Share via


Application Insights 可用性テスト

Web アプリまたは Web サイトをデプロイした後、繰り返すテストを設定して、可用性と応答性を監視できます。 Application Insights は、世界各地の複数のポイントから定期的にアプリケーションに Web 要求を送信します。 お使いのアプリケーションが応答していない場合、または応答が遅すぎる場合は、アラートを受信できます。

可用性テストは、パブリック インターネットからアクセスできる任意の HTTP または HTTPS エンドポイントに対して設定できます。 テストする Web サイトに対して、何らかの変更を行う必要はありません。 実際には、自分が所有しているサイトである必要もありません。 サービスが依存している REST API の可用性をテストできます。

テストの種類

重要

今後、可用性テストが 2 つ提供終了になる予定です。 2024 年 8 月 31 日、Application Insights のマルチステップ Web テストは廃止されます。 これらのテストをご利用の場合、提供終了日より前に、代替可用性テストに移行することをお勧めします。 この日付が過ぎると、基礎インフラストラクチャが撤去され、残りのマルチステップ テストが中断されます。 2026 年 9 月 30 日、Application Insights の URL ping テストは廃止されます。 既存の URL ping テストはリソースから削除されます。 標準テストの価格と、その利用への切り替えを 2026 年 9 月 30 日より前に確認して、Application Insights リソースでシングル ステップの可用性テストを引き続き実行できるようにします。

可用性テストには、次の 4 種類があります。

  • 標準テスト: この単一の要求テストは、URL ping テストに似ています。 これには、TLS/SSL 証明書の有効性、プロアクティブな有効期間チェック、HTTP 要求動詞 (GETHEAD、または POST など)、カスタム ヘッダー、HTTP 要求に関連付けられたカスタム データが含まれます。
  • カスタム TrackAvailability テスト: 可用性テストを実行するカスタム アプリケーションを作成することにした場合、TrackAvailability() メソッドを使用して、結果を Application Insights に送信できます。
  • クラシック テスト (以前のバージョンの可用性テスト)
    • URL ping テスト: Azure portal を使用してこのテストを作成し、エンドポイントが応答するかどうかを検証し、その応答に関連付けられているパフォーマンスを測定できます。 また、依存する要求の解析などの高度な機能と結合されたカスタム成功基準を設定し、再試行が可能になります。
    • 複数ステップ Web テスト (非推奨): 一連の Web 要求のこの記録を再生して、より複雑なシナリオをテストできます。 複数ステップ Web テストは Visual Studio Enterprise で作成され、ポータルにアップロードされ、ここでそれらを実行できます。

重要

より古いクラシック テスト (URL の ping テスト複数ステップ Web テスト) ではどちらも、パブリック インターネットの DNS インフラストラクチャを使用して、テストされたエンドポイントのドメイン名を解決します。 プライベート DNS を使用している場合は、パブリック ドメイン ネーム サーバーがテストのすべてのドメイン名を解決できる必要があります。 それができない場合は、代わりにカスタム TrackAvailability テストを使用できます。

Application Insights リソースごとに最大 100 個の可用性テストを作成できます。

注意

可用性テストは、保存時の Azure データ暗号化ポリシーに従って暗号化されて格納されます。

トラブルシューティング

警告

可用性テストで TLS 1.3 を最近有効にしました。 結果として新しいエラー メッセージが表示される場合、TLS 1.3 を有効にしている Windows Server 2022 で実行されているクライアントがエンドポイントに接続できることを確認してください。 これができない場合、可用性テストで以前の TLS バージョンにフォールバックするよう、エンドポイントで TLS 1.3 を一時的に無効にすることを検討してください。
詳細については、トラブルシューティングに関する記事を参照してください。 専用のトラブルシューティングに関する記事をご覧ください。

よく寄せられる質問

このセクションでは、一般的な質問への回答を示します。

イントラネット サーバーで可用性 Web テストを実行できますか?

Microsoft の Web テストは、世界中に分布する Points of Presence で実行されます。 以下に示す 2 つのソリューションがあります。

  • ファイアウォール ドア: 頻繁に変更される多数の Web テスト エージェントからサーバーへの要求を許可します。
  • カスタム コード: イントラネット内部からサーバーに定期的な要求を送信する独自のコードを記述します。 Visual Studio Web テストを実行して、このコードをテストすることができます。 テストの結果は TrackAvailability() API を使用して Application Insights に送信できます。

次のステップ