クイック スタート:Azure Resource Graph エクスプローラーを使用して初めての Resource Graph クエリを実行する

Azure Resource Graph の機能は、Azure portal で Azure Resource Graph エクスプローラーを通じて直接利用できます。 Resource Graph エクスプローラーでは、Azure Resource Manager のリソースの種類やプロパティに関する情報のクエリを実行できます。 また、Resource Graph エクスプローラーにはインターフェイスが備わっていて、複数のクエリを実行してその結果を評価するほか、いくつかのクエリの結果をグラフに変換して Azure ダッシュボードにピン留めすることもできます。

前提条件

Azure アカウントをお持ちでない場合は、開始する前に無料アカウントを作成してください。

最初の Resource Graph クエリを実行する

Azure Resource Graph エクスプローラーを使用して Azure portal から初めてのクエリを実行します。

  1. Azure portal にサインインします。

  2. resource graph」を検索し、[Resource Graph エクスプローラー] を選択します。

    Azure portal での resource graph の検索を示すスクリーンショット。

  3. ウィンドウの [クエリ 1] 部分に次のクエリをコピーして貼り付けます。 その後、[クエリの実行] を選びます。

    resources
    | project name, type
    | limit 5
    

    クエリの実行、結果、メッセージが強調表示されている Azure Resource Graph エクスプローラーのスクリーンショット。

    このクエリの例では、order by のような並べ替え修飾子は指定されていません。 このクエリを複数回実行すると、要求ごとに得られる一連のリソースが異なる可能性があります。

  4. [結果] タブでクエリの応答を確認し、[メッセージ] タブを選択して、結果の件数やクエリの実行時間など、クエリの詳細を表示します。 エラーがある場合は、[メッセージ] に表示されます。

  5. このクエリを更新して order byname プロパティを指定します。 その後、[クエリの実行] を選択します

    resources
    | project name, type
    | limit 5
    | order by name asc
    

    最初のクエリのように、このクエリを複数回実行すると要求ごとに異なる一連のリソースを生成する可能性があります。 クエリ コマンドの順序が重要です。 この例では、limit の後に order by がきます。 このコマンドの順序によって、まずクエリ結果が制限され、次にその結果が並べ替えられます。

  6. このクエリを更新して、order byname プロパティを指定してから limit に上位 5 件の結果を指定します。 その後、 [クエリの実行] を選択します。

    resources
    | project name, type
    | order by name asc
    | limit 5
    

    最後のクエリを複数回実行した場合、環境内で変更がなければ、結果は変わらず、name プロパティで並べ替えられますが、引き続き上位 5 件の結果に制限されます。

スキーマ ブラウザー

スキーマ ブラウザーは、Resource Graph エクスプローラーの左側のウィンドウに配置されています。 このリソース一覧には、Azure Resource Graph でサポートされており、テナントに存在する Azure リソースの "リソースの種類" がすべて表示されます。 リソースの種類またはプロパティを選択して、Resource Graph クエリの作成に使用できる子プロパティを表示します。

スキーマ ブラウザーからテーブル名を選択すると、クエリに追加されます。 リソースの種類を選択すると、where type =="<resource type>" のように、クエリに追加されます。 プロパティを選択すると、where <propertyName> == "INSERT_VALUE_HERE" のように、クエリ内の次の行に追加されます。 スキーマ ブラウザーを使用して、クエリで使用できるプロパティを見つけることができます。 INSERT_VALUE_HERE は実際の値に置き換え、条件や演算子、関数を使いながらクエリを調整してください。

この例では、リソースの種類 microsoft.authorization/roledefinitions とプロパティ roleName を含むテーブル authorizationresources を選択して、スキーマ ブラウザーから作成されたクエリを示します。

authorizationresources
| where type == "microsoft.authorization/roledefinitions"
| where properties['roleName'] == "INSERT_VALUE_HERE"

リソースの種類とプロパティが強調表示されている Azure Resource Graph エクスプローラーのスキーマ ブラウザーのスクリーンショット。

クエリ結果を CSV ファイルとしてダウンロードする

Azure portal からコンマ区切り値 (CSV) の結果をダウンロードするには、Azure Resource Graph エクスプローラーを参照してクエリを実行します。 次のスクリーンショットに示すように、ツール バーの [CSV としてダウンロード] を選択します。

[CSV としてダウンロード] が強調表示されている Azure Resource Graph エクスプローラーのスクリーンショット。

Azure Resource Graph エクスプローラーの [CSV としてダウンロード] エクスポート機能を使用すると、結果セットは 55,000 レコードに制限されます。 この制限はプラットフォームの制限であり、Azure サポート チケットを提出してもオーバーライドできません。

Resource Graph クエリからグラフを作成する

前のクエリを実行した後、[グラフ] タブを選択すると、"結果セットが円グラフの視覚化と互換性がありません" というメッセージが表示されます。結果を一覧表示するクエリはグラフにすることができませんが、リソース数を返すクエリであれば、グラフにすることができます。

  1. ウィンドウの [クエリ 1] 部分に次のクエリを入力し、 [クエリの実行] を選択します。

    resources
    | where type == "microsoft.compute/virtualmachines"
    | summarize count() by tostring(properties.storageProfile.osDisk.osType)
    
  2. [結果] タブを選択し、このクエリの応答でカウントが示されていることを確認します。

  3. [グラフ] タブを選択します。[グラフの種類の選択...] から [横棒グラフ] または [ドーナツ グラフ] のいずれかに種類を変更します。

    グラフのドロップダウン メニューが強調表示されている Azure Resource Graph エクスプローラーのスクリーンショット。

クエリの視覚化結果をダッシュボードにピン留めする

視覚化できる結果をクエリから得たら、その視覚化したデータを Azure portal ダッシュボードにピン留めすることができます。 前のクエリを実行した後、次の手順を実行します。

  1. [保存] を選択し、VMs by OS Type という名前を付けます。 その後、右側のウィンドウの下部にある [保存] を選択します。
  2. [クエリの実行] を選択して、保存したクエリを再実行します。
  3. [グラフ] タブで、データの視覚化を選択します。 次に、 [ダッシュボードにピン留めする] を選択します。
  4. [ダッシュボードにピン留めする] から、グラフを表示する既存のダッシュボードを選択します。

VM by OS type というタイトルで、ダッシュボードでクエリが利用可能な状態になります。 クエリがピン留めされる前に保存されなかった場合、名前は代わりにクエリ 1 になります。

クエリとその結果であるデータの視覚化は、ダッシュボードが読み込まれるたびに実行されて更新されるため、ご利用の Azure 環境に関するリアルタイムかつ動的な分析情報がワークフローに直接示されます。

リスト形式の結果を返すクエリもダッシュボードにピン留めできます。 この機能は、クエリのデータの視覚化に制限されません。

ダッシュボードの操作について詳しくは、「Azure portal でダッシュボードを作成する」をご覧ください。

リソースをクリーンアップする

ご利用の Azure portal 環境からサンプルの Resource Graph ダッシュボードを削除する場合は、次の手順を実行します。

  1. ポータル ページの左側の上部にあるハンバーガー メニュー (横線 3 本) から [ダッシュボード] を選択します。
  2. ダッシュボードで、VM by OS type グラフを見つけ、省略記号 (...) を選択してメニューを表示します。
  3. [ダッシュボードから削除] を選択し、[保存] を選択して確定します。

次のステップ

このクイックスタートでは、Azure Resource Graph エクスプローラーを使用して初めてのクエリを実行し、Resource Graph を使用したダッシュボードの例を見てきました。 Resource Graph 言語の詳細については、クエリ言語の詳細ページに進んでください。