Build-Measure-Learn (構築-計測-学習) フィードバック ループを使用したカスタマー パートナーシップの構築

真のイノベーションは、顧客の共感を示すソリューションを構築し、それらの変化が顧客に与える影響を測定し、顧客と共に学習するという、難しい作業から生まれます。 最も重要なのは、それは複数のイテレーションにわたるフィードバックから得られるということです。

過去 10 年でイノベーションから何かを学べているとしたら、それはビジネスの古いルールが変わったということです。 もはや、大規模で裕福な大手企業が市場で安泰な地位を保持しているとは限りません。 真っ先に市場に出たプレイヤーや、市場で最高の評価を得たプレイヤーが常に勝者であるとは限りません。 最高のアイデアを持っていたとしても、市場での優位性は得られません。 急速に変化するビジネス環境では、最も機敏性に優れたものが市場のリーダーになります。

大小を問わず、革新的なリーダーとしてデジタル経済で成長するのは、顧客の声に耳を傾ける企業です。 そのためのスキルは培い、管理することができます。 良好なカスタマー パートナーシップにはすべて、その中核に明確なフィードバック ループがあります。 クラウド導入フレームワーク内でカスタマー パートナーシップを構築するためのプロセスは、Build-Measure-Learn (構築-計測-学習) フィードバック ループです。

Build-Measure-Learn (構築-計測-学習) フィードバック ループとは

Build-Measure-Learn (構築-計測-学習) フィードバック ループは、顧客の共感を構築し、その反応を測定して、顧客とのやり取りを向上させるために加えるべき調整を学習するためのプロセスについての説明です。 「デジタル経済のイノベーション」で説明されているように、イノベーションでは発明と採用の間のバランスが求められます。 カスタマー フィードバックとパートナーシップが導入を促進します。 イノベーション サイクルの間に顧客を強力で緊密なパートナーに変えることで、より優れた製品を実現し、より早く市場からの支持を集めることができます。

Diagram that shows the build-measure-learn feedback loop.

カスタマー パートナーシップを管理し、それをイノベーションの取り組みに統合するためのこのプロセスには、3 つの開発フェーズが含まれます。

Build-Measure-Learn (構築-計測-学習) フィードバック ループ プロセスの各フェーズは、より良いソリューションを顧客と共に構築するためのものです。

次のステップ

構築-計測-学習サイクルを開始するために顧客の共感を構築する方法について説明します。