Azure Advisor を使用してアプリケーションの信頼性を向上させる

Azure Advisor を使用して、ビジネスに不可欠なアプリケーションの継続稼働を保証し、さらに向上させることができます。 信頼性に関する推奨事項は、Azure Advisorの [信頼性] タブで取得できます。

Check Point ネットワーク仮想アプライアンス イメージのバージョンを確認する

Advisor では、プラットフォームのサービス操作中にネットワーク接続が失われることがわかっているバージョンの Check Point イメージを仮想マシンが実行しているかどうかを特定できます。 Advisor の推奨事項は、この問題に対処する新しいバージョンのイメージにアップグレードするのに役立ちます。 この検査により、より安定したネットワーク接続によってビジネスの継続性が確保されます。

アプリケーション ゲートウェイのフォールト トレランスを確保する

この推奨事項により、アプリケーション ゲートウェイを備えるミッション クリティカルなアプリケーションのビジネス継続性が確保されます。 Advisor は、フォールト トレランス用に構成されていないアプリケーション ゲートウェイ インスタンスを識別します。 その後、実行できる修復アクションが提案されます。 Advisor は、中規模または大規模な単一インスタンス アプリケーション ゲートウェイを識別し、少なくとも 1 つ以上のインスタンスを追加することを推奨します。 また、単一インスタンスおよびマルチインスタンスの小規模アプリケーション ゲートウェイを識別し、中規模または大規模な SKU に移行することを推奨します。 Advisor が推奨するこれらの修復アクションにより、アプリケーション ゲートウェイ インスタンスがこれらのリソースの現在の SLA 要件を満たすように構成されるようになります。

誤って削除されないように、仮想マシンのデータを保護する

仮想マシンのバックアップを設定することにより、ビジネス クリティカルなデータの可用性が確保され、偶発的な削除または破損からデータを保護します。 Advisor は、バックアップが有効になっていない仮想マシンを識別し、バックアップを有効にすることを推奨します。

必要な時に Azure の専門家を利用できるようにする

Bus Critical なワークロードを実行している場合、必要な時にサポート チームを利用できるようにしておくことが重要です。 Advisor は、サポート プランにサポート チームが含まれていない Bus Critical なサブスクリプションを特定します。 サポート チームを含むオプションにアップグレードすることが推奨されます。

Azure の問題による影響を受けるときに通知される Azure Service Health アラートを作成する

Azure サービスの問題による影響を受けるときに通知される Azure Service Health アラートを設定することをお勧めします。 Azure Service Health は、Azure サービスの問題による影響を受ける場合に、カスタマイズされたガイダンスとサポートを提供する無料サービスです。 Advisor はアラートが構成されていないサブスクリプションを識別し、構成するように推奨します。

回復性を考慮して Traffic Manager エンドポイントを構成する

複数のエンドポイントを含む Azure Traffic Manager プロファイルは、いずれかのエンドポイントに障害が発生した場合でも高い可用性が確保されます。 エンドポイントを複数の異なるリージョンに配置すると、サービスの信頼性がさらに向上します。 Advisor はエンドポイントが 1 つだけの Traffic Manger プロファイルを識別し、別のリージョンに少なくとも 1 つのエンドポイントを追加することを推奨します。

近接ルーティング用に構成されている Traffic Manager プロファイル内のエンドポイントがすべて同じリージョン内にある場合、他のリージョンのユーザーに対しては接続の遅延が発生する可能性があります。 別のリージョンにエンドポイントを追加または移動すると、一方のリージョン内のすべてのエンドポイントに障害が発生した場合でも全体的なパフォーマンスと可用性が向上します。 Advisor は、近接ルーティング用に構成されていて、すべてのエンドポイントが同じリージョン内にある Traffic Manager プロファイルを識別します。 別の Azure リージョンへのエンドポイントの追加または移動を推奨します。

Traffic Manager プロファイルが地理的なルーティング用に構成されている場合は、定義済みのリージョンに基づいてトラフィックがエンドポイントにルーティングされます。 リージョンで障害が発生した場合、定義済みのフェールオーバーはありません。 [リージョンのグループ化] が [すべて (世界)] に構成されたエンドポイントがある場合、トラフィックのドロップを回避し、サービスの可用性を向上させることができます。 Advisor は、地理的なルーティング用に構成されていて、[リージョンのグループ化] が [すべて (世界)] に構成されたエンドポイントがない Traffic Manager プロファイルを識別します。 エンドポイントが [すべて (世界)] になるように構成を変更することが推奨されます。

Azure ストレージ アカウントでデータの論理的な削除を使用し、データを誤って上書きまたは削除した後にデータを保存して復旧する

ストレージ アカウントで論理的な削除を有効にすると、削除された BLOB は完全には削除されずに、論理的に削除された状態に切り替わります。 データを上書きした場合、上書きされたデータの状態を保存するために、論理的に削除されたスナップショットが生成されます。 論理的な削除を使用すると、不注意な削除や上書きから回復できます。 Advisor によって、論理的な削除が有効になっていない Azure ストレージ アカウントが特定され、有効にするように提案が行われます。

接続の回復性を高めるために VPN ゲートウェイをアクティブ/アクティブに構成する

アクティブ/アクティブ構成では、VPN ゲートウェイの両方のインスタンスが、オンプレミスの VPN デバイスへの S2S VPN トンネルを確立します。 計画メンテナンス イベントまたは計画外のイベントが 1 つのゲートウェイ インスタンスで発生すると、トラフィックはもう 1 つのアクティブな IPsec トンネルに自動的に切り替えられます。 Azure Advisor では、アクティブ/アクティブとして構成されていない VPN ゲートウェイが識別され、それらを高可用性のために構成することが推奨されます。

運用環境の VPN ゲートウェイを使用して運用ワークロードを実行するには

Azure Advisor では、Basic SKU を使用するすべての VPN ゲートウェイが確認され、代わりに運用 SKU を使用することが推奨されます。 Basic SKU は、開発とテスト向けに設計されています。 運用環境の SKU は以下を提供します。

  • より多くのトンネル。
  • BGP のサポート。
  • アクティブ/アクティブ構成のオプション。
  • カスタム IPsec/IKE ポリシー。
  • 高い安定性と可用性。

VNet NATを使用して信頼性の高い送信接続を確保する

Standard Load Balancerやその他のAzureリソースが提供するデフォルトのアウトバウンド接続を使用すると、接続障害(SNATポートの枯渇とも呼ばれる)が発生するため、本番環境のワークロードでは推奨されません。 推奨される方法は、この点で接続の失敗を防ぐ VNet NAT を使用する方法です。 NAT をシームレスにスケーリングして、アプリケーションがポートをアウトしたことがないことを確認できます。 VNet NAT の詳細を確認してください

仮想マシンのフォールト トレランスを確保する (一時的に無効)

アプリケーションに冗長性を持たすために、1 つの可用性セット内に 2 つ以上の仮想マシンをグループ化することをお勧めします。 Advisor は、可用性セットの一部ではない仮想マシンを識別し、それらをその 1 つに移動することを推奨します。 このような構成により、計画済みまたは計画外のメンテナンスにおいて、少なくとも 1 台の仮想マシンが利用可能となり、Azure 仮想マシンの SLA が満たされます。 仮想マシンの可用性セットを作成するか、既存の可用性セットに仮想マシンを追加するかを選択できます。

注意

可用性セットを作成する場合は、少なくとも 1 台以上の仮想マシンをそれに追加する必要があります。 2 台以上の仮想マシンを 1 つの可用性セットにグループ化して、障害の発生時に少なくとも 1 台のマシンを使用できるようにしておくことをお勧めします。

可用性セットのフォールト トレランスを確保する (一時的に無効)

アプリケーションに冗長性を持たすために、1 つの可用性セット内に 2 つ以上の仮想マシンをグループ化することをお勧めします。 Advisor は、1 台の仮想マシンのみを含む可用性セットを識別し、そのセットにさらに仮想マシンを追加することを推奨します。  このような構成により、計画済みまたは計画外のメンテナンスにおいて、少なくとも 1 台の仮想マシンが利用可能となり、Azure 仮想マシンの SLA が満たされます。  仮想マシンを作成するか、既存の仮想マシンを可用性セットに追加するかを選択できます。 

データの信頼性を向上させるためにマネージド ディスクを使用する

ストレージアカウントまたはストレージスケールユニットを共有するディスクを使用する可用性セット内の仮想マシンは、障害発生時の単一の記憶域スケールユニット障害に対する回復力がありません。 Azure managed disks に移行して、可用性セット内の異なる VMのディスクが、単一障害点を回避するために十分に分離されていることを確認します。

無効なログ アラート ルールを修復する

Azure Advisor は、条件セクションに無効なクエリが指定されたログ アラート ルールを検出します。 Azure Monitor のログ アラート ルールでは、指定された頻度でクエリが実行され、その結果に基づいてアラートが発信されます。 クエリは、参照されるリソース、テーブル、またはコマンドの変更のために、時間の経過と共に無効になることがあります。 Advisor では、ルールが自動的に無効にならないようにすると共に、監視対象が確実にカバーされるよう、アラート クエリに対する修正が推奨されます。 詳細については、アラート ルールのトラブルシューティングに関する記事をご覧ください

Azure Cosmos DB コレクションで同期 (Consistent) インデックス モードを構成する

Azure Cosmos DB コンテナーを非同期 (Lazy) インデックス作成モードで構成すると、クエリの結果の鮮度に影響を与える場合があります。 Advisor は、この方法で構成されたコンテナーを検出し、同期 (Consistent) モードに切り替えることを推奨します。 Azure Cosmos DB でのインデックス作成ポリシーの詳細を確認してください。

パーティション キーを使用して Azure Cosmos DB コンテナーを構成する

Azure Advisor は、プロビジョニングされたストレージ クォータに近づいている Azure Cosmos DB のパーティション分割されていないコレクションを識別します。 サービスによって自動的にスケール アウトできるように、これらのコレクションをパーティション キーが定義された新しいコレクションに移行するように推奨されます。 パーティション キーの選択の詳細を確認してください。

Azure Cosmos DB .NET SDK を NuGet からの最新バージョンにアップグレードする

Azure Advisor は、古いバージョンの .NET SDK を使用している Azure Cosmos DB アカウントを識別します。 最新の修正、パフォーマンスの向上、機能を入手するため、NuGet から最新バージョンにアップグレードすることが推奨されます。 Azure Cosmos DB の .NET SDK の詳細を確認してください。

Azure Cosmos DB Java SDK を Maven からの最新バージョンにアップグレードする

Azure Advisor は、古いバージョンの Java SDK を使用している Azure Cosmos DB アカウントを識別します。 最新の修正、パフォーマンスの向上、機能を入手するため、Maven から最新バージョンにアップグレードすることが推奨されます。 Azure Cosmos DB の Java SDK の詳細を確認してください。

Azure Cosmos DB Spark コネクタを Maven からの最新バージョンにアップグレードする

Azure Advisor は、古いバージョンの Azure Cosmos DB Spark コネクタを使用している Azure Cosmos DB アカウントを識別します。 最新の修正、パフォーマンスの向上、機能を入手するため、Maven から最新バージョンにアップグレードすることが推奨されます。 Azure Cosmos DB Spark コネクタの詳細を確認してください。

HDInsight 4.0 で Kafka 2.1 への移行を検討する

2020 年 7 月 1 日から、Azure HDInsight 4.0 で Kafka 1.1 を使用して新しい Kafka クラスターを作成することはできません。 既存のクラスターはそのまま動作しますが、Microsoft からのサポートはありません。 システムやサポートが中断される可能性を回避するため、2020 年 6 月 30 日までに HDInsight 4.0 で Kafka 2.1 に移行することを検討してください。

HDInsight Spark クラスターでの Spark の古いバージョンのアップグレードを検討する

2020 年 7 月 1 日から、HDInsight 3.6 で Spark 2.1 または 2.2 を使用して新しい Spark クラスターを作成することはできません。 HDInsight 4.0 で Spark 2.3 を使用して新しい Spark クラスターを作成することはできません。 既存のクラスターはそのまま動作しますが、Microsoft からのサポートはありません。

仮想マシンのレプリケーションを有効にする

他のリージョンへのレプリケーションが有効になっていない仮想マシンは、リージョンの障害に対する回復性がありません。 仮想マシンをレプリケートすることによって、Azure リージョンの障害時にビジネスへの悪影響が低減されます。 Advisor は、レプリケーションが有効になっていない VM を検出し、有効にすることを推奨します。 レプリケーションを有効にすると、障害が発生した場合に、リモートの Azure リージョンで仮想マシンをすばやく起動できます。 仮想マシンのレプリケーションの詳細を確認してください。

最新バージョンの Azure Connected Machine エージェントにアップグレードする

Azure Connected Machine エージェントは、バグの修正、安定性の向上、および新機能を伴って定期的に更新されます。 最新バージョンのマシン エージェントで動作していないリソースを特定しました。この Advisor の推奨事項では、最適な Azure Arc エクスペリエンスを実現するために、エージェントを最新バージョンにアップグレードすることが推奨されています。

Web サイトの整合性を確保するためにホスト名を上書きしないでください

Advisor では、Application Gateway を構成する際、ホスト名を上書きしないようにすることが推奨されています。 Application Gateway のフロントエンドに、バックエンドへのアクセスに使用されるドメインとは異なるドメインを使用すると、Cookie やリダイレクト URL が壊れる可能性があります。 これはすべての状況に当てはまることではなく、一般にバックエンドの特定のカテゴリ (REST API など) はそれほど大きな影響を受けません。 バックエンドがこれに対応できることを確認するか、バックエンドに対してホスト名を上書きする必要がないように Application Gateway の構成を更新してください。 App Serviceで使用する場合は、Web アプリにカスタム ドメイン名をアタッチし、バックエンドにホスト名を *.azurewebsites.net 使用しないようにします。 カスタム ドメインの詳細を確認してください。

次のステップ

Advisor の推奨事項について詳しくは、以下を参照してください。