次の方法で共有


Azure SQL Database と SQL Managed Instance のクォータの増加を要求する

適用対象:Azure SQL データベースAzure SQL Managed Instance

この記事では、Azure SQL データベース と Azure SQL Managed Instance のクォータの増加を要求する方法について説明します。 また、リージョンへのサブスクリプション アクセスを有効にする方法や、リージョンでの特定のハードウェアの有効化を要求する方法についても説明します。

新しいサポート リクエストを作成する

SQL Database 用の Azure portal から新しいサポート リクエストを作成するには、次の手順に従います。

  1. Azure portal のメニューで、[ヘルプとサポート] を選択します。

    Screenshot of the Azure portal left side navigation menu that highlights the Help + support menu option.

  2. [ヘルプとサポート] で、 [新しいサポート リクエスト] を選択します。

    Screenshot of the Azure portal, Create a new support request.

  3. [問題点の種類] で、 [サービスとサブスクリプションの制限 (クォータ)] を選びます。

    Screenshot of the Azure portal, Select an issue type.

  4. [サブスクリプション] で、クォータを引き上げるサブスクリプションを選択します。

    Screenshot of the Azure portal, select a subscription for an increased quota.

  5. [クォータの種類] では、次のいずれかのクォータの種類を選択します。

    • 単一データベースおよびエラスティック プールのクォータの場合は SQL Database
    • マネージド インスタンスの場合は SQL Database Managed Instance

    次に、[次へ: ソリューション >>] を選びます。

    Screenshot of the Azure portal, select a quota type.

  6. [詳細] ウィンドウで、 [詳細を入力] を選択して追加情報を入力します。

    Screenshot of the Azure portal, Enter details link.

[詳細を入力] を選択すると、 [クォータの詳細] ウィンドウが表示され、追加情報を追加できるようになります。 次のセクションでは、SQL Database および SQL Managed Instance のクォータの種類に対するさまざまなオプションについて説明します。

SQL Database のクォータの種類

次のセクションでは、SQL Database のクォータの種類に対するクォータ拡張オプションについて説明します。

  • サーバーあたりのデータベース トランザクション ユニット (DTU)
  • サブスクリプションあたりのサーバー
  • サブスクリプションまたは特定のハードウェアへのリージョン アクセス

サーバーあたりのデータベース トランザクション ユニット (DTU)

サーバーあたりの DTU の増加を要求するには、次の手順に従います。

  1. クォータの種類として [サーバーあたりのデータベース トランザクション ユニット (DTU)] を選択します。

  2. [リソース] リストで、ターゲットとするリソースを選択します。

  3. [新しいクォータ] フィールドに、要求する新しい DTU 制限を入力します。 [保存して続行] を選んで、変更を保存します。

    Screenshot of the Azure portal, DTU quota details.

詳細については、「DTU 購入モデルを使用した単一データベースに対するリソース制限」および「DTU 購入モデルを使用したエラスティック プールのリソース制限」を参照してください。

サブスクリプションあたりのサーバー

サブスクリプションあたりのサーバー数の増加を要求するには、次の手順に従います。

  1. クォータの種類として [サブスクリプションあたりのサーバー] を選択します。

  2. [場所] リストで、使用する Azure リージョンを選択します。 クォータは、各リージョンのサブスクリプション単位となります。

  3. [新しいクォータ] フィールドに、そのリージョン内で要求する最大サーバー数を入力します。 [保存して続行] を選んで、変更を保存します。

    Screenshot of the Azure portal, Servers quota details.

詳細については、「SQL Database のリソース制限およびリソース管理」を参照してください。

リージョンへのサブスクリプション アクセスを有効にする

一部のオファーの種類は、すべてのリージョンで使用できるわけではありません。 次のようなエラーが表示される場合があります:

Your subscription does not have access to create a server in the selected region. For the latest information about region availability for your subscription, go to aka.ms/sqlcapacity. Please try another region or create a support ticket to request access.

サブスクリプションで特定のリージョンにアクセスする必要がある場合は、 [リージョン アクセス] オプションを選択します。 ご自分の要求内で、そのリージョンに対して有効にするオファリングと SKU の詳細を指定します。 オファリングと SKU のオプションを探索するには、「Azure SQL Database の価格」を参照してください。

  1. [リージョン アクセス] クォータの種類を選択します。

  2. [場所の選択] リストで、使用する Azure リージョンを選択します。 クォータは、各リージョンのサブスクリプション単位となります。

  3. [予想使用量] の詳細を入力します。 [保存して続行] を選んで、変更を保存します。

    Screenshot of the Azure portal, Request region access.

リージョンでの特定のハードウェアの有効化を要求する

使用を希望するハードウェアが自分のリージョンで使用できない場合は、次の手順を使用して要求することができます。 リージョンで使用可能なハードウェアの詳細については、SQL Database のハードウェア構成または SQL Managed Instance のハードウェア構成に関するページを参照してください。

  1. [その他のクォータ要求] というクォータの種類を選択します。

  2. [説明] フィールドに、ハードウェアの名前や、それを必要とするリージョンの名前を含む要求を記述します。

    Screenshot of the Azure portal, Request hardware in a new region.

要求を送信する

最後の手順では、SQL Database クォータ要求の残りの詳細を入力します。 次に、[次へ: 確認と作成 >>] を選び、要求の詳細を確認した後、[作成] を選択して要求を送信します。

次のステップ