次の方法で共有


クイック スタート: API を使用する

重要

Azure Media Services の 提供終了の発表により、Azure AI Video Indexer は Azure AI Video Indexer の 機能の調整を発表します。 Azure AI Video Indexer アカウントの意味を理解するには、Azure Media Service (AMS) の提供終了に関連する変更に関するページを参照してください。 AMS 提供 終了の準備: VI の更新と移行に関するガイドを参照してください。

Azure AI Video Indexer は、Microsoft が提供するさまざまなオーディオおよびビデオの人工知能 (AI) テクノロジが 1 つに統合されたサービスです。このサービスを利用すると、開発がより簡単になります。 Azure AI Video Indexer は、クラウド プラットフォームの規模、グローバルなリーチ、可用性、信頼性を気にすることなく、開発者がメディア AI テクノロジの使用に集中できるように設計されています。 API を使用すると、ファイルのアップロード、詳細なビデオ分析情報の取得、埋め込み可能な分析情報の URL、プレイヤー ウィジェットなどを取得できます。

初めて Azure AI Video Indexer Web サイトにアクセスすると、試用版アカウントが自動的に作成されます。 試用版アカウントでは、一定分数の無料インデックス作成を利用できます。 後で有料アカウントを追加できます。 有料オプションでは、インデックス化された分数に対して支払います。 使用できるアカウント (試用版と有料オプション) の詳細については、「Azure AI Video Indexer アカウントの種類」を参照してください。

この記事では、Azure AI Video Indexer API使用方法について説明します。

前提条件

メディア ファイルをアップロードします。 次の 2 つの方法があります。

  1. メディア ファイルを好みの URL にアップロードします (推奨)。 パブリック ネットワークの場所を使用できます。 ファイルをアップロードした後、ファイルをコピーしてブラウザーの場所バーに貼り付けることで、AVI にアクセスできるかどうかをチェックできます。 メディアファイルを再生できる場合は、VIもアクセスできる可能性があります。 Azure Storage BLOB を使用してストレージの場所をセキュリティで保護する場合は、ファイルをアップロードして SAS URL を取得します。 ファイルのセキュリティで保護された URL の取得の詳細については、Azure Blob Storage の SAS URL に関するページを参照 してください。 この URL は、インデックス作成のためにファイルを Azure AI Video Indexer にコピーするために使用されます。

  2. 要求本文でビデオ ファイルにバイト配列を送信します。 要求本文でバイト配列としてメディア ファイルをアップロードする方法の詳細については、「.NET を使用した BLOB のアップロード」を参照してください

Note

1 秒あたり 10 個の要求および 1 分あたり 120 個の要求という API 要求制限があります。

API にサブスクライブする

重要

  • Azure AI Video Indexer にサインアップしたときに使用したのと同じ電子メールを使用する必要があります。
  • 個人用の Google アカウントと Microsoft (Outlook/Live) アカウントは試用アカウントにのみ使用できます。 Azure に接続されているアカウントには Entra ID が必要です。
  • 1 つのメール アドレスで有効にすることができるアカウントは 1 つのみです。 ユーザーが user@gmail.com を使用して LinkedIn にサインインし、後から user@gmail.com を使用して Google にサインインしようとすると、ユーザーは既に存在しているというエラー ページが表示されます。
  • キーは保護する必要があります。 キーはサーバー コードでのみ使用してください。 クライアント側 (.js、.html など) では使用できないようにします。
  1. Azure AI Video Indexer API 開発者ポータルにサインインします
  2. [製品] タブを選択してサブスクライブします。次に、[承認] を選択してサブスクライブします。 新しいユーザーは自動的に Authorization にサブスクライブされます。
  3. プライマリ キーとセカンダリ キーを検索、コピー、保存します。 サブスクリプションはプロファイル確認できます。 プライマリ キーとセカンダリ キーは、[サブスクリプション] セクションにあります。
  4. 主キーとセカンダリ キーの両方の [表示] リンクを選択します。 環境変数ファイルで使用する準備ができるまで、テキスト エディターにコピーして貼り付けます。

Authorization API を使用してアクセス トークンを取得する

アプリケーションのすべてのユーザーにフル アクセス権を付与する必要はありません。 VIにはいくつかのレベルのアクセスがあります。

Level ビデオを表示する ビデオを処理する プロジェクトを表示する プロジェクトの処理 アカウントの表示 取引先企業を管理する
ビデオ リーダー ✔️
ビデオ共同作成者 ✔️ ✔️
プロジェクト リーダー ✔️ ✔️
プロジェクト共同作成者 ✔️ ✔️ ✔️ ✔️
アカウント閲覧者 ✔️ ✔️ ✔️
アカウント共同作成者 ✔️ ✔️ ✔️ ✔️ ✔️ ✔️

アクセス トークン要求を作成して送信する

要求で subscription-idresource-group-nameVI account-name を設定し、要求本文の scope and permissionType パラメーターを必要なアクセス レベルに設定します。

たとえば、ユーザーがプロジェクトを操作できるがアカウントを操作できないようにユーザーにアクセス権を付与する場合は、"共同作成者" に設定しscope、"Project" に設定permissionTypeします。プロジェクトのアクセス許可を設定する場合は、projectId


POST https://management.azure.com/subscriptions/{subscription-id}/resourceGroups/{resource-group-name}/providers/Microsoft.VideoIndexer/accounts/{account-name}/generateAccessToken?api-version=2024-01-01

{
  "permissionType": "Reader",
  "scope": "Project",
  "projectId": "07ec9e38d4"
}

サンプル応答

{
  "accessToken": "<jwt token of 1260 characters length>"
}

スコープとアクセス許可の種類を設定する例については、VI REST API参照してください。

API を使い始める

これで、API の使用を開始する準備ができました。 各 Azure AI Video Indexer REST API の詳細な説明を参照してください。

環境変数ファイルでキーを使用し、アクセス トークンを使用する詳細な例については、Azure AI Video Indexer のサンプルを参照してください。

推奨事項