VM の接続と機能について

この記事のセクションでは、Azure Bastionを使用して VM に接続するときに使用できるさまざまな機能と設定について説明します。

VM への接続

ターゲット VM に接続するには、さまざまな方法を使用できます。 接続の種類によっては、Bastionが Standard SKU で構成されている必要があります。 接続するには、次の記事を参照してください。

コピーと貼り付け

ローカル デバイスとリモート セッションの間でテキストをコピーして貼り付けることができます。 テキストのコピー/貼り付けのみがサポートされています。 この機能は、既定で有効になっています。 Web ベースのクライアントでこの機能を無効にする場合は、bastion ホストの構成ページで設定を変更できます。 無効にするには、bastion ホストが Standard SKU レベルで構成されている必要があります。

手順と詳細については、「 Windows VMのコピーと貼り付け」を参照してください。

全画面表示

ブラウザーを使用して、全画面表示に変更したり、戻ることができます。 手順と詳細については、「 全画面表示に変更する」を参照してください。

ファイルのアップロードまたはダウンロード

Azure Bastion は、Bastion およびネイティブ RDP またはネイティブ SSH クライアントを使用して、ターゲット VM とローカル コンピューターの間のファイル転送をサポートします。 また、特定のサードパーティのクライアントおよびツールを使用してファイルをアップロードおよびダウンロードすることもできます。

手順と詳細については、「ネイティブクライアントを使用した VM へのファイルのアップロードまたはダウンロード」を参照してください。

リモート オーディオ

VM のリモートオーディオ出力を有効にすることができます。 この設定が自動的に有効になる VM もありますが、オーディオ設定を手動で有効にすることが必要なものもあります。 設定は VM 自体で変更されます。 Bastion のデプロイでは、リモート オーディオ出力を有効にするための特別な構成設定は必要ありません。

注意

オーディオ出力には、インターネット接続の帯域幅が使用されます。

Windows VM でリモート オーディオ出力を有効にするには:

  1. VM に接続すると、ツールバーの右下隅に [オーディオ] ボタンが表示されます。
  2. [オーディオ] ボタンを右クリックし、[サウンド] を選択します。
  3. Windows Audio サービスを有効にするかどうかを確認するポップアップが表示されます。 [はい] を選択します。 [サウンド] 設定で、より多くのオーディオ オプションを構成できます。
  4. サウンド出力を確認するには、ツールバーの [オーディオ] ボタンの上にマウス カーソルを合わせます。

よく寄せられる質問

FAQ については、「Bastion の FAQ - VM の接続と特徴について」をご覧ください。

次のステップ

クイック スタート: 既定の設定で Azure Bastion をデプロイする