大送信メッセージ サイズの制限は内部送信者に適用されます)。

したがって、メッセージ サイズは、送信者と受信者の両方のメッセージ サイズ制限内にある必要があります。 この概念については、このトピックの「メッセージ サイズ制限の優先順位と配置の順序」セクションでも説明します。

サイズの制限 既定値 EAC の構成 Exchange 管理シェル 構成
受信するメッセージの最大サイズ 10 MB メール フロー >受信コネクタ >その他のオプション [その他のオプション] アイコン。 >組織のトランスポート設定 >[制限] タブ > 最大受信メッセージ サイズ (MB) コマンドレット: Set-TransportConfig
パラメーター: MaxReceiveSize
送信するメッセージの最大サイズ 10 MB メール フロー >受信コネクタ >その他のオプション [その他のオプション] アイコン。 >組織のトランスポート設定 > >制限 最大送信メッセージ サイズ (MB) コマンドレット: Set-TransportConfig
パラメーター: MaxSendSize
メッセージあたりの最大受信者数 500 メール フロー >受信コネクタ >その他のオプション [その他のオプション] アイコン。 >組織のトランスポート設定 >制限 受信者の最大数 コマンドレット: Set-TransportConfig
パラメーター: MaxRecipientEnvelopeLimit
メール フロー ルールの条件に一致するメッセージの最大添付ファイル サイズ (トランスポート ルールとも呼ばれる) 未構成 メール フロー >ルール >追加 アイコンを追加します。 >新しいルールを作成するか、既存のルールを選択し、[編集] アイコンをクリックします
[その他のオプション] をクリックします。
[任意の添付 ファイルのサイズ > >が等しいかそれ以上の場合は、このルールを適用する] という条件を使用し、値をキロバイト (KB) で入力します。
コマンドレット: New-TransportRuleSet-TransportRule
パラメーター: AttachmentSizeOver
メール フロー ルールの条件に一致するメッセージの最大メッセージ サイズ 未構成 メール フロー >ルール >追加 アイコンを追加します。 >新しいルールを作成するか、既存のルールを選択し、[編集] アイコン クリックします
[その他のオプション] をクリックします。
[このルールを適用する] > [メッセージ] > [サイズが次の値以上である] の条件を使用して、値をキロバイト (KB) で入力します。
コマンドレット: New-TransportRuleSet-TransportRule
パラメーター: MessageSizeOver

これらの組織の制限の値を確認するには、Exchange 管理シェル で次のコマンドを実行します。

Get-TransportConfig | Format-List MaxReceiveSize,MaxSendSize,MaxRecipientEnvelopeLimit
Get-TransportRule | where {($_.MessageSizeOver -ne $null) -or ($_.AttachmentSizeOver -ne $null)} | Format-Table Name,MessageSizeOver,AttachmentSizeOver

コネクタ制限

コネクタにおける制限は、指定した送信コネクタ、受信コネクタ、配信エージェント コネクタ、または外部コネクタをメッセージ配信のために使用するすべてのメッセージに適用されます。

組織内の Active Directory サイト リンクには、特定のメッセージ サイズの制限を割り当てることができます。メールボックス サーバー上のトランスポート サービスは、Active Directory サイト、および Active Directory IP サイト リンクに割り当てられたコストを、組織内の Exchange 間での最小コストのルーティング パスを決定する要因の 1 つとして使用します。

組織内での SMTP 以外のメッセージの送信に使用する配信エージェント コネクタと外部コネクタには、特定のメッセージ サイズ制限を割り当てることができます。

サイズの制限 既定値 EAC の構成 Exchange 管理シェル 構成
受信コネクタ経由で送信されるメッセージの最大サイズ 36 MB メール フロー >受信コネクタ >編集 [編集] アイコン。 >全般 >最大受信メッセージ サイズ (MB) コマンドレット: New-ReceiveConnectorSet-ReceiveConnector
パラメーター: MaxMessageSize
受信コネクタ経由で送信されるメッセージのすべてのヘッダー フィールドの最大サイズ 256 KB 使用不可 コマンドレット: New-ReceiveConnectorSet-ReceiveConnector
パラメーター: MaxHeaderSize
受信コネクタ経由で送信されるメッセージあたりの最大受信者数 メールボックス サーバー上のトランスポート サービス
既定値 <ServerName>: 5000
クライアント プロキシ <ServerName>: 200
メールボックス サーバー上のフロントエンド トランスポート サービス
既定のフロントエンド <ServerName>: 200
送信プロキシフロントエンド <ServerName>: 200
クライアント フロントエンド <ServerName>: 200
匿名の送信者 (インターネットからの送信者など) からのメッセージで、この受信者数を超えている場合、そのメッセージは最初の 200 人の受信者が受け付けられます。ほとんどのメッセージング サーバーでは、すべての受信者にメッセージが送信されるまで、200 人ずつのグループでメッセージが繰り返し送信されます。
使用不可 コマンドレット: New-ReceiveConnectorSet-ReceiveConnector
パラメーター: MaxRecipientsPerMessage
送信コネクタ経由で送信されるメッセージの最大サイズ 10 MB メール フロー >送信コネクタ >編集 [編集] アイコン。 >[全般] > タブ [最大送信メッセージ サイズ (MB) コマンドレット: New-SendConnectorSet-SendConnector
パラメーター: MaxMessageSize
Active Directory サイト リンク経由で送信されるメッセージの最大サイズ 無制限 使用不可 コマンドレット: Set-AdSiteLink
パラメーター: MaxMessageSize
配信エージェント コネクタ経由で送信するメッセージの最大サイズ 無制限 使用不可 コマンドレット: New-DeliveryAgentConnectorSet-DeliveryAgentConnector
パラメーター: MaxMessageSize
外部コネクタ経由で送信されるメッセージの最大サイズ 無制限 使用不可 コマンドレット: Set-ForeignConnector
パラメーター: MaxMessageSize

これらのコネクタの制限の値を確認するには、Exchange 管理シェル で次のコマンドを実行します。

Get-ReceiveConnector | Format-Table Name,Max*Size,MaxRecipientsPerMessage; Get-SendConnector | Format-Table Name,MaxMessageSize; Get-AdSiteLink | Format-Table Name,MaxMessageSize; Get-DeliveryAgentConnector | Format-Table Name,MaxMessageSize; Get-ForeignConnector | Format-Table Name,MaxMessageSize

サーバー制限

サーバーにおける制限は、特定のメールボックス サーバーまたはエッジ トランスポート サーバーに適用されます。このメッセージのサイズ制限は、それぞれのメールボックス サーバーまたはエッジ トランスポート サーバーで個別に設定できます。

サイズの制限 既定値 EAC の構成 Exchange 管理シェル 構成
Web 上の Outlook クライアントから送信されるメッセージの最大サイズ 35 MB 使用不可 この値はメールボックス サーバー上の web.config XML アプリケーション構成ファイルで構成します。詳細については、「クライアント固有のメッセージのサイズ制限を構成する」 を参照してください。
Exchange ActiveSync クライアントから送信されるメッセージの最大サイズ 10 MB 使用不可 この値はメールボックス サーバー上の web.config XML アプリケーション構成ファイルで構成します。詳細については、「クライアント固有のメッセージのサイズ制限を構成する」 を参照してください。
Exchange Web サービス クライアントから送信されるメッセージの最大サイズ 64 MB 使用不可 この値はメールボックス サーバー上の web.config XML アプリケーション構成ファイルで構成します。詳細については、「クライアント固有のメッセージのサイズ制限を構成する」 を参照してください。

エッジ トランスポート サーバーとメールボックス サーバーで使用されるピックアップ ディレクトリでは、構成可能なメッセージ サイズの制限もあります。 通常、ピックアップ ディレクトリは、日常的なメール フローでは使用されません。 管理者がメール フローのテストに使用したり、独自のメッセージ ファイルを作成して送信する必要のあるアプリケーションによって使用されたりします。 詳細については、「ピックアップ ディレクトリと 再生ディレクトリの構成」を参照してください

  • ピックアップ ディレクトリに置かれるメッセージ ファイル内のすべてのヘッダー フィールドの最大サイズ:64 KB。

  • ピックアック ディレクトリに置かれるメッセージ ファイルあたりの最大受信者数:100。

受信者の制限

受信者の制限は、メールボックス、メール連絡先、メール ユーザー、配布グループ、メールが有効なパブリック フォルダーなどの特定のユーザー オブジェクトに適用されます。

サイズの制限 既定値 EAC の構成 Exchange 管理シェル 構成
特定の受信者に送信できるメッセージの最大サイズ サイト メールボックスのプロビジョニング ポリシー:36 MB
他のすべての受信者の種類: 制限なし
メールボックスの場合:
>受信者 >メールボックス 編集 [編集] アイコン。 >メールボックスの機能 >[メール フロー] セクション > [メッセージ サイズの制限] セクション [>受信したメッセージの詳細の>表示 ] セクション [>最大メッセージ サイズ (KB)
メール ユーザーの場合:
>受信者 連絡先 >編集 [編集] アイコン > [メール フローの設定 > ] [メッセージ サイズの>制限] [受信したメッセージの>詳細 ] セクション [>最大メッセージ サイズ (KB) ]
その他の受信者の種類についても、この設定が EAC で使用可能です。
コマンドレット:
Set-DistributionGroup
Set-DynamicDistributionGroup
Set-Mailbox
Set-MailContact
Set-MailUser
Set-MailPublicFolder
New-SiteMailboxProvisioningPolicy
Set-SiteMailboxProvisioningPolicy
パラメーター: MaxReceiveSize
特定の送信者が送信できるメッセージの最大サイズ 無制限 メールボックスの場合:
>受信者 >メールボックス 編集 [編集] アイコン。 >メールボックスの機能 >[メール フロー] セクション > [メッセージ サイズの制限] セクション [>詳細 を表示する>] [ 送信されたメッセージ] セクション最大>メッセージ サイズ (KB)
メール ユーザーの場合:
>受信者 連絡先 >編集 [編集] アイコン > [メール フローの設定 > ] [メッセージ サイズの制限] セクション [>詳細を表示 する>] [送信された メッセージ] セクション > [最大メッセージ サイズ (KB)
その他の送信者の種類についても、この設定が EAC で使用可能です。
コマンドレット:
Set-DistributionGroup
Set-DynamicDistributionGroup
Set-Mailbox
Set-MailContact
Set-MailUser
Set-MailPublicFolder
パラメーター: MaxSendSize
特定の送信者から送信されたメッセージあたりの最大受信者数 無制限 メールボックスの場合:
>受信者 >メールボックス 編集 [編集] アイコン > メールボックス機能 > [メール フロー] セクション [>詳細を表示する受信者 > の制限] セクション [>最大受信者数]
この設定はメール ユーザーの EAC では使用できません。
コマンドレット:
Set-MailboxSet-MailUser
パラメーター: RecipientLimits

これらの制限の値を確認するため、Exchange 管理シェル の受信者の種類に対応する Get- コマンドレットを実行します。

たとえば、特定のメールボックスに構成されている制限を表示するには、次のコマンドを実行します。

Get-Mailbox <MailboxIdentity> | Format-List MaxReceiveSize,MaxSendSize,RecipientLimits

すべてのユーザー メールボックスに構成されている制限を表示するには、次のコマンドを実行します。

$mb= Get-Mailbox -ResultSize unlimited; $mb | where {$_.RecipientTypeDetails -eq 'UserMailbox'} | Format-Table Name,MaxReceiveSize,MaxSendSize,RecipientLimits

メッセージ サイズの制限の優先順位と配置

メッセージ サイズの制限の優先順位には、最も厳しい制限を適用します。その場合考慮すべき点は、どこに制限を適用するかです。これは、できるだけトランスポート パイプラインの早い段階で、大きすぎるメッセージを拒否することを目標としています。たとえば、インターネット受信コネクタで大きいメッセージを受け取っても、組織の制限値が低いためにそのメッセージは最終的には拒否されるため、システム リソースが無駄になります。組織、サーバー、コネクタの制限がメッセージの不要な処理を最小限にするように構成されていることを確認します。これは、すべての場所で同じ制限を維持するか、Exchange 組織がメッセージを受け入れる場所でさらに厳しい制限を構成することによって確認します。

注文の例外は、メール フロー ルールのメールボックスとメッセージ サイズの制限に対するメッセージ サイズの制限です。 Exchange では、メール フロー ルールでメッセージが処理される前に、メールボックスで許可されている最大メッセージ サイズを確認します。 たとえば、組織のメッセージ サイズの制限が 50 MB の場合、メールボックスの制限に 35 MB を構成し、40 MB を超えるメッセージを検出して拒否するメール フロー ルールを構成します。 外部送信者が 45 MB のメッセージをメールボックスに送信すると、メール フロー ルールがメッセージを評価する前にそのメッセージが拒否されます。

認証された送信者と受信者の間 (通常は、内部メッセージの送信者と受信者) での受信者の制限は、組織のメッセージ サイズの制限から除外されます。したがって、特定の送信者と受診者については、組織の既定のメッセージ サイズの制限を超えるように構成できます。たとえば、特定のメールボックスに対しカスタムの送受信の制限を構成することで、そのメールボックスが、組織の他の部分よりサイズの大きなメッセージを送受信できるようになります。

ただし、この例外は認証された送信者と受診者 (通常は内部の送信者と受診者) の間で送信されたメッセージにのみ適用されます。匿名の送信者と受信者間で送信されるメッセージ (通常、インターネット経由の送信者インターネット経由の受信者) の場合は、組織の制限が適用されます。たとえば、組織のメッセージ サイズの制限が 10 MB の組織で、マーケティング部門のユーザーには 50 MB までのメッセージの送受信を許可するように構成したとします。これらのユーザーは、相互にサイズの大きいメッセージを交換できますが、インターネット経由の送信者と受診者 (認証されていない送信者と受診者) とはメッセージを交換できません。

受信者の制限が一緒に機能する方法

メッセージの受信者の制限は、次の 2 つの場所で適用されます。

  • 受信コネクタ MaxRecipientsPerMessage が適用される電子メール転送中のプロトコル レベル。

  • MaxRecipientEnvelopeLimit が適用される分類中のトランスポート レベル。

メールボックス レベル の RecipientLimits も用意されています。トランスポート レベル の MaxRecipientEnvelopeLimit を上書きし、メッセージの分類中にも適用されます。 メールボックス レベル RecipientLimits unlimited が (既定値) に設定されている場合、メールボックスのメッセージあたりの最大受信者数は、トランスポート レベル の MaxRecipientEnvelopeLimit によって制御 されます。

受信メールの場合、受信コネクタ MaxRecipientsPerMessage が最初に検証されます。 ただし、受信者の数が制限を超えた場合、メッセージは拒否されません。接続はエラーを受け取ります。 452 4.5.3 Too many recipients ほとんどのメール サーバーは、このエラーを理解し、メッセージがすべての受信者に配信されるまで、別の接続でメッセージを再送信し続けるでしょう。

受信コネクタ MaxRecipientsPerMessage は、認証済みおよび匿名の SMTP クライアント申請に適用されます。 ただし、Exchangeサーバーが同じ組織内の別の Exchange サーバーを介して電子メールを中継すると、受信コネクタ MaxRecipientsPerMessage がバイパスされます。

メッセージが受け入れ、電子メールがカテゴライザーに送信される場合、メールボックス レベル の RecipientLimits ( unlimited設定されていない場合) またはトランスポート レベル の MaxRecipientEnvelopeLimit がチェックされます。 受信者の数がこの制限を超えると、メッセージは拒否され、バウンス メッセージがエラーと一緒に送信されます 550 5.5.3 RESOLVER.ADR.RecipLimit; too many recipients

シナリオの例を次に示します。

受信コネクタは MaxRecipientsPerMessage 100 に設定され、トランスポート MaxRecipientEnvelopeLimit レベルは 500 に設定されます。 これで、受信メールを 1000 人の受信者に送信した場合、受信コネクタの制限により、送信側サーバーは各メッセージに 100 人の受信者を含む 10 MaxRecipientEnvelopeLimitチャンクのメールを強制的に送信し、トランスポート カテゴライザーの設定よりも低くなります。

サイズ制限が適用されないメッセージ

次の一覧では、メールボックス サーバーまたはエッジ トランスポート サーバーから生成され、すべてのメッセージ サイズの制限から除外されるメッセージの種類を示しています。メッセージあたりの最大受信者数に関する組織の制限については除外されません。

  • システム メッセージ

  • エージェントが生成するメッセージ

  • 配信状態通知 (DSN) メッセージ (配信不能レポート、NDR、またはバウンス メッセージとも呼ばれる)。 ただし、Set-TransportConfig コマンドレットの ExternalDsnMaxMessageAttachSize パラメーターと InternalDsnMaxMessageAttachSize パラメーターを使用して、DSN メッセージに含まれる元のメッセージのサイズを制限できます (したがって、DSN メッセージ自体の有効なサイズ)。

  • ジャーナル レポート メッセージ

  • 隔離されたメッセージ