Azure Data Studio のダウンロードとインストール

Azure Data Studio は、一般的なクラウドとオンプレミスのデータベースに接続できる軽量のクロスプラットフォーム データ管理および開発者ツールです。 Azure Data Studio では、Windows、macOS、および Linux がサポートされており、Azure SQL および SQL Server にすぐに接続できます。 拡張機能ライブラリを参照し、MySQL、PostgreSQL、Cosmos DB などのその他のデータベース サポート オプションを確認します。

Azure Data Studio で使い慣れたインターフェイスでは、IntelliSense、コード スニペット、ソース管理統合、統合ターミナルなどの、最新のエディター エクスペリエンスが提供されています。 データ プラットフォーム ユーザーを念頭に置いて設計された拡張性により、ユーザーは、データベースの移行、グラフ作成、GitHub Copilot などのワークフローに関連する拡張機能をインストールすることで、エクスペリエンスをカスタマイズできます。

Azure Data Studio を使用すると、データベースとデータ ウェアハウスがローカル コンピューターやクラウドなど、どこにあっても、クエリ、設計、および管理ができます。

Azure Data Studio の詳細については、「Azure Data Studio とは」を参照してください。

Azure Data Studio のダウンロード

Azure Data Studio 1.47.1 は、最新の一般提供 (GA) バージョンです。

  • リリース番号: 1.47.1
  • リリース日: 2024 年 1 月 10 日
プラットフォーム ダウンロード
Windows ユーザー インストーラー x64ARM64
システム インストーラー x64ARM64
.zip x64ARM64
macOS .zip UniversalIntel ChipApple Silicon
Linux .tar.gz x64
.deb x64
.rpm1 x64

1 RHEL へのインストールに関する既知の問題があります。 詳しくは、リリース ノートのページをご覧ください。

コメントや提案がある場合、または Azure Data Studio のダウンロードに関する問題を報告する場合は、Azure Data Studio フィードバック ページでチームにイシューを報告してください。

Azure Data Studio をインストールする

Windows インストール

重要

SQL Server Management Studio (SSMS) 18.7 以降、Azure Data Studio は SSMS と共に自動的にインストールされます。 SQL Server Management Studio のユーザーは、Azure Data Studio のイノベーションや機能を活用できるようになりました。 Azure Data Studio は、ご利用の環境 (クラウド、オンプレミス、ハイブリッドのいずれでも) に対応するクロスプラットフォームのオープン ソース デスクトップ ツールです。

Azure Data Studio の詳細については、「Azure Data Studio とは?」または FAQ に関するページを参照してください。

Azure Data Studio のこのリリースには、標準の Windows インストーラーのエクスペリエンスと、.zip ファイルが含まれています。

ユーザーインストールプロラムをお勧めします。これはインストールと更新を簡略化し、管理者権限を必要としません。なぜなら、インストール場所はユーザーのローカル AppData(LOCALAPPDATA)フォルダーにあるためです。

また、ユーザーインストーラーでは、より滑らかなバックグラウンドの更新エクスペリエンスも提供されます。 詳細については、Windows 用のユーザーのセットアップに関するセクションを参照してください。

ユーザー インストーラー (推奨)

  1. Windows 用の Azure Data Studio ユーザー インストーラーをダウンロードして実行します。

  2. Azure Data Studio アプリを起動します。

Azure Data Studio の新機能

Azure Data Studio の最新リリースの詳細については、「 Azure Data Studio のリリース ノート」を参照してください。

Azure Data Studio の Insider ビルドをダウンロードする

別の方法として、ベータ版の機能を試して、フィードバックを送信する場合は、Azure Data Studio の Insider ビルドをダウンロードすることもできます。

サポートされるオペレーティング システム

Azure Data Studio は Windows、macOS、Linux 上で実行されます。 次のバージョンがサポートされています。

  • Windows: 10 以降のバージョン
  • Windows Server: 2016、2019、2022
  • macOS: 10.12 (Sierra) 以降のバージョン
  • Linux: Debian 9 以降、RHEL 7 以降、SLES 15、Ubuntu 18.04 以降

注意

メジャー オペレーティング システム リリース内の増分バージョンは、オペレーティング システムでサポートされなくなる可能性があります。 該当する更新プログラムを確実に受け取るようにするには、オペレーティング システムのドキュメントを参照してください。

システム要件

要件レベル CPU コア数 RAM メモリ
推奨 4 8 GB
最小値 2 4 GB

更新プログラムをチェックする

最新の更新プログラムを確認するには、左側のペインで、 [管理] (歯車) を選択し、 [更新プログラムの確認] を選択します。

環境の更新プログラムをオフラインで適用するには、前にインストールされていたバージョンの上に直接最新バージョンをインストールします。 以前のバージョンの Azure Data Studio をアンインストールする必要はありません。 以前のバージョンがある場合は、自動的に最新バージョンに更新されます。

アンインストール

Windows

Windows インストーラーを使用して Azure Data Studio をインストールした場合は、Windows アプリケーションでの方法と同じ方法でアンインストールします。

.zip ファイルまたはその他のアーカイブを使用して Azure Data Studio をインストールした場合は、そのファイルを削除します。

Azure Data Studio の詳細については、次のリソースを参照してください。

ドキュメントへの投稿

コンテンツを自分で編集できることはご存じですか。 これにより、ドキュメントが改善されるだけでなく、ページの共同作成者としてもクレジットされます。

詳細については、Microsoft Learn のドキュメントを参照してください。

Microsoft プライバシー ステートメント」および「Azure Data Studio のデータ コレクションを有効または無効にする」