次の方法で共有


Azure Container Apps での課金

Azure Container Apps での課金は、プランの種類に基づいています。

プランの種類 説明
従量課金プラン 実行中にアプリが使用するリソースに対してのみ課金されるサーバーレス コンピューティング オプション。
専用プラン ワークロード プロファイルに割り当てられたインスタンスに対して課金されるカスタマイズされたコンピューティング オプション。
  • プランの選択によって、課金の計算が決まります。
  • 環境内のさまざまなアプリケーションで、異なるプランを使用できます。

この記事では、コンテナー アプリの実行コストを計算する方法について説明します。 ご自分のアカウントの通貨での価格の詳細については、「Azure Container Apps の価格」を参照してください。

従量課金プラン

従量課金プランで実行されているアプリの課金は、次の 2 種類の料金で構成されます:

  • リソース使用量: 1 秒あたりにコンテナー アプリに割り当てられたリソースの量。vCPU 秒と GiB 秒単位で課金されます。
  • HTTP 要求: コンテナー アプリが受信する HTTP 要求の数。

次のリソースは、各カレンダー月に、サブスクリプションごとに無料でご利用いただくことができます。

  • 最初の 18 万 vCPU 秒
  • 最初の 36 万 GiB 秒
  • 最初の 200 万 HTTP 要求

無料使用は請求書に表示されません。 リソースの使用量が毎月の無料付与額を超えた場合にのみ課金されます。

Note

独自の仮想ネットワークで Container Apps を使用する場合、またはアプリで他の Azure リソースを使用する場合、追加料金が適用される場合があります。

リソース使用量の料金

Azure Container Apps では、リビジョンごとに構成したスケーリング ルールとレプリカ数の制限に基づいて、アプリケーションのレプリカが実行されます。 Azure Container Apps ジョブは、ジョブの実行がトリガーされたときにレプリカを実行します。 実行中に各レプリカに割り当てられているリソースの量に対して課金されます。

リソース消費には、次の 2 つのメーターがあります。

  • vCPU 秒: コンテナー アプリに割り当てられた vCPU コアの数を秒単位で示します。
  • GiB 秒: コンテナー アプリに割り当てられたメモリの量を秒単位で示します。

カレンダー月ごとの各サブスクリプションの最初の 18 万 vCPU 秒と 36 万 GiB 秒は無料です。

コンテナー アプリ

リソース消費量に対して支払う料金は、コンテナー アプリのリビジョンとレプリカの状態によって異なります。 既定では、レプリカは "アクティブな" 料金で課金されます。 ただし、特定の条件では、レプリカが "アイドル" 状態になることがあります。 "アイドル" 状態のときは、リソースの料金は減額されます。

実行中のレプリカがない

リビジョンがレプリカ数 0 にスケーリングされると、リソース使用量の料金は発生しません。

最小数のレプリカを実行中

アイドル状態の使用料金は、特定の状況でコンテナー アプリのリビジョンが実行されている場合に適用される場合があります。 アイドル料金の対象となるには、次のリビジョンが必要です:

使用料金は、レプリカごとに個別に計算されます。 次の "すべて" の条件に該当する場合、レプリカはアイドル状態と見なされます。

  • レプリカが、現在アイドル料金の対象となっているリビジョンで実行されている。
  • レプリカ内のすべてのコンテナーが開始され、実行されている。
  • レプリカが HTTP 要求を処理していない。
  • レプリカが使用しているのが 0.01 vCPU コア未満。
  • レプリカが受信しているネットワーク トラフィックが、1 秒あたり 1,000 バイト未満。

レプリカがアイドル状態になると、リソース使用量の料金は、減額されたアイドル料金で計算されます。 レプリカがアイドル状態でない場合は、アクティブレートが適用されます。

最小数を超えるレプリカを実行中

リビジョンが最小レプリカ数よりも多い数にスケーリングされると、実行中のすべてのレプリカは、アクティブな料金でリソース使用量が課金されます。

ジョブ

従量課金 プランでは、Azure Container Apps ジョブによって消費されるリソースには、アクティブな料金が課金されます。 ジョブが完了すると実行によってリソースの消費が停止されるため、アイドル料金はジョブには適用されません。

要求の料金

Azure Container Apps では、リソース使用量に加えて、コンテナー アプリによって受信された HTTP 要求の数にも基づいて課金されます。 Container Apps 環境の外部からの要求のみが課金対象です。

  • カレンダー月ごとの各サブスクリプションの最初の 200 万件の要求は無料です。
  • 正常性プローブ 要求は課金対象ではありません。

要求の料金は、イングレスをサポートしていないため、Azure Container Apps ジョブには適用されません。

専用プラン

個々のアプリケーションではなく、ワークロード プロファイル インスタンスに基づいて課金されます。

専用プランで実行されているアプリとジョブの課金は、個々のアプリケーションではなく、ワークロード プロファイル インスタンスに基づきます。 料金は次のとおりです:

固定管理コスト 変動費
環境内に 1 つ以上の専用ワークロード プロファイルがある場合は、専用プラン管理料金が課金されます。 環境内で専用ワークロード プロファイルを使用しない限り、プラン管理の料金は課金されません。 プロファイルがスケールアウトすると、追加のインスタンスに追加コストが適用されます。プロファイルのスケールインに合わせて課金が削減されます。

専用のワークロード プロファイルにデプロイするアプリケーションを最適化してください。 プロファイルで使用できるリソースの量が最も多いアプリケーションのニーズを評価します。

動的セッション

動的セッションには、コード インタープリターとカスタム コンテナーの 2 種類のセッション プールがあります。 セッションの種類ごとに、独自の課金モデルがあります。

コード インタープリター

コード インタープリター セッションは、割り当てられたセッション数の実行時間に基づいて課金されます。 割り当てられたセッションごとに、割り当てが解除されるまで、割り当てられた時間から 1 時間単位で課金されます。

カスタム コンテナー

カスタム コンテナー セッションは、セッション プールとアクティブ セッションの実行に使用されるコンピューティング リソースの量に基づいて、専用プランを使用して課金されます。

一般用語