クイック スタート:Azure portal を使用して ARM テンプレートを作成およびデプロイする

このクイックスタートでは、Azure portal で Azure Resource Manager テンプレート (ARM テンプレート) を作成する方法について説明します。 ポータルから、テンプレートを編集およびデプロイします。

ARM テンプレートとは、ソリューションに対してデプロイが必要なリソースを定義した JSON ファイルのことをいいます。 Azure ソリューションのデプロイと管理に関する概念について理解を深めるには、テンプレートのデプロイの概要に関するページを参照してください。

チュートリアルを完了した後、Azure Storage アカウントをデプロイします。 同じプロセスを使用して他の Azure リソースをデプロイすることができます。

Azure サブスクリプションをお持ちでない場合は、開始する前に無料アカウントを作成してください。

カスタム テンプレートを取得する

ARM テンプレート全体を手動で構築するのではなく、目標を達成する事前構築済みのテンプレートを取得することから始めましょう。 Azure クイック スタート テンプレート リポジトリには、一般的なシナリオをデプロイするテンプレートの大規模なコレクションが含まれています。 ポータルを使用すると、このリポジトリからテンプレートを簡単に見つけて使用できます。 テンプレートを保存しておけば、後で再利用できます。

  1. Web ブラウザーで、Azure portal に移動してサインインします。

  2. Azure portal の検索バーで、カスタム テンプレートのデプロイを検索し、使用可能なオプションから選びます。

    カスタム テンプレートの検索のスクリーンショット。

  3. [テンプレート] ソースには、クイック スタート テンプレートが既定で選択されていることに注意してください。 この選択は維持できます。 ドロップダウンで 、quickstarts/microsoft.storage/storage-account-create を検索して選びます。 クイック スタート テンプレートを見つけたら、[テンプレートの選択] を選びます。

    [クイック スタート テンプレート] が選択されているスクリーンショット。

  4. 次のブレードでは、デプロイに使用するカスタム値を指定します。

    [リソース グループ] で、[新規作成] を選択し、名前として「myResourceGroup」を指定します。 他のフィールドには既定値をそのまま使用できます。 値の指定が完了したら、[確認と作成] を選びます。

    テンプレートの入力フィールドのスクリーンショット。

  5. ポータルにより、テンプレートと指定した値が検証されます。 検証に成功したら、[作成] を選んでデプロイを開始します。

    検証と作成のスクリーンショット。

  6. 検証に合格すると、デプロイの状態が表示されます。 正常に完了したら、[リソースに移動] を選び、ストレージ アカウントを表示します。

    [デプロイが成功しました] という通知のスクリーンショット。

  7. この画面から、新しいストレージ アカウントとそのプロパティを表示できます。

    デプロイの表示ページのスクリーンショット。

テンプレートの編集とデプロイ

ポータルを使用して、ARM テンプレートをすばやく開発してデプロイできます。 一般に、ARM テンプレートの開発には Visual Studio Code を使用し、テンプレートのデプロイには Azure CLI または Azure PowerShell を使用することをお勧めしますが、これらのツールをインストールしなくても、ポータルを使用して迅速なデプロイを行うことができます。

このセクションでは、他のツールを設定して 1 回デプロイする ARM テンプレートがあるとします。

  1. ここでも、ポータルで [カスタム テンプレートのデプロイ] を選びます。

  2. 今回は、[エディターで独自のテンプレートを作成する] を選びます。

    独自のテンプレートを作成するスクリーンショット。

  3. 空のテンプレートが表示されます。

    空のテンプレートのスクリーンショット。

  4. 空のテンプレートを次のテンプレートに置き換えます。 これによりサブネットを含む仮想ネットワークがデプロイされます。

    {
      "$schema": "https://schema.management.azure.com/schemas/2019-04-01/deploymentTemplate.json#",
      "contentVersion": "1.0.0.0",
      "parameters": {
        "vnetName": {
          "type": "string",
          "defaultValue": "VNet1",
          "metadata": {
            "description": "VNet name"
          }
        },
        "vnetAddressPrefix": {
          "type": "string",
          "defaultValue": "10.0.0.0/16",
          "metadata": {
            "description": "Address prefix"
          }
        },
        "subnetPrefix": {
          "type": "string",
          "defaultValue": "10.0.0.0/24",
          "metadata": {
            "description": "Subnet Prefix"
          }
        },
        "subnetName": {
          "type": "string",
          "defaultValue": "Subnet1",
          "metadata": {
            "description": "Subnet Name"
          }
        },
        "location": {
          "type": "string",
          "defaultValue": "[resourceGroup().location]",
          "metadata": {
            "description": "Location for all resources."
          }
        }
      },
      "resources": [
        {
          "type": "Microsoft.Network/virtualNetworks",
          "apiVersion": "2021-08-01",
          "name": "[parameters('vnetName')]",
          "location": "[parameters('location')]",
          "properties": {
            "addressSpace": {
              "addressPrefixes": [
                "[parameters('vnetAddressPrefix')]"
              ]
            },
            "subnets": [
              {
                "name": "[parameters('subnetName')]",
                "properties": {
                  "addressPrefix": "[parameters('subnetPrefix')]"
                }
              }
            ]
          }
        }
      ]
    }
    
  5. [保存] を選択します。

  6. デプロイ値を指定するためのブレードが表示されます。 ここでも、リソース グループに myResourceGroup を選択します。 他の既定値を使用できます。 値の指定が完了したら、[確認と作成] を選びます

  7. ポータルでテンプレートが検証されたら、[作成] を選びます。

  8. デプロイが完了すると、デプロイの状態が表示されます。 今度は、リソース グループの名前を選びます。

    2 番目のデプロイが表示されたスクリーンショット。

  9. リソース グループにストレージ アカウントと仮想ネットワークが含まれていることに注目してください。

    ストレージ アカウントと仮想ネットワークが表示されたスクリーンショット。

カスタム テンプレートのエクスポート

ポータルでテンプレートを生成することが、ARM テンプレートを使用する最も簡単な方法である場合があります。 ポータルでは、リソース グループの現在の状態に基づいて ARM テンプレートを作成できます。

  1. リソース グループで、[テンプレートのエクスポート] を選びます。

    [テンプレートのエクスポート] のスクリーンショット。

  2. ポータルでは、リソース グループの現在の状態に基づいてテンプレートが生成されます。 このテンプレートは、前にデプロイしたいずれのテンプレートとも同じではないことに注意してください。 これには、ストレージ アカウントと仮想ネットワークの両方の定義と、ストレージ アカウント用に自動的に作成された BLOB サービスなどの他のリソースが含まれています。

  3. 後で使用するためにこのテンプレートを保存するには、[ダウンロード] を選びます。

    エクスポートされたテンプレートをダウンロードするスクリーンショット

これで、リソース グループの現在の状態を表す ARM テンプレートが作成されました。 このテンプレートは自動生成されます。 このテンプレートを運用環境のデプロイに使用する前に、テンプレートを再利用するためのパラメーターを追加するなど、テンプレートを修正する必要がある場合があります。

リソースをクリーンアップする

Azure リソースが不要になったら、リソース グループを削除して、デプロイしたリソースをクリーンアップします。

  1. Azure portal で、左側のメニューにある [リソース グループ] を選択します。
  2. [任意のフィールドのフィルター] 検索ボックスにリソース グループ名を入力します。
  3. リソース グループ名を選択します。 リソース グループにストレージ アカウントが表示されます。
  4. 上部のメニューの [リソース グループの削除] を選択します。

次のステップ

このチュートリアルでは、Azure portal を使用してテンプレートを生成する方法と、ポータルを使用してテンプレートをデプロイする方法を説明しました。 このクイック スタートで使用したテンプレートは、Azure リソースが 1 つだけ含まれた単純なテンプレートです。 テンプレートが複雑な場合は、Visual Studio Code または Visual Studio を使用してテンプレートを開発する方が簡単です。 テンプレートの開発についてさらに学習するには、以下の新しい初心者向けチュートリアル シリーズを参照してください。