Azure EA の価格

この記事では、Azure の企業顧客向け価格の概要を提供します。 また、使用量の計算方法について詳しく説明します。 計算がより複雑なエンタープライズ契約のさまざまな Azure サービスの料金について、よく寄せられる質問の多くにお答えします。

価格保護

顧客またはチャネル パートナーとして、以下の価格以下の価格が保証されます。

  • 顧客価格シート (CPS) に表示される価格
  • Azure 購入の補償開始日に有効な価格

価格はベースライン価格と呼ばれます。 補償開始日の詳細は次のとおりです。

  • 補償開始日は、発注書の使用日に基づいています。 使用日が月の最初の日の場合、補償開始日はその月の最初の日になります。 使用日が月の 2 日目以降の場合、補償開始日は、翌月の最初の日になります。 補償日をさかのぼる必要がある場合は、パートナーまたはソフトウェア アドバイザーにお問い合わせください。

  • 契約開始日の最初の 30 日以内に年額コミットメントを購入した場合、価格保証開始日は補償開始日の前月に設定されます。

    たとえば、2023 年 4 月 1 日を補償開始日とする前払いを購入したとします。 契約開始日は 2023 年 3 月 27 日です。 補償開始日と契約開始日の間のギャップは 30 日未満です。 そのため、価格保証の開始日は 2023 年 3 月 1 日に設定されます。

    価格保護についてご質問がある場合は、パートナーまたはソフトウェア アドバイザーにお問い合わせください。

Azure 購入後に導入されたサービスの場合、サービスが初めて導入されたときに適用されたレベルの割引での有効な価格が請求されます。 価格保護は、前払い期間中 (エンタープライズ契約に応じて 1 年または 3 年) に適用されます。

価格の変更

Microsoft では、加入契約中に個々の Azure サービスに対する現在のエンタープライズ契約の価格を下げる場合があります。 より低い価格が有効になっている間、これらの割引料金は既存のお客様に適用されます。 後でこれらの料金が上がった場合、サービスの加入契約の価格は、以前に定義されている価格保護の上限を超えて上がることはありません。 しかし、料金は、前に下げた価格より上がる可能性があります。 いずれの場合も、加入契約に関係のあるエンタープライズおよびパートナーの管理者にメールを送信し、今後の価格変更について、お客様と間接チャネル パートナーにお知らせします。

現在の有効な価格

顧客パートナーとチャネル パートナーは、Azure portal にサインインすることで、加入契約の現在の価格を確認できます。 次に、その加入契約の価格シート ページを表示します。 ダイレクト EA のお客様は、Azure portal価格シートを表示およびダウンロードできるようになりました。 価格シートの表示に関する記事をご覧ください。

いずれかのチャネル パートナーを通じて Azure を間接的に購入した場合に、加入契約の割増価格が表示できるようになっていない限り、チャネル パートナーから価格の更新情報を取得する必要があります。

新しい Azure サービスの導入

Azure は継続的に強化され、既存のサービスとは別に課金される新しいサービスが定期的に追加されています。 一部のプレビュー サービスは自動的に利用可能になりますが、それ以外のものでは Azure アカウント ポータルでのお客様のアクションが必要になります。

一部のサービスは、最初の導入時に有効なキャンペーン価格で開始されますが、今後、値上がりする可能性があります。

サービスがプレビューから一般提供 (GA) に移行されると、完全なパフォーマンスおよび信頼性の高いサービス レベル アグリーメント (SLA) の適用に伴い、値上がりする可能性があります。 このような値上がりは、通常のベースライン価格保護によって制限されません。 これらのサービスの使用には、値上がり後の料金で課金されます。 新しいサービスに関して課金されないようにするには、これらの使用をオプトアウトする必要があります。

リージョン別価格の導入

新しいサービスの追加に加えて、サービスのリージョンごとのサポートの増加に伴い、そのサービスも定期的に 1 つのグローバル規模からより多くのリージョン モデルに変更されます。

サービスのリージョン化が初めて導入されたときに、これらの新しいリージョンに対してベースライン価格保護が適用されます。 ただし、同じサービスの他のリージョンが後で導入された場合は、新しいサービスと見なされます。 これらは、ベースライン価格保護とは無関係に、独自の個別料金で提供されます。

Enterprise Dev/Test

エンタープライズ管理者はサブスクリプションを作成できます。 また、Enterprise Dev/Test プランに基づいてサブスクリプションを作成することをアカウント所有者に許可することもできます。 アカウント所有者は、基になるサブスクライバーに必要な Enterprise Dev/Test サブスクリプションを設定する必要があります。 この構成により、アクティブな Visual Studio サブスクライバーは、Azure での開発およびテスト ワークロードを特別な Enterprise Dev/Test 料金で実行できます。 詳細については、「エンタープライズ開発/テスト」を参照してください。

クレジット プロセス

  • EA のお客様は、SLA 違反または Azure サービスに影響を与えるシステムの問題が発生した場合に、サービス クレジットを受け取る資格があります。
  • サービス クレジットは、現金として発行された払い戻しではありません。 代わりに、サービス クレジットは、将来の Azure の使用状況に適用できるクレジットの形式で発行されます。
  • サービス クレジットを要求するには、間接 EA のお客様は、EA 登録の承認された代表者であるパートナー管理者に問い合わせる必要があります。

次のステップ

  • EA 管理タスクの詳細については、Azure portal の「EA 課金管理」を参照してください。