コストの最適化の柱の概要

コストの最適化の柱では、資本集約型ソリューションを回避して、コスト効率の高いワークロードを作成するための、ビジネス目標と予算の正当化のバランスを取る原則が提供されます。 コストの最適化とは、不要な費用を削減し、運用効率を向上させる方法を検討することです。

アーキテクチャに従量課金制の戦略を使用し、最初のバージョンに多額投資するのではなく、スケールアウトに投資します。 アーキテクチャにおける機会コストと、先発者の優位性と "ファスト フォロー" とのバランスを考慮します。 コスト計算ツールを使用して、初期コストと運用コストを見積もります。 最後に、ソリューションのコスト制限を設定するポリシー予算、コントロールを確立します。

Microsoft Azure Well-Architected Framework に含まれている原則を使用してワークロードを評価するには、「Microsoft Azure Well-Architected のレビュー」を参照してください。

Azure のコストの最適化についてさらに深く理解するには、次のビデオを視聴することをお勧めします。



トピック

Microsoft Azure Well-Architected Framework におけるコストの最適化の柱には、次のトピックが含まれています。

コストのトピック 説明
コスト要件を捕捉する 要件を慎重に列挙することで計画を開始します。 利害関係者のニーズに確実に対応してください。 ビジネス目標との整合性を高めるために、これらの領域は利害関係者が定義する必要があり、ベンダーから収集しないでください。
Azure リージョンのリソースのコスト Azure サービスのコストは、需要とローカル インフラストラクチャのコストに基づいて、地域間で異なる可能性があります。
ガバナンス ガバナンスをコスト管理に役立てる方法を理解します。 この作業は、継続的なコストの見直しプロセスに役立ち、新しいリソースにある程度の保護を提供します。
初期コストを見積もる ワークロードをクラウドにデプロイする前にコストを把握することは困難です。 オンプレミスの見積もり用の方法を使用したり、オンプレミスの資産をクラウド リソースに直接マップしたりすると、見積もりは不正確になります。
PaaS アーキテクチャの中で、サービスとしてのプラットフォーム (PaaS) オプションを採用するのが妥当である領域を探します。 これらのオプションには、キャッシュ、キュー、データ ストレージが含まれます。 PaaS により、サーバー、ストレージ、ネットワーク、およびその他のアプリケーション インフラストラクチャの管理にかかる時間とコストが削減されます。
従量課金プラン コストを見積もる際は、一般的に、ピーク時のスループットのワークロードを考慮します。 使用率が一貫して高い場合、使用量ベースの価格体系でのベースライン コストは、同等のプロビジョニング価格体系の場合ほど手際よく見積もることができません。
クラウド リソースをプロビジョニングする ワークロードのクラウド リソースをデプロイすると、コストを最適化できます。
コストを監視する Azure Cost Management には警告機能があります。 使用量がしきい値に達した時にアラートが生成されます。
コストを最適化する 適切なリソースとサイズを使用することで、ワークロードの監視と最適化を行います。
コストのトレードオフ ワークロードを設計する際には、コストの最適化と、セキュリティ、スケーラビリティ、回復力、運用性など、設計のその他の側面とのトレードオフを考慮します。

次のセクション

全体的な戦略をガイドするためのコストの最適化の原則を確認してください。