Azure ExpressRoute とは

重要

ExpressRoute のパブリック ピアリングは、2024 年 3 月 31 日に廃止されます。 詳細については、「廃止通知」を参照してください。

ExpressRoute を利用すると、接続プロバイダーが提供するプライベート接続を介して、オンプレミスのネットワークを Microsoft クラウドに拡張できます。 ExpressRoute では、Microsoft Azure、Microsoft 365 などの Microsoft クラウド サービスへの接続を確立できます。

接続には、任意の環境間 (IP VPN) 接続、ポイントツーポイントのイーサネット接続、共有施設での接続プロバイダーによる仮想交差接続があります。 ExpressRoute 接続は、パブリック インターネットを経由しないため、インターネット経由の一般的な接続に比べて、信頼性が高く、待機時間が一定で、セキュリティが堅牢です。 ExpressRoute を使用してネットワークを Microsoft に接続する方法については、「ExpressRoute 接続モデル」を参照してください。

ExpressRoute connection overview

Note

ExpressRoute のコンテキストにおける Microsoft Edge とは、ExpressRoute 回線の Microsoft 側のエッジ ルーターを表します。 ExpressRoute 回線にとって、これは Microsoft のネットワークへの入口となります。

主な利点

  • 接続プロバイダーによるオンプレミス ネットワークと Microsoft Cloud 間のレイヤー 3 接続。 接続には、任意の環境間 (IP VPN) 接続、ポイント ツー ポイントのイーサネット接続、イーサネット交換による仮想交差接続があります。
  • 地政学的領域のすべての地域にわたる Microsoft のクラウド サービスへの接続。
  • ExpressRoute Premium アドオンによるすべてのリージョンにわたる Microsoft サービスへのグローバル接続。
  • ご利用のネットワークと Microsoft とをつなぐ BGP による動的ルーティング。
  • あらゆるピアリングの場所に冗長性を組み込むという高い信頼性。
  • 接続アップタイム SLA
  • Skype for Business の QoS サポート。

詳しくは、「ExpressRoute のFAQ」をご覧ください。

機能

レイヤー 3 接続

Microsoft は業界標準の動的ルーティング プロトコル (BGP) を利用し、オンプレミス ネットワーク、Azure のインスタンス、および Microsoft パブリック アドレスの間でルートを交換します。 さまざまなトラフィック プロファイルに合わせ、ネットワークとさまざまな BGP セッションを確立します。 詳しくは、 ExpressRoute の回線とルーティング ドメイン に関する記事を参照してください。

冗長性

各 ExpressRoute 回線は、接続プロバイダーまたはネットワーク エッジから、ExpressRoute の場所にある 2 つの Microsoft Enterprise エッジ ルーター (MSEE) への 2 つの接続で構成されます。 Microsoft は、接続プロバイダーまたはネットワーク エッジから 2 つの BGP 接続を必要とします。MSEE ごとに 1 つです。 あなたの側で冗長デバイス/イーサネット回線をデプロイしないことを選択できます。 ただし、接続プロバイダーは冗長デバイスを利用することで冗長性が与えられる方法で接続を Microsoft に渡します。

Microsoft クラウド サービスへの接続

ExpressRoute 接続によって、次のようなサービスにアクセスできます。

  • Microsoft Azure サービス
  • Microsoft 365 サービス

Note

Microsoft 365 は、インターネット経由で安全かつ確実にアクセスできるように作られています。 したがって、特定のシナリオに限り、ExpressRoute の使用が推奨されます。 ExpressRoute を使用した Microsoft 365 へのアクセスについては、「Microsoft 365 向け Azure ExpressRoute」を参照してください。

ExpressRoute でサポートされているサービスの詳しい一覧については、ExpressRoute FAQ ページを参照してください。

地政学的な地域内のすべてのリージョンへの接続

ピアリングの場所の 1 つから Microsoft に接続し、同じ地理的な場所にある複数のリージョンにアクセスできます。

たとえば、ExpressRoute を介してアムステルダムの Microsoft に接続しているとします。 北ヨーロッパと西ヨーロッパでホストされているすべての Microsoft クラウド サービスにアクセスできます。 地政学的領域、関連付けられている Microsoft クラウド リージョン、対応する ExpressRoute のピアリングの場所の概要については、「ExpressRoute パートナーとピアリングの場所」という記事をご覧ください。

ExpressRoute Premium を使用したグローバル接続

ExpressRoute Premium を有効にすると、地理的境界を越えて接続を拡張できます。 ExpressRoute を介してアムステルダムの Microsoft に接続している場合、世界中のすべてのリージョンでホストされているすべての Microsoft クラウド サービスにアクセスできます。 たとえば、北ヨーロッパと西ヨーロッパのリージョンにアクセスするのと同じ方法で、米国西部またはオーストラリア東部にデプロイされているサービスにアクセスできます。 国内クラウドは除外されます。

ExpressRoute Local を使用したローカル接続

Local SKU を有効にすることで、コスト効果の高い方法でデータを転送できます。 Local SKU を使用すると、必要な Azure リージョンの近くにある ExpressRoute の場所にデータを運ぶことができます。 ローカルでは、データ転送は ExpressRoute のポート料金に含まれます。

ピアリングの場所とサポートされている Azure ローカル リージョンについては、場所別のプロバイダーに関するページを参照してください。

ExpressRoute Global Reach を使用するオンプレミス間接続

ExpressRoute Global Reach を有効にして ExpressRoute 回線経由にすることで、オンプレミス サイト間でデータを交換することができます。 たとえば、カリフォルニアとテキサスに 1 つずつプライベート データ センターが 2 つあり、それぞれが対応する各リージョンの ExpressRoute 回線に接続されているとします。 ExpressRoute Global Reach を使ってデータ センターをこれらの回線にリンクできます。そうすると、データセンター間のトラフィックには Microsoft ネットワークが使われます。

詳細については、ExpressRoute Global Reach に関するページを参照してください。

大勢の接続パートナーが属するエコシステム

ExpressRoute のエコシステムには継続的に新しい接続パートナーとシステム インテグレーター パートナーが加わり、拡大します。 最新の情報については、ExpressRoute のパートナーとピアリングの場所に関する記事をご覧ください。

国内クラウドへの接続

Microsoft は特殊な地政学的領域と顧客区分のために隔離されたクラウド環境を運営しています。 国内のクラウドとプロバイダーの一覧については、ExpressRoute のパートナーとピアリングの場所に関する記事をご覧ください。

ExpressRoute Direct

ExpressRoute Direct では、世界中に戦略的に分散されたピアリングの場所で Microsoft のグローバル ネットワークに直接接続する機会がお客様に提供されます。 ExpressRoute Direct では、大規模なアクティブ/アクティブ接続をサポートするデュアル 100 Gbps 接続が提供されます。

以下に、ExpressRoute Direct で提供される主な機能の一部を示します。

  • Azure Storage や Azure Cosmos DB などのサービスへの大規模なデータ インジェスト。
  • 規制対象となっていて、専用の分離された接続が必要な、業種向けの物理的な分離。 たとえば、銀行、政府機関、小売などです。
  • 事業単位に基づいた回線配分の詳細な制御。

詳細については、ExpressRoute Direct に関するページを参照してください。

帯域幅のオプション

さまざまな帯域幅に合った ExpressRoute 回線を購入できます。 サポートされる帯域幅は以下のとおりです。 サポートされる帯域幅については接続プロバイダーに必ず確認してください。

  • 50 Mbps
  • 100 Mbps
  • 200 Mbps
  • 500 Mbps
  • 1 Gbps
  • 2 Gbps
  • 5 Gbps
  • 10 Gbps

回線の組み込みの冗長化は、2 つの Microsoft Enterprise Edge ルーター (MSEE) への、それぞれ購入した帯域幅であるプライマリ接続とセカンダリ接続を使用して構成されます。 セカンダリ接続経由で使用できる帯域幅は、必要に応じてさらに多くのトラフィックに使用できます。 セカンダリ接続は冗長性を目的としているため、それは保証されず、長期間の余分なトラフィックには使用しないでください。 プライマリ接続のみを使用してトラフィックを送信する予定である場合は、接続の帯域幅が固定され、オーバーサブスクライブしようとすると、パケットのドロップが増加します。

帯域幅の動的スケーリング

接続を損なうことなく ExpressRoute 回線の帯域幅を増やすことができます。 詳細については、「ExpressRoute 回線の変更」を参照してください。

柔軟な課金モデル

最適な請求モデルを選択できます。

  • 無制限のデータ。 課金は、月額料金に基づいて行われます。すべての受信および送信データ転送が無料で含まれます。
  • 従量制課金データ。 課金は、月額料金に基づいて行われます。すべての受信データ転送が無料となります。 送信データ転送は 1 GB のデータ転送単位で課金されます。 データ転送料金は地域によって異なります。
  • ExpressRoute Premium アドオン。 ExpressRoute Premiumは ExpressRoute 回線のアドオンです。 ExpressRoute Premium アドオンには次の機能があります。
    • Azure パブリックと Azure プライベートのピアリングのルート上限の増加 (4,000 ルートから 10,000 ルートに)。
    • サービスのグローバル接続。 (国内のクラウドを除く) あらゆるリージョンで作成された ExpressRoute 回線から、世界中の他のすべてのリージョンにあるリソースにアクセスできます。 たとえば、西ヨーロッパで作成された仮想ネットワークにシリコン バレーでプロビジョニングされた ExpressRoute 回線からアクセスできます。
    • ExpressRoute ごとの仮想ネットワーク リンクの上限数が 10 からより大きな数に増加 (回線の帯域幅によって異なる)。

よく寄せられる質問

ExpressRoute に関してよく寄せられる質問については、「ExpressRoute の FAQ」を参照してください。

新機能

RSS フィードを購読し、Azure 更新情報ページで、最新の ExpressRoute 機能の更新を確認します。

次のステップ