チュートリアル: Java アプリケーションを使用して Azure Cosmos DB に Cassandra 用 API アカウントを作成し、キーと値のデータを格納する

適用対象: Cassandra

開発者は、キー/値ペアを使用するアプリケーションを持っていることがあります。 Azure Cosmos DB の Cassandra 用 API アカウントを使用して、キーと値のデータを格納できます。 このチュートリアルでは、Java アプリケーションを使用して、Azure Cosmos DB に Cassandra 用 API アカウントを作成し、データベース (キースペースとも呼ばれます) を追加してテーブルを追加する方法について説明します。 Java アプリケーションでは、Java ドライバーを使用して、ユーザー ID、ユーザー名、ユーザーの住所などの詳細情報を格納するユーザー データベースを作成します。

このチュートリアルに含まれるタスクは次のとおりです。

  • Cassandra データベース アカウントを作成する
  • アカウントの接続文字列を取得する
  • Maven プロジェクトと依存関係を作成する
  • データベースとテーブルを追加する
  • アプリを実行する

前提条件

データベース アカウントの作成

  1. Azure portal のメニューまたは [ホーム] ページで、 [リソースの作成] を選択します。

  2. [新規] ページで、 [Azure Cosmos DB] を検索して選択します。

  3. [Azure Cosmos DB] ページで、 [作成] を選択します。

  4. [Azure Cosmos DB アカウントの作成] ページで、新しい Azure Cosmos DB アカウントの基本的な設定を入力します。

    設定 説明
    サブスクリプション 該当するサブスクリプション この Azure Cosmos DB アカウントに使用する Azure サブスクリプションを選択します。
    リソース グループ 新規作成

    アカウント名と同じ名前を入力します
    [新規作成] を選択します。 その後、自分のアカウントの新しいリソース グループの名前を入力します。 簡略化のため、Azure Cosmos DB アカウント名と同じ名前を使用します。
    アカウント名 一意の名前を入力します 自分の Azure Cosmos DB アカウントを識別するための一意の名前を入力します。 アカウント URI は、一意のアカウント名に cassandra.cosmos.azure.com が追加されたものになります。

    アカウント名に使用できるのは、小文字、数字、ハイフン (-) のみで、長さは 3 文字から 31 文字の範囲にする必要があります。
    API Cassandra API によって、作成するアカウントの種類が決まります。 Azure Cosmos DB には、NoSQL (ドキュメント データベース用)、Gremlin (グラフ データベース用)、MongoDB (ドキュメント データベース用)、Azure Table、Cassandra の 5 種類の API が用意されています。 API ごとに別のアカウントを作成する必要があります。

    このクイックスタートでは Cassandra 用 API で動作するテーブルを作成しているため、Cassandra を選択します。

    Cassandra 用 API に関する詳細を確認してください
    場所 ユーザーに最も近いリージョン Azure Cosmos DB アカウントをホストする地理的な場所を選択します。 データに最も高速にアクセスできるよう、お客様のユーザーに最も近い場所を使用します。
    容量モード プロビジョニング スループットまたはサーバーレス プロビジョニング スループット モードでアカウントを作成するには、 [Provisioned throughput](プロビジョニング スループット) を選択します。 サーバーレス モードでアカウントを作成するには、 [サーバーレス] を選択します。
    Apply Azure Cosmos DB free tier discount (Azure Cosmos DB Free レベル割引を適用する) [適用] または [適用しない] Azure Cosmos DB Free レベルのアカウントでは、最初の 1000 RU/s と 25 GB のストレージを無料でご利用いただけます。 Free レベルの詳細を確認してください。

    Note

    Azure サブスクリプションにつき所有できる Free レベルの Azure Cosmos DB アカウントは 1 つまでです。また、アカウントの作成時にオプトインする必要があります。 Free レベルの割引を適用するオプションが表示されない場合は、サブスクリプション内の別のアカウントが Free レベルで既に有効になっていることを意味します。

    Azure Cosmos DB for Apache Cassandra の新しいアカウント ページ

  5. [グローバル分散] タブで、次の詳細を構成します。 このクイックスタートでは、既定値のままでかまいません。

    設定 説明
    geo 冗長性 無効化 リージョンをペア リージョンとペアリングすることによる、アカウントでのグローバル配信を有効または無効にします。 アカウントには、後でさらにリージョンを追加できます。
    マルチリージョン書き込み 無効化 マルチリージョン書き込み機能を使用すると、世界中のデータベースとコンテナーで、プロビジョニングされたスループットを利用できます。

    Note

    [Capacity mode](容量モード) として [サーバーレス] を選択した場合、以下のオプションは利用できません。

    • Apply Free Tier Discount (Free レベルの割引の適用)
    • geo 冗長
    • マルチリージョン ライター
  6. 必要に応じて、次のタブで追加の詳細を構成できます。

    • [ネットワーク] - 仮想ネットワークからのアクセスを構成します。
    • [バックアップ ポリシー] - 定期的または継続的のいずれかのバックアップ ポリシーを構成します。
    • [暗号化] - サービス マネージド キーまたはカスタマー マネージド キーのいずれかを使用します。
    • [タグ] - タグは名前と値のペアで、同じタグを複数のリソースやリソース グループに適用することでリソースを分類したり、統合した請求を表示したりできるようにします。
  7. [Review + create](レビュー + 作成) を選択します。

  8. アカウントの設定を確認し、 [作成] を選択します。 アカウントの作成には数分かかります。 ポータル ページに "デプロイが完了しました" と表示されるまで待ちます。

    Azure portal の [通知] ペイン

  9. [リソースに移動] を選択し、Azure Cosmos DB アカウント ページに移動します。

アカウントの接続の詳細を取得する

Azure portal から接続文字列情報を取得し、Java の構成ファイルにそれをコピーします。 アプリはこの接続文字列によって、ホストされているデータベースと通信できます。

  1. Azure portal でお客様の Azure Cosmos DB アカウントに移動します。

  2. [接続文字列] ウィンドウを開きます。

  3. 次の手順で使用するので、 [コンタクト ポイント][ポート][ユーザー名][プライマリ パスワード] の値をコピーします。

プロジェクトと依存関係を作成する

この記事でお客様が使用する Java のサンプル プロジェクトは、GitHub でホストされています。 このドキュメントの手順を実行するか、azure-cosmos-db-cassandra-java-getting-started リポジトリからサンプルをダウンロードすることができます。

ファイルをダウンロードしたら、java-examples\src\main\resources\config.properties ファイル内の接続文字列情報を更新して、それを実行します。

cassandra_host=<FILLME_with_CONTACT POINT> 
cassandra_port = 10350 
cassandra_username=<FILLME_with_USERNAME> 
cassandra_password=<FILLME_with_PRIMARY PASSWORD> 

サンプルをゼロからビルドするには、次の手順を使用します。

  1. ターミナルまたはコマンド プロンプトから、Cassandra-demo という名前で新しい Maven プロジェクトを作成します。

    mvn archetype:generate -DgroupId=com.azure.cosmosdb.cassandra -DartifactId=cassandra-demo -DarchetypeArtifactId=maven-archetype-quickstart -DinteractiveMode=false 
    
  2. cassandra-demo フォルダーを検索します。 テキスト エディターを使用して、生成された pom.xml ファイルを開きます。

    Cassandra 依存関係を追加し、pom.xml ファイルで示されているように、お客様のプロジェクトに必要なプラグインをビルドします。

  3. cassandra-demo\src\main フォルダーの下に、resources という名前の新しいフォルダーを作成します。 resources フォルダーの下に、config.properties ファイルと log4j.properties ファイルを追加します。

    • config.properties ファイルには、Cassandra 用 API アカウントの接続エンドポイントとキーの値が格納されます。

    • log4j.properties ファイルでは、Cassandra 用 API との対話に必要なログ記録のレベルを定義します。

  4. src/main/java/com/azure/cosmosdb/cassandra/ フォルダーを参照します。 cassandra フォルダー内に、utils という名前の別のフォルダーを作成します。 新しいフォルダーには、Cassandra 用 API アカウントに接続するために必要なユーティリティ クラスが格納されます。

    クラスターを作成し、Cassandra セッションを開いたり閉じたりするには、CassandraUtils クラスを追加します。 クラスターは Azure Cosmos DB の Cassandra 用 API アカウントに接続し、アクセスするセッションを返します。 config.properties ファイルから接続文字列の情報を読み取るには、Configurations クラスを使用します。

  5. Java のサンプルでは、ユーザー名、ユーザー ID、ユーザーの住所などのユーザー情報が含まれるデータベースを作成します。 main 関数でユーザーの詳細にアクセスするには、get メソッドと set メソッドを定義する必要があります。

    get メソッドと set メソッドを含む User.java クラスを src/main/java/com/azure/cosmosdb/cassandra/ フォルダーに作成します。

データベースとテーブルを追加する

このセクションでは、CQL を使用してデータベース (キースペース) とテーブルを追加する方法について説明します。

  1. src\main\java\com\azure\cosmosdb\cassandra フォルダーの下に、repository という名前の新しいフォルダーを作成します。

  2. UserRepository Java クラスを作成し、次のコードをそれに追加します。

    package com.azure.cosmosdb.cassandra.repository; 
    import java.util.List; 
    import com.datastax.driver.core.BoundStatement; 
    import com.datastax.driver.core.PreparedStatement; 
    import com.datastax.driver.core.Row; 
    import com.datastax.driver.core.Session; 
    import org.slf4j.Logger; 
    import org.slf4j.LoggerFactory; 
    
    /** 
     * Create a Cassandra session 
     */ 
    public class UserRepository { 
    
        private static final Logger LOGGER = LoggerFactory.getLogger(UserRepository.class); 
        private Session session; 
        public UserRepository(Session session) { 
            this.session = session; 
        } 
    
        /** 
        * Create keyspace uprofile in cassandra DB 
         */ 
    
        public void createKeyspace() { 
             final String query = "CREATE KEYSPACE IF NOT EXISTS uprofile WITH REPLICATION = { 'class' : 'NetworkTopologyStrategy', 'datacenter1' : 1 }"; 
            session.execute(query); 
            LOGGER.info("Created keyspace 'uprofile'"); 
        } 
    
        /** 
         * Create user table in cassandra DB 
         */ 
    
        public void createTable() { 
            final String query = "CREATE TABLE IF NOT EXISTS uprofile.user (user_id int PRIMARY KEY, user_name text, user_bcity text)"; 
            session.execute(query); 
            LOGGER.info("Created table 'user'"); 
        } 
    } 
    
  3. src\main\java\com\azure\cosmosdb\cassandra フォルダーを検索し、examples という名前の新しいサブフォルダーを作成します。

  4. UserProfile Java クラスを作成します。 このクラスには、前に定義した createKeyspace および createTable メソッドを呼び出す main メソッドが含まれます。

    package com.azure.cosmosdb.cassandra.examples; 
    import java.io.IOException; 
    import com.azure.cosmosdb.cassandra.repository.UserRepository; 
    import com.azure.cosmosdb.cassandra.util.CassandraUtils; 
    import com.datastax.driver.core.PreparedStatement; 
    import com.datastax.driver.core.Session; 
    import org.slf4j.Logger; 
    import org.slf4j.LoggerFactory; 
    
    /** 
     * Example class which will demonstrate following operations on Cassandra Database on CosmosDB 
     * - Create Keyspace 
     * - Create Table 
     * - Insert Rows 
     * - Select all data from a table 
     * - Select a row from a table 
     */ 
    
    public class UserProfile { 
    
        private static final Logger LOGGER = LoggerFactory.getLogger(UserProfile.class); 
        public static void main(String[] s) throws Exception { 
            CassandraUtils utils = new CassandraUtils(); 
            Session cassandraSession = utils.getSession(); 
    
            try { 
                UserRepository repository = new UserRepository(cassandraSession); 
                //Create keyspace in cassandra database 
                repository.createKeyspace(); 
                //Create table in cassandra database 
                repository.createTable(); 
    
            } finally { 
                utils.close(); 
                LOGGER.info("Please delete your table after verifying the presence of the data in portal or from CQL"); 
            } 
        } 
    } 
    

アプリを実行する

  1. コマンド プロンプトまたはターミナル ウィンドウを開きます。 次のコード ブロックを貼り付けます。

    このコードは、プロジェクトを作成したフォルダー パスにディレクトリを変更 (cd) します。 次に、mvn clean install コマンドを実行して、ターゲット フォルダー内に cosmosdb-cassandra-examples.jar ファイルを生成します。 最後に、Java アプリケーションを実行します。

    cd cassandra-demo
    
    mvn clean install 
    
    java -cp target/cosmosdb-cassandra-examples.jar com.azure.cosmosdb.cassandra.examples.UserProfile 
    

    ターミナル ウィンドウに、キースペースとテーブルが作成されたという通知が表示されます。

  2. Azure portal でデータ エクスプローラーを開き、キースペースとテーブルが作成されたことを確認します。

次のステップ

このチュートリアルでは、Java アプリケーションを使用して、Azure Cosmos DB の Cassandra 用 API アカウント、データベース、テーブルを作成する方法を学習しました。 次の記事に進むことができます。