Share via


Azure Cache for Redis での Redis コマンドライン ツールの使用

redis-cli コマンド ライン ツールを使用して、クライアントとして Azure Cache for Redis を操作します。 このツールを使用して、Azure Cache for Redis インスタンスを直接操作し、デバッグとトラブルシューティングを行います。

redis-cli をインストールする

redis-cli ツールは、複数のオペレーティング システムで使用できる "Redis パッケージ" と共に自動的にインストールされます。 お好みのオペレーティング システムに関する最も詳細なドキュメントについては、オープン ソースの Redis のインストール ガイドを参照してください。

Linux

redis-cli は Linux 上でネイティブに実行されます。ほとんどのディストリビューションには、redis-cli ツールを含む "Redis パッケージ" が含まれています。 たとえば、Ubuntu では、次のコマンドを使用して "Redis パッケージ" をインストールします。

sudo apt-get update
sudo apt-get install redis

Windows

Windows コンピューターで redis-cli を使用する最善の方法は、Linux 用 Windows サブシステム (WSL) をインストールすることです。 Linux サブシステムを使用すると、Windows 上で Linux ツールを直接実行できます。 WSL をインストールするには、WSL のインストール手順に従います。

WSL がインストールされたら、WSL 用に選択した Linux ディストリビューションで使用可能な任意のパッケージ管理を使って redis-cli をインストールできます。

キャッシュ アクセス情報を収集する

次の方法を使用して、キャッシュにアクセスするために必要な情報を収集できます。

このセクションでは、Azure portal からキーを取得します。

Azure portal からホスト名、ポート、アクセス キーを取得する

Azure Cache for Redis サーバーに接続するには、キャッシュ クライアントにキャッシュのホスト名、ポート、およびキーが必要です。 クライアントによっては、これらの項目を参照するための名前が若干異なる場合があります。 ホスト名、ポート、およびキーは Azure portal から取得できます。

  • アクセス キーを取得するには、[リソース] メニューから [認証] を選択します。 その後、[アクセス キー] タブを選択します。

    Azure Cache for Redis のキー

  • キャッシュのホスト名とポートを取得するには、[リソース] メニューから [概要] を選択します。 ホスト名は、<DNS 名>.redis.cache.windows.net の形式になります。

    Azure Cache for Redis のプロパティ

redis-cli を使用して接続する

"Redis パッケージ" がインストールされているコンピューターでシェルまたはターミナルを開きます。 WSL を使用する場合は、Windows ターミナルを使って Linux コマンド ラインを開くことができます。 redis-cli を使って接続する前に、次のことを確認します。

  1. TLS アクセスが必要かどうか - 既定では、Azure Cache for Redis インスタンスでは接続に TLS 暗号化が使用されます。 サーバー側で TLS が使用されている場合は常に、--tls オプションを使って redis-cli の TLS を有効にする必要があります。
  2. 使用されるポート - すべての Enterprise および Enterprise Flash レベルのキャッシュでポート 10000 が使われます。 しかし、Basic、Standard、Premium レベルのキャッシュでは、TLS 以外の接続にはポート 6379 が、TLS 接続にはポート 6380 が使用されます。
  3. キャッシュ インスタンスでクラスタリングが使われているかどうか - クラスタリングを使用する Premium レベルのキャッシュ、または OSS クラスター ポリシーを使っている Enterprise/Enterprise Flash レベルのキャッシュを使用している場合は、-c オプションを追加して、すべてのシャードに確実にアクセスできるようにします。

  1. TLS を使って Basic、Standard、または Premium レベルの Azure Cache for Redis インスタンスに接続するには、次のコマンドを使用します。

    redis-cli -p 6380 -h yourcachename.redis.cache.windows.net -a YourAccessKey --tls
    
  2. TLS を使用しない Basic、Standard、または Premium レベルの Azure Cache for Redis インスタンスに接続します。

    redis-cli -p 6379 -h yourcachename.redis.cache.windows.net -a YourAccessKey
    
  3. TLS とクラスタリングを使用して、Basic、Standard、または Premium レベルの Azure Cache for Redis インスタンスに接続します。

    redis-cli -p 6380 -h yourcachename.redis.cache.windows.net -a YourAccessKey --tls -c
    
  4. TLS を使って Enterprise クラスター ポリシーを使用し、Enterprise または Enterprise Flash レベルのキャッシュ インスタンスに接続します。

    redis-cli -p 10000 -h yourcachename.eastus.redisenterprise.cache.azure.net -a YourAccessKey --tls
    
  5. TLS を使わずに OSS クラスター ポリシーを使用し、Enterprise または Enterprise Flash レベルのキャッシュ インスタンスに接続します。

    redis-cli -p 10000 -h yourcachename.eastus.redisenterprise.cache.azure.net -a YourAccessKey -c
    

接続のテスト

接続が確立されたら、Azure Cache for Redis インスタンスにコマンドを発行できます。 接続をテストする簡単な方法の 1 つは、PING コマンドを使用することです。 このコマンドでは、コンソールで PONG が返されます。

yourcachename.redis.cache.windows.net:6380> PING
PONG

SETGET などのコマンドを実行することもできます。

yourcachename.redis.cache.windows.net:6380> SET hello world
OK
yourcachename.redis.cache.windows.net:6380> GET hello
"world"

これで、redis-cli を使用して Azure Cache for Redis インスタンスに接続できました。

redis-cli の代替手段

redis-cli は便利なツールですが、トラブルシューティングやテストのために他の方法でキャッシュに接続できます。

  • Azure Cache for Redis には、コマンド ライン ツールをインストールしなくてもコマンドを発行できる Azure portal に組み込まれた Redis コンソールが用意されています。 Redis コンソール機能は現在、Basic、Standard、Premium レベルでのみ使用できます。
  • RedisInsight は、Redis コマンドを発行し、Redis インスタンスの内容を表示するための豊富なオープン ソースのグラフィカル ツールです。 Azure Cache for Redis で動作し、Linux、Windows、macOS でサポートされています。

まず、新しい Enterprise レベルのキャッシュ インスタンスを作成します。