Azure Stack HCI および Windows Server クラスター上でボリュームを削除する

適用対象: Azure Stack HCI バージョン 21H2 および 20H2、Windows Server 2022、Windows Server 2019、Windows Server 2016

この記事では、Windows Admin Center または PowerShell を使用してボリュームを削除する方法について説明します。

Windows Admin Center を使用してボリュームを削除する

  1. Windows Admin Center で、クラスターに接続し、左側の [ツール] ウィンドウで [ボリューム] を選択します。

  2. [ボリューム] ページで [インベントリ] タブを選択し、削除するボリュームを選択します。

  3. ボリュームの詳細ページの上部で、 [削除] を選択します。

  4. 確認のダイアログで、ボリュームの削除を確認するチェック ボックスをオンにして、 [削除] を選択します。

    Select the volume that you want to delete, select delete, and then confirm that you want to erase all the data on the volume.

PowerShell を使用してボリュームを削除する

VirtualDisk オブジェクトを削除し、それが使用していた領域を、VirtualDisk オブジェクトを公開する記憶域プールに返すには、Remove-VirtualDisk コマンドレットを使用します。

まず、管理 PC で PowerShell を起動し、Get-VirtualDisk コマンドレットを CimSession パラメーターを指定して実行します。このパラメーターは、クラスターまたはサーバー ノードの名前 (例: clustername.contoso.com) です。

Get-VirtualDisk -CimSession clustername.contoso.com

これにより、クラスター上のボリューム名に対応する、 -FriendlyName パラメーターに使用可能な値の一覧が返されます。

Volume1 というミラー ボリュームを削除するには、PowerShell で次のコマンドを実行します。

Remove-VirtualDisk -FriendlyName "Volume1"

操作を実行してボリュームに含まれるすべてのデータを消去するかどうかを確認するメッセージが表示されます。 Y または N を選択します。

警告

これは回復可能な操作ではありません。 この例では、VirtualDisk Volume オブジェクトが完全に削除されます。

次のステップ

その他の重要な記憶域管理タスクの詳細な手順については、以下も参照してください。