次の方法で共有


Azure Monitor Application Insights の自動インストルメンテーションとは

自動インストルメンテーションを使用すると、Application Insights が有効になり、Application Insights リソースでメトリック、要求、依存関係などのテレメトりを使用できるようになります。 アプリケーション ダッシュボードアプリケーション マップなどのエクスペリエンスに簡単にアクセスできます。

お使いの言語とプラットフォームがサポートされている場合は、サポートされている環境、言語、およびリソース プロバイダーの表で対応するリンクを選択して、詳細を確認してください。 多くの場合、自動インストルメンテーションは既定で有効になっています。

自動インストルメンテーションの利点は何ですか?

  • コードの変更は必要ありません。
  • ソース コードへのアクセスは必要ありません。
  • 構成の変更は必要ありません。
  • 継続的な SDK 更新プログラムのメンテナンスは削除されます。

サポートされている環境、言語、リソース プロバイダー

次の表に、自動インストルメンテーションの可用性の現在の状態を示します。

サポートされているシナリオごとに詳細情報へのリンクが提供されています。

Note

お使いのホスティング環境またはリソース プロバイダーが次の表に示されていない場合、自動インストルメンテーションはサポートされていません。 Application Insights SDK または Azure Monitor OpenTelemetry Distros を使って、手動でコードをインストルメント化できます。 詳しくは、「Azure Monitor Application Insights のデータ収集の基本」をご覧ください。

環境/リソース プロバイダー .NET Framework .NET Core / .NET Java Node.js Python
Windows 上の Azure App Service - コードとして発行 ✅ 🔗 ¹ ✅ 🔗 ¹ ✅ 🔗 ¹ ✅ 🔗 ¹
Windows 上の Azure App Service - Docker として発行 ✅ 🔗 ² ✅ 🔗 ² ✅ 🔗 ² ✅ 🔗 ²
Azure App Service on Linux - コードとして発行 ✅ 🔗 ¹ ✅ 🔗 ¹ ✅ 🔗 ✅ 🔗 ²
Azure App Service on Linux - Docker として発行 ✅ 🔗 ✅ 🔗 ✅ 🔗
Azure Functions - 基本 ✅ 🔗 ¹ ✅ 🔗 ¹ ✅ 🔗 ¹ ✅ 🔗 ¹ ✅ 🔗 ¹
Azure Functions - 依存関係 ✅ 🔗
Azure Spring Apps ✅ 🔗
Azure Kubernetes Service (AKS) ✅ 🔗
Azure VM Windows ✅ 🔗 ² ³ ✅ 🔗 ² ³ ✅ 🔗
オンプレミスの VM Windows ✅ 🔗 ³ ✅ 🔗 ² ³ ✅ 🔗
スタンドアロン エージェント - 任意の環境 ✅ 🔗

脚注

  • ¹: Application Insights は既定でオンであり、自動的に有効になります。
  • ²: この機能はパブリック プレビュー段階にあります。 「Microsoft Azure プレビューの追加使用条件」を参照してください。
  • ³: エージェントをデプロイして構成する必要があります。

Note

2021 年 10 月より前、自動インストルメンテーションは "コード不要のアタッチ" と呼ばれていました。

構成による JavaScript (Web) SDK ローダー スクリプトの挿入

サポートされているソフトウェア開発キット (SDK) を使用する場合は、構成で SDK インジェクションを有効にして、JavaScript (Web) SDK ローダー スクリプトを各ページに自動的に挿入できます。

Language
ASP.NET Core
Node.js
Java

Application Insights JavaScript SDK を使用してアプリケーションをインストルメント化するその他の方法については、「JavaScript SDK の概要」をご覧ください。

次のステップ