Azure Cognitive Services Translator とは?

Translator サービスは、クラウドベースのニューラル機械翻訳サービスで、REST API の Azure Cognitive Services ファミリの一部であり、どのオペレーティング システムでも使用できます。 Translator は、世界中の何千もの企業によって使用されている Microsoft の製品やサービスを強化するもので、言語翻訳やその他の言語関連の操作を行うのに使用できます。 この概要では、Translator を使用して、サポートされているすべての言語でアプリケーションに対してインテリジェントな複数言語ソリューションを構築する方法について説明します。

Translator のドキュメントには、次の種類の記事が含まれています。

  • クイック スタート。 サービスへの要求の実行方法を説明する概要手順です。
  • 攻略ガイド。 より具体的またはカスタマイズした方法でサービスにアクセスまたは使用するための手順が記載されています。
  • 関連記事。 REST API ドキュメントとプログラミング言語ベースのコンテンツです。

Translator の機能と開発オプション

Translator サービスでは、次の機能がサポートされています。 各機能の詳細を確認したり、API リファレンスを参照したりするには、次の表のリンクを使用してください。

機能 説明 開発オプション
テキスト翻訳 サポートされているソースとターゲットの言語間でテキスト変換をリアルタイムで実行します。
ドキュメント変換 元のドキュメントの構造と形式を維持したまま、バッチ ファイルと複雑なファイルを変換します。
Custom Translator ドメインおよび業界固有の言語、用語、スタイルを翻訳するために、カスタマイズされたモデルを作成します。

Translator サービスを無料で試す

まず、Microsoft アカウントが必要です。お持ちでない場合は、Microsoft アカウント ポータルから無料でサインアップできます。 [Microsoft アカウントを作成] を選択し、新しいアカウントを作成して確認する手順に従います。

次に Azure アカウントを作成する必要があります。Azure サインアップ ページに移動し、[無料で始める] ボタンを選択し、Microsoft アカウント資格情報を使用して新しい Azure アカウントを作成します。

これで始める準備が整いました。 Translator サービスを作成してアクセス キーと API エンドポイントを取得しクイックスタートを試してください。

次のステップ