次の方法で共有


Azure AI Studio でプロジェクトを作成する

この記事では、Azure AI Studio でプロジェクトを作成する方法を説明します。 プロジェクトは、カスタマイズされた AI アプリの構築中に作業を整理し、状態を保存するために使用されます。

プロジェクトは、エンタープライズ レベルのセキュリティとコラボレーション環境を提供する Azure AI Studio ハブによってホストされます。 プロジェクトとリソース モデルの詳細については、Azure AI Studio ハブに関するページを参照してください。

プロジェクトの作成

Azure AI Studio でプロジェクトを作成するには、次の手順に従います。

  1. Azure AI Studioホーム ページに移動します。

  2. [+ New project] を選択します。

  3. プロジェクトの 名前 を入力します。

  4. プロジェクトをホストするためのハブをドロップダウンから選択します。 ハブにまだアクセスできない場合は、[Create a new hub] (新しいハブの作成) を選択します。

    [プロジェクトの作成] ダイアログ内のプロジェクトの詳細ページのスクリーンショット。

    Note

    ハブを作成するには、選択したリソース グループに対する所有者または共同作成者のアクセス許可が必要です。 ハブはチームと共有することをお勧めします。 これにより、データ接続などの構成をすべてのプロジェクトと共有し、セキュリティ設定と支出を一元的に管理できます。 ハブを作成するためのその他のオプションについては、Azure AI Studio ハブを作成および管理する方法に関するページを参照してください。 プロジェクト名は、同じハブを共有するプロジェクト間で一意にする必要があります。

  5. 新しいハブを作成する場合は、名前を入力します。

  6. [サブスクリプション] ドロップダウンで、ご自分の Azure サブスクリプションを選択します。 課金、アクセス、または管理上の理由から、プロジェクト用の特定の Azure サブスクリプションを選択します。 たとえば、これにより、プロジェクトへのサブスクリプション レベルのアクセスがユーザーとサービス プリンシパルに許可されます。

  7. [リソース グループ] は既定値のままにして、新しいリソース グループを作成します。 または、ドロップダウンから既存のリソース グループを選択することもできます。

    ヒント

    作業を開始する場合には特に、プロジェクトの新しいリソース グループを作成することをお勧めします。 これにより、プロジェクトとそのすべてのリソースをまとめて簡単に管理できます。 プロジェクトを作成すると、ハブ、コンテナー レジストリ、ストレージ アカウントなど、リソース グループに複数のリソースが作成されます。

  8. ハブの [場所] を入力し、[次へ] を選択します。 この場所は、ハブがホストされるリージョンです。 ハブの場所は、プロジェクトの場所でもあります。 Azure AI サービスの可用性はリージョンによって異なります。 たとえば、特定のモデルについては、リージョンによっては利用できない場合があります。

  9. ドロップダウンから既存の Azure AI サービス リソース (Azure OpenAI を含む) を選択するか、新しいリソースを作成します。

    [プロジェクトの作成] ダイアログ内の [リソースの作成] ページのスクリーンショット。

  10. [レビューと完了] ページに、レビューする Azure AI サービス リソース名とその他の設定が表示されます。

    [プロジェクトの作成] ダイアログ内の [レビューと完了] ページのスクリーンショット。

  11. プロジェクトの詳細を確認し、[Create a project] (プロジェクトの作成) を選択します。 リソースの作成の進行状況が表示され、プロセスが完了するとプロジェクトが作成されます。

    [プロジェクトの作成] ダイアログ内のリソースの作成の進行状況のスクリーンショット。

プロジェクトが作成されたら、左側のナビゲーション パネルでプレイグラウンド、ツール、その他のアセットにアクセスできます。

プロジェクト設定

プロジェクトの [設定] ページで、プロジェクト名、説明、プロジェクトをホストするハブなど、プロジェクトに関する情報を確認できます。 プロジェクト ID を見つけることもできます。これは、SDK または API でプロジェクトを識別するために使用されます。

AI Studio プロジェクト設定ページのスクリーンショット。

  • [名前]: プロジェクトの名前は、左側のパネルで選ばれているプロジェクトに対応します。
  • ハブ: プロジェクトをホストするハブ。
  • 場所: プロジェクトをホストするハブの場所。 サポートされている場所については、Azure AI Studio のリージョンに関する記事をご覧ください。
  • サブスクリプション: プロジェクトをホストするハブをホストするサブスクリプション。
  • リソース グループ: プロジェクトをホストするハブをホストするリソース グループ。

[Azure portal での管理] を選択して、Azure portal のプロジェクト リソースに移動します。

次のステップ