Azure Arc 対応 Kubernetes とは

Azure Arc 対応 Kubernetes を使用すると、任意の場所で実行されている Kubernetes クラスターをアタッチして構成することができます。 他のパブリック クラウド プロバイダー (GCP や AWS など) で実行されているクラスター、またはオンプレミスのデータ センター (VMware vSphere や Azure Stack HCI など) で実行されているクラスターを Arc プラットフォーム経由で Azure に接続できます。

Kubernetes クラスターを Azure に接続すると、そのクラスターは次のようになります。

  • Azure Resource Manager で一意の ID で表される
  • Azure サブスクリプションおよびリソース グループに配置される
  • 他の Azure リソースと同様にタグを追加できる

Azure Arc 対応 Kubernetes では、転送中のデータをセキュリティで保護する業界標準の SSL がサポートされます。 接続されたクラスター、クラスター拡張機能、およびカスタムの場所では、保存データは Azure Cosmos DB データベースに暗号化された状態で格納され、機密性が確保されます。

Azure Arc 対応 Kubernetes では、接続されたクラスターに対して次のシナリオがサポートされます。

注意

このサービスは Azure Lighthouse をサポートしているため、サービス プロバイダーは各自のテナントにサインインして、顧客から委任されたサブスクリプションやリソース グループを管理することができます。

サポートされている Kubernetes ディストリビューション

Azure Arc 対応 Kubernetes は、すべての Cloud Native Computing Foundation (CNCF) 認定 Kubernetes クラスターで動作します。 Azure Arc チームは、主要な業界パートナーと協力して、各 Kubernetes ディストリビューションと Azure Arc 対応 Kubernetes の適合性を検証してきました。

次の手順

既存の Kubernetes クラスターを Azure Arc に接続する方法を学習します。