Data Lake Tools for Visual Studio を使用して U-SQL スクリプトを開発する

Azure Data Lake および Stream Analytics ツールには、Azure Data Lake Analytics と Azure Stream Analytics という 2 つの Azure サービスに関する機能が含まれています。 Azure Stream Analytics シナリオの詳細については、Visual Studio 用 Azure Stream Analytics ツールに関するページを参照してください。

この記事では、Visual Studio を使用して Azure Data Lake Analytics アカウントを作成する方法について説明します。 U-SQL でジョブを定義し、Data Lake Analytics サービスにジョブを送信することができます。 Data Lake Analytics の詳細については、「 Azure Data Lake Analytics の概要」を参照してください。

重要

Azure Data Lake Tools for Visual Studio バージョン 2.3.3000.4 以降にアップグレードすることをお勧めします。 以前のバージョンはダウンロードできなくなり、非推奨になっています。

  1. Azure Data Lake Tools for Visual Studio 2.3.3000.4 より前のバージョンを使用していないかどうかを確認します。

    Check tool version

  2. バージョンが 2.3.3000.4 より前の場合は、ダウンロード センターにアクセスして、Azure Data Lake Tools for Visual Studio を更新します。

前提条件

Azure Data Lake Tools for Visual Studio をインストールする

このチュートリアルでは、Data Lake Tools for Visual Studio がインストールされている必要があります。 詳細については、「Data Lake Tools for Visual Studio のインストール」をご覧ください。

Azure Data Lake Analytics アカウントに接続する

  1. Visual Studio を開きます。

  2. Data Lake Analytics Explorer を開くには、 [ビュー]>[Data Lake Analytics Explorer] を選択します。

  3. [Azure] を右クリックして、 [Microsoft Azure サブスクリプションへの接続] を選択します。 [アカウントにサインインする] で、指示に従います。

  4. サーバー エクスプローラーで、 [Azure]>[Data Lake Analytics] の順に選択します。 Data Lake Analytics アカウントの一覧が表示されます。

最初の U-SQL スクリプトを記述する

次のテキストは、単純な U-SQL スクリプトです。 それは、小さなデータセットを定義し、そのデータセットを /data.csv という名前のファイルとして既定の Data Lake Store に書き込みます。

USE DATABASE master;
USE SCHEMA dbo;
@a  = 
    SELECT * FROM 
        (VALUES
            ("Contoso", 1500.0),
            ("Woodgrove", 2700.0)
        ) AS 
              D( customer, amount );
OUTPUT @a
    TO "/data.csv"
    USING Outputters.Csv();

Data Lake Analytics ジョブの送信

  1. Visual Studio で、 [ファイル]>[新規]>[プロジェクト] の順に選択します。

  2. プロジェクト タイプとして [U-SQL プロジェクト] を選択して、 [次へ] を選択します。 [新しいプロジェクトの構成] で、 [作成] を選択します。

    Visual Studio によって、Script.usql ファイルを含むソリューションが作成されます。

  3. 最初の U-SQL スクリプトを記述する」からのスクリプトを [Script.usql] ウィンドウに貼り付けます。

  4. ソリューション エクスプローラーScript.usql を右クリックし、 [スクリプトの送信] をクリックします。

  5. [ジョブの送信] で、ご自分の Data Lake Analytics アカウントを選択し、 [送信] を選択します。

    Submit U-SQL Visual Studio project

ジョブの送信後、 [ジョブ ビュー] タブが開き、ジョブの進行状況が表示されます。

  • ジョブの概要: ジョブの概要を示します。
  • ジョブ グラフ: ジョブの進行状況を視覚化します。
  • メタデータ操作: U-SQL カタログに対して実行されたすべてのアクションを示します。
  • データ: すべての入力と出力を示します。
  • 状態の履歴: タイムラインと状態の詳細を示します。
  • AU 分析: ジョブで使用された AU の数を示し、異なる AU 割り当て方法のシミュレーションを検討します。
  • 診断: ジョブの実行とパフォーマンスを最適化するための高度な分析を提供します。

U-SQL Visual Studio Data Lake Analytics job performance graph

最新のジョブの状態を表示して画面を更新するには、 [更新] を選択します。

ジョブの状態の確認

  1. サーバー エクスプローラーで、 [Azure]>[Data Lake Analytics] の順に選択します。

  2. Azure Data Lake Analytics アカウントの名前を展開します。

  3. [ジョブ] をダブルクリックします。

  4. 先ほど送信したジョブを選択します。

ジョブの出力の表示

  1. サーバー エクスプローラーで、送信したジョブを参照します。

  2. [データ] タブをクリックします。

  3. [ジョブの出力] タブで、"/data.csv" ファイルを選択します。

次のステップ