ExpressRoute の監視、メトリック、およびアラート

この記事では、Azure Monitor を使用した ExpressRoute の監視、メトリック、およびアラートについて説明します。 Azure Monitor を使用すると、Azure 全体のすべてのメトリック、アラート、診断ログを一元的に管理できます。

注意

クラシック メトリックの使用はお勧めしません。

ExpressRoute メトリック

[メトリック] を表示するには、[Azure Monitor] ページに移動して [メトリック] を選択します。 [ExpressRoute] メトリックを表示するには、リソースの種類を [ExpressRoute 回線] でフィルターを適用します。 [Global Reach] メトリックを表示するには、リソースの種類を [ExpressRoute 回線] でフィルターを適用し、Global Reach が有効になっている ExpressRoute 回線リソースを選択します。 ExpressRoute Direct メトリックを表示するには、 [ExpressRoute ポート] でリソースの種類をフィルターします。

メトリックを選択すると、既定の集計が適用されます。 必要に応じて、さまざまなディメンションでメトリックを表示する分割を適用できます。

重要

Azure portal で ExpressRoute メトリックを表示する場合は、可能な最適な結果を得るために、5 分以上の時間の細分性を選択します。

時間の細分性オプションのスクリーンショット。

集計の種類:

メトリックス エクスプローラーでは、集計の種類として SUM、MAX、MIN、AVG、COUNT がサポートされています。 各 ExpressRoute メトリックの分析情報を確認するときは、推奨される集計の種類を使用する必要があります。

  • Sum:集計間隔でキャプチャされたすべての値の合計。
  • Count:集計間隔でキャプチャされた測定値の数。
  • Average: 集計間隔でキャプチャされたメトリック値の平均。
  • Min:集計間隔でキャプチャされた値の最小値。
  • Max:集計間隔でキャプチャされた値の最大値。

ExpressRoute 回線

メトリック カテゴリ ユニット 集計の種類 説明 Dimensions 診断設定を使用したエクスポートが可能か?
ARP の可用性 可用性 Percent Average MSEE からすべてのピアへの ARP の可用性。 ピアリングの種類、ピア はい
BGP の可用性 可用性 Percent Average MSEE からすべてのピアへの BGP の可用性。 ピアリングの種類、ピア はい
BitsInPerSecond (受信ビット数/秒) トラフィック BitsPerSecond Average 1 秒あたりの Azure へのイングレス ビット数 ピアリングの種類 いいえ
BitsOutPerSecond (送信ビット数/秒) トラフィック BitsPerSecond Average 1 秒あたりの Azure からのエグレス ビット数 ピアリングの種類 いいえ
DroppedInBitsPerSecond トラフィック BitsPerSecond Average 1 秒あたりに破棄されたデータのイングレス ビット数 ピアリングの種類 はい
DroppedOutBitsPerSecond トラフィック BitPerSecond Average 1 秒あたりに破棄されたデータのエグレス ビット数 ピアリングの種類 はい
GlobalReachBitsInPerSecond トラフィック BitsPerSecond Average 1 秒あたりの Azure へのイングレス ビット数 PeeredCircuitSKey いいえ
GlobalReachBitsOutPerSecond トラフィック BitsPerSecond Average 1 秒あたりの Azure からのエグレス ビット数 PeeredCircuitSKey いいえ

注意

GlobalGlobalReachBitsInPerSecondGlobalGlobalReachBitsOutPerSecond の使用は、少なくとも 1 つの Global Reach 接続が確立されている場合にのみ表示されます。

ExpressRoute ゲートウェイ

メトリック カテゴリ ユニット 集計の種類 説明 Dimensions 診断設定を使用したエクスポートが可能か?
1 秒あたりの受信ビット数 パフォーマンス BitsPerSecond Average ExpressRoute ゲートウェイで受信した 1 秒あたりの合計ビット数 roleInstance いいえ
CPU 使用率 パフォーマンス Count Average ExpressRoute ゲートウェイの CPU 使用率 roleInstance はい
1 秒あたりのパケット数 パフォーマンス CountPerSecond 平均値 ExpressRoute ゲートウェイで受信した 1 秒あたりの合計パケット数 roleInstance いいえ
ピアにアドバタイズされたルートの数 可用性 Count 最大値 ExpressRouteGateway によってピアにアドバタイズされたルートの数 roleInstance はい
ピアから学習したルートの数 可用性 Count 最大値 ExpressRouteGateway によってピアから学習したルートの数 roleInstance はい
ルートが変更された頻度 可用性 Count 合計 ExpressRoute ゲートウェイでのルート変更の頻度 roleInstance いいえ
仮想ネットワーク内の VM の数 可用性 Count 最大値 仮想ネットワーク内の VM の数 ディメンションなし いいえ

Azure ExpressRoute ゲートウェイの接続

メトリック カテゴリ ユニット 集計の種類 説明 Dimensions 診断設定を使用したエクスポートが可能か?
BitsInPerSecond (受信ビット数/秒) トラフィック BitsPerSecond Average ExpressRoute ゲートウェイを経由する 1 秒あたりの Azure へのイングレス ビット数 ConnectionName いいえ
BitsOutPerSecond (送信ビット数/秒) トラフィック BitsPerSecond Average ExpressRoute ゲートウェイを経由する 1 秒あたりの Azure へのエグレス ビット数 ConnectionName いいえ
DroppedInBitsPerSecond トラフィック BitsPerSecond Average 1 秒あたりに破棄されたデータのイングレス ビット数 ConnectionName はい
DroppedOutBitsPerSecond トラフィック BitPerSecond Average 1 秒あたりに破棄されたデータのエグレス ビット数 ConnectionName はい

ExpressRoute Direct

メトリック カテゴリ ユニット 集計の種類 説明 Dimensions 診断設定を使用したエクスポートが可能か?
BitsInPerSecond (受信ビット数/秒) トラフィック BitsPerSecond Average 1 秒あたりの Azure へのイングレス ビット数 Link いいえ
BitsOutPerSecond (送信ビット数/秒) トラフィック BitsPerSecond Average 1 秒あたりの Azure からのエグレス ビット数 Link いいえ
DroppedInBitsPerSecond トラフィック BitsPerSecond Average 1 秒あたりに破棄されたデータのイングレス ビット数 Link いいえ
DroppedOutBitsPerSecond トラフィック BitPerSecond Average 1 秒あたりに破棄されたデータのエグレス ビット数 Link いいえ
AdminState 物理的な接続性 Count Average ポートの管理状態 Link いいえ
LineProtocol 物理的な接続性 Count Average ポートの回線プロトコルの状態 Link いいえ
RxLightLevel 物理的な接続性 Count Average DBM の Rx ライト レベル Link、Lane いいえ
TxLightLevel 物理的な接続性 Count Average DBM の Tx ライト レベル Link、Lane いいえ

ExpressRoute Traffic Collector

メトリック カテゴリ ユニット 集計の種類 説明 Dimensions 診断設定を使用したエクスポートが可能か?
CPU 使用率 パフォーマンス Count Average ExpressRoute Traffic Collector の CPU 使用率 roleInstance はい
メモリ使用率 パフォーマンス CountPerSecond Average ExpressRoute Traffic Collector のメモリ使用率 roleInstance はい
処理されたフロー レコードの数 可用性 Count 最大値 処理された、または取り込まれたフロー レコードの数 roleInstance、ExpressRoute 回線 はい

回線のメトリック

ビットのインとアウト - すべてのピアリング全体でのメトリック

集計の種類: Avg

特定の ExpressRoute 回線上のすべてのピアリングを超えてメトリックを表示できます。

回線のメトリック

ビットのインとアウト - ピアリングごとのメトリック

集計の種類: Avg

プライベート、パブリック、Microsoft ピアリングのメトリック (ビット/秒) を表示できます。

ピアリングごとのメトリック

BGP の可用性 - ピアによる分割

集計の種類: Avg

ピアリングとピア (プライマリとセカンダリの ExpressRoute ルーター) 全体で、BGP (レイヤー 3 接続) の可用性はほぼリアルタイムで表示できます。 このダッシュボードには、プライベート ピアリング用のプライマリ BGP セッション状態はアップ状態であり、プライベート ピアリング用の 2 番目の BGP セッション状態はダウン状態であると表示されます。

ピアごとの BGP の可用性

Note

Microsoft のエッジとコア ネットワークの間のメンテナンス中は、お客様のエッジと Microsoft のエッジの間で BGP セッションがアップしたままであっても、BGP の可用性は低下します。 Microsoft のエッジとコア ネットワークの間のメンテナンスについては、メンテナンス アラートを有効にして構成してあることを確認してください。

ARP の可用性 - ピアリングによる分割

集計の種類: Avg

ピアリングとピア (プライマリとセカンダリの ExpressRoute ルーター) 全体で、ARP (レイヤー 3 接続) の可用性はほぼリアルタイムで表示できます。 このダッシュボードには、両方のピア間のプライベート ピアリング ARP セッションはアップ状態だがピア間の Microsoft ピアリングはダウン状態であることが表示されます。 既定の集計 (平均) は、両方のピアとの間に使用されていました。

ピアごとの ARP の可用性

ExpressRoute Direct メトリック

集計の種類: Avg

ExpressRoute Direct ポート ペアのリンクごとに管理状態を表示できます。 管理状態は、物理ポートがオンかオフかを示します。 この状態は、ExpressRoute Direct 接続を介してトラフィックを通過させるために必要です。

ER Direct 管理状態

集計の種類: Avg

ExpressRoute Direct ポート ペアの両方のリンクを対象に、1 秒あたりのビット インを表示できます。 このダッシュボードを監視して、両方のリンクの着信帯域幅を比較します。

ER Direct の 1 秒あたりのビット イン

集計の種類: Avg

ExpressRoute Direct ポート ペアの両方のリンクを対象に、1 秒あたりのビット アウトも表示できます。 このダッシュボードを監視して、両方のリンクの発信帯域幅を比較します。

ER Direct の 1 秒あたりのビット アウト

集計の種類: Avg

ExpressRoute Direct ポート ペアのリンクごとに回線プロトコルを表示できます。 回線プロトコルは、物理リンクが ExpressRoute Direct 経由で稼働しているかどうかを示します。 このダッシュボードを監視し、物理接続が停止したことを通知するアラートを設定します。

ER Direct 回線プロトコル

集計の種類: Avg

ポート別の Rx ライト レベル (ExpressRoute Direct ポートで受信するライト レベル) を表示できます。 正常な Rx ライト レベルは通常、-10 dBm から 0 dBm までの範囲内です。 Rx ライト レベルが正常範囲外になった場合に通知されるようにアラートを設定します。

ER Direct 回線 Rx ライト レベル

Note

ExpressRoute Direct 接続は、さまざまなデバイス プラットフォームでホストされます。 一部の ExpressRoute Direct 接続では、レーンごとの Rx ライト レベルの分割ビューがサポートされます。 ただし、これはすべてのデプロイでサポートされているわけではありません。

集計の種類: Avg

ポート別の Tx ライト レベル (ExpressRoute Direct ポートで送信するライト レベル) を表示できます。 正常な Tx ライト レベルは一般に、-10 dBm から 0 dBm までの範囲内です。 Tx ライト レベルが正常範囲外になった場合に通知されるようにアラートを設定します。

ER Direct 回線 Tx ライト レベル

Note

ExpressRoute Direct 接続は、さまざまなデバイス プラットフォームでホストされます。 一部の ExpressRoute Direct 接続では、レーンごとの Tx ライト レベルの分割ビューがサポートされます。 ただし、これはすべてのデプロイでサポートされているわけではありません。

ExpressRoute 仮想ネットワーク ゲートウェイ メトリック

集計の種類: Avg

ExpressRoute ゲートウェイをデプロイすると、Azure でゲートウェイのコンピューティングと機能が管理されます。 ゲートウェイのパフォーマンスをより深く理解するために、6 つのゲートウェイ メトリックが用意されています。

  • 1 秒あたりの受信ビット数
  • CPU 使用率
  • 1 秒あたりのパケット数
  • ピアにアドバタイズされたルートの数
  • ピアから学習したルートの数
  • ルートが変更された頻度
  • 仮想ネットワーク内の VM の数

これらのメトリックごとにアラートを設定することを強くお勧めします。これにより、ゲートウェイでパフォーマンスの問題が発生した場合に把握できます。

1 秒あたりの受信ビット数 - インスタンス別に分割

集計の種類: Avg

このメトリックは、ExpressRoute 仮想ネットワーク ゲートウェイ インスタンス上の受信帯域幅使用率をキャプチャします。 帯域幅使用率が特定のしきい値を超えた頻度について、アラートを設定します。 より多くの帯域幅が必要な場合は、ExpressRoute 仮想ネットワーク ゲートウェイのサイズを増やします。

1 秒あたりの受信ビット数 - 分割メトリックのスクリーンショット。

CPU 使用率 - インスタンスで分割

集計の種類: Avg

各ゲートウェイ インスタンスの CPU 使用率を表示できます。 定期的なホスト メンテナンス中に CPU 使用率が急増することがありますが、CPU 使用率が高い状態が長く続く場合は、ゲートウェイがパフォーマンスのボトルネックに達していることを示している可能性があります。 ExpressRoute ゲートウェイのサイズを増やすと、この問題が解決することがあります。 CPU 使用率が特定のしきい値を超えた頻度について、アラートを設定します。

CPU 使用率 - 分割メトリックのスクリーンショット。

1 秒あたりのパケット数 - インスタンスで分割

集計の種類: Avg

このメトリックは、ExpressRoute ゲートウェイを通過する受信パケットの数をキャプチャします。 ゲートウェイがオンプレミス ネットワークからのトラフィックを受信している場合は、一貫したデータ ストリームがここに表示されることが想定されます。 1 秒あたりのパケット数がしきい値を下回り、ゲートウェイがトラフィックを受信しなくなったことを示している場合のアラートを設定します。

1 秒あたりのパケット数 - 分割メトリックのスクリーンショット。

ピアにアドバタイズされたルートの数 - インスタンスで分割

集計の種類: Max

このメトリックは、ExpressRoute ゲートウェイで回線にアドバタイズされているルート数を示しています。 アドレス空間には、VNet ピアリングを使用して接続され、リモート ExpressRoute ゲートウェイが使用される仮想ネットワークが含まれる場合があります。 仮想ネットワークのアドレス空間に頻繁に変更が加えられない限り、ルートの数は一定であると想定されます。 認識している仮想ネットワーク アドレス空間の数に対して、アドバタイズされたルートの数がしきい値を下回った場合のアラートを設定します。

ピアにアドバタイズされたルートの数のスクリーンショット。

ピアから学習したルートの数 - インスタンスで分割

集計の種類: Max

このメトリックは、ExpressRoute ゲートウェイで ExpressRoute 回線に接続されているピアから学習しているルートの数を示します。 これらのルートは、同じ回線に接続されている別の仮想ネットワークのものでも、オンプレミスから学習したものでもかまいません。 学習したルートの数が特定のしきい値を下回った場合のアラートを設定します。 これは、ゲートウェイでパフォーマンスの問題が発生しているか、リモート ピアで ExpressRoute 回線へのルートがアドバタイズされていないことを示している可能性があります。

ピアから学習したルートの数のスクリーンショット。

ルート変更の頻度 - インスタンスで分割

集計の種類: Sum

このメトリックは、リモート ピアから学習した、またはアドバタイズされたルートの頻度を示します。 まず、オンプレミスのデバイスを調査して、ネットワークが頻繁に変更されている理由を把握しておく必要があります。 ルート変更の頻度が高い場合は、ExpressRoute ゲートウェイでパフォーマンスの問題が発生している可能性があり、この問題はゲートウェイ SKU のスケール アップによって解決することがあります。 ExpressRoute ゲートウェイで異常なルート変更が観察されるとき、認識すべき頻度のしきい値のアラートを設定します。

ルートが変更された頻度のメトリックのスクリーンショット。

仮想ネットワーク内の VM の数

集計の種類: Max

このメトリックは、ExpressRoute ゲートウェイが使用されている仮想マシンの数を示します。 仮想マシンの数には、同じ ExpressRoute ゲートウェイが使用されているピアリングされた仮想ネットワークの VM が含まれる場合があります。 VM の数が特定のしきい値を超え、ゲートウェイのパフォーマンスに影響する可能性がある場合に、このメトリックのアラートを設定します。

仮想ネットワーク内の仮想マシンの数を示すメトリックのスクリーンショット。

注意

サービスの信頼性を確保するために、Microsoft はゲートウェイ サービスのプラットフォームまたは OS のメンテナンスを頻繁に実行します。 その期間は、このメトリックが変動し、レポートが不正確になることがあります。

ExpressRoute ゲートウェイの接続 (ビット/秒)

集計の種類: Avg

このメトリックは、ExpressRoute ゲートウェイを経由する 1 秒あたりの Azure へのイングレスとエグレスのビット数を示しています。 このメトリックをさらに分割して、ExpressRoute 回線への特定の接続を確認できます。

ゲートウェイ接続の帯域幅の使用量を示すメトリックのスクリーンショット。

ExpressRoute Traffic Collector のメトリック

CPU 使用率 - インスタンスで分割

集計の種類: Avg (利用されている CPU の合計に対する割合)

細分性: 5 分

各 ExpressRoute Traffic Collector インスタンスの CPU 使用率を表示できます。 定期的なホスト メンテナンス中に CPU 使用率が急増することがありますが、CPU 使用率が高い状態が長く続く場合は、ExpressRoute Traffic Collector がパフォーマンスのボトルネックに達していることを示している可能性があります。

ガイダンス: 平均 CPU 使用率が特定のしきい値を超えた頻度について、アラートを設定します。

ExpressRoute Traffic Collector の CPU 使用率のスクリーンショット。

メモリ使用率 - インスタンスで分割

集計の種類: Avg (利用されているメモリの合計に対する割合)

細分性: 5 分

各 ExpressRoute Traffic Collector インスタンスのメモリ使用率を表示できます。 定期的なホスト メンテナンス中にメモリ使用率が急増することがありますが、メモリ使用率が高い状態が長く続く場合は、Azure Traffic Collector がパフォーマンスのボトルネックに達していることを示している可能性があります。

ガイダンス: 平均メモリ使用率が特定のしきい値を超えた頻度について、アラートを設定します。

ExpressRoute Traffic Collector のメモリ使用率のスクリーンショット。

処理されたフロー レコードの数 - インスタンスまたは ExpressRoute 回線で分割

集計の種類: Count

細分性: 5 分

ExpressRoute Traffic Collector によって処理され、ExpressRoute 回線間で集計されたフロー レコードの数を表示できます。 複数の回線が ExpressRoute Traffic Collector に関連付けられている場合、ExpressRoute Traffic Collector インスタンスまたは ExpressRoute 回線ごとにメトリックを分割できます。 このメトリックを監視すると、より多くの ExpressRoute Traffic Collector インスタンスをデプロイする必要があるか、または ExpressRoute 回線の関連付けを 1 つの ExpressRoute Traffic Collector のデプロイから別の ExpressRoute Traffic Collector デプロイに移行する必要があるかどうかを理解するのに役立ちます。

ガイダンス: 複数の ExpressRoute 回線が 1 つの ExpressRoute Traffic Collector のデプロイに関連付けられている場合は、回線ごとに分割することをお勧めします。 これにより、各 ExpressRoute 回線のフロー数、および各 ExpressRoute 回線による ExpressRoute Traffic Collector の使用率を決定するのに役立ちます。

ExpressRoute 回線の平均フロー レコードのスクリーンショット。

ExpressRoute ゲートウェイの接続のアラート

  1. アラートを設定するには、Azure Monitor に移動し、[アラート] を選びます。

    alerts

  2. [+ ターゲットの選択] を選択し、ExpressRoute ゲートウェイの接続リソースを選択します。

    target

  3. アラートの詳細を定義します。

    アクション グループ

  4. アクション グループを定義して追加します。

    アクション グループの追加

各ピアリングに基づくアラート

各ピアリング

回線でアクティビティ ログのアラートを設定する

[アラートの条件] で、[シグナルの種類] に [アクティビティ ログ] を選択し、[シグナル] を選択することができます。

アクティビティ ログ

Log Analytics のその他のメトリック

ExpressRoute メトリックは、ExpressRoute 回線リソースに移動し、[ログ] タブを選択する方法でも表示できます。クエリを実行するメトリックについては、出力に以下の列が含まれます。

Type 説明
TimeGrain string PT1M (メトリック値が 1 分ごとにプッシュされます)
Count real 通常は 2 に等しい (各 MSEE により、1 分ごとにメトリック値が 1 つプッシュされます)
最小値 real 2 つの MSEE によってプッシュされる 2 つのメトリック値の最小値
最大値 real 2 つの MSEE によってプッシュされる 2 つのメトリック値の最大値
Average real (最小値 + 最大値)/2 に等しい
合計 real 両方の MSEE からの 2 つのメトリック値の合計 (クエリが実行されたメトリックの場合、メインの値に焦点が当たる)

次のステップ

ExpressRoute 接続を設定します。