Share via


AMQP プロトコルを使用した IoT Hub との通信

Azure IoT Hub では、デバイスに接続されているエンドポイントとサービスに接続されているエンドポイントからさまざまな機能を提供するために、 OASIS Advanced Message Queuing Protocol (AMQP) バージョン 1.0 をサポートします。 このドキュメントでは、IoT Hub の機能を使用するために、IoT ハブに接続する AMQP クライアントの使用について説明します。

サービス クライアント

IoT ハブに接続して認証する (サービス クライアント)

AMQP を使用して IoT ハブに接続するには、クライアントはクレーム ベース セキュリティ (CBS) または簡易認証およびセキュリティ層 (SASL) の認証を使用できます。

サービス クライアントでは、次の情報が必要になります。

Information
IoT ハブ ホスト名 <iot-hub-name>.azure-devices.net
キー名 service
アクセス キー サービスに関連付けられたプライマリ キーまたはセカンダリ キー
共有アクセス署名 次の形式の、存続期間が短い共有アクセス署名: SharedAccessSignature sig={signature-string}&se={expiry}&skn={policyName}&sr={URL-encoded-resourceURI}。 この署名を生成するためのコードを入手するには、「IoT Hub へのアクセスの制御」を参照してください。

次のコード スニペットでは、Python で uAMQP ライブラリを使用して、送信者リンク経由で IoT ハブに接続します。

import uamqp
import urllib
import time

# Use generate_sas_token implementation available here:
# https://learn.microsoft.com/azure/iot-hub/iot-hub-devguide-security#sas-token-structure
from helper import generate_sas_token

iot_hub_name = '<iot-hub-name>'
hostname = '{iot_hub_name}.azure-devices.net'.format(iot_hub_name=iot_hub_name)
policy_name = 'service'
access_key = '<primary-or-secondary-key>'
operation = '<operation-link-name>'  # example: '/messages/devicebound'

username = '{policy_name}@sas.root.{iot_hub_name}'.format(
    iot_hub_name=iot_hub_name, policy_name=policy_name)
sas_token = generate_sas_token(hostname, access_key, policy_name)
uri = 'amqps://{}:{}@{}{}'.format(urllib.quote_plus(username),
                                  urllib.quote_plus(sas_token), hostname, operation)

# Create a send or receive client
send_client = uamqp.SendClient(uri, debug=True)
receive_client = uamqp.ReceiveClient(uri, debug=True)

cloud-to-device メッセージを呼び出す (サービス クライアント)

サービスと IoT ハブ間およびデバイスと IoT ハブ間の cloud-to-device メッセージ交換の詳細については、「cloud-to-device メッセージを IoT Hub から送信する」を参照してください。 次の表で説明しているように、サービス クライアントでは 2 つのリンクを使用して、メッセージを送信したり、以前にデバイスから送信されたメッセージに対するフィードバックを受信したりします。

作成者 リンクの種類 リンク パス 説明
サービス 送信者リンク /messages/devicebound デバイスが宛先の cloud-to-device メッセージは、サービスによってこのリンクに送信されます。 このリンク経由で送信されたメッセージには、ターゲット デバイスの受信者リンク パスである /devices/<deviceID>/messages/devicebound に設定された To プロパティがあります。
サービス 受信者リンク /messages/serviceBound/feedback デバイスから取得する完了、拒否、破棄のフィードバック メッセージは、サービスによってこのリンクで受信されます。 フィードバック メッセージの詳細については、「cloud-to-device メッセージを IoT Hub から送信する」を参照してください。

次のコード スニペットは、Python の uAMQP ライブラリを使用して、cloud-to-device メッセージを作成し、デバイスに送信する方法を示しています。

import uuid
# Create a message and set message property 'To' to the device-bound link on device
msg_id = str(uuid.uuid4())
msg_content = b"Message content goes here!"
device_id = '<device-id>'
to = '/devices/{device_id}/messages/devicebound'.format(device_id=device_id)
ack = 'full'  # Alternative values are 'positive', 'negative', and 'none'
app_props = {'iothub-ack': ack}
msg_props = uamqp.message.MessageProperties(message_id=msg_id, to=to)
msg = uamqp.Message(msg_content, properties=msg_props,
                    application_properties=app_props)

# Send the message by using the send client that you created and connected to the IoT hub earlier
send_client.queue_message(msg)
results = send_client.send_all_messages()

# Close the client if it's not needed
send_client.close()

フィードバックを受信するために、サービス クライアントによって受信者リンクが作成されます。 次のコード スニペットは、Python の uAMQP ライブラリを使用してリンクを作成する方法を示しています。

import json

operation = '/messages/serviceBound/feedback'

# ...
# Re-create the URI by using the preceding feedback path and authenticate it
uri = 'amqps://{}:{}@{}{}'.format(urllib.quote_plus(username),
                                  urllib.quote_plus(sas_token), hostname, operation)

receive_client = uamqp.ReceiveClient(uri, debug=True)
batch = receive_client.receive_message_batch(max_batch_size=10)
for msg in batch:
    print('received a message')
    # Check content_type in message property to identify feedback messages coming from device
    if msg.properties.content_type == 'application/vnd.microsoft.iothub.feedback.json':
        msg_body_raw = msg.get_data()
        msg_body_str = ''.join(msg_body_raw)
        msg_body = json.loads(msg_body_str)
        print(json.dumps(msg_body, indent=2))
        print('******************')
        for feedback in msg_body:
            print('feedback received')
            print('\tstatusCode: ' + str(feedback['statusCode']))
            print('\toriginalMessageId: ' + str(feedback['originalMessageId']))
            print('\tdeviceId: ' + str(feedback['deviceId']))
            print
    else:
        print('unknown message:', msg.properties.content_type)

前のコードで示しているように、cloud-to-device フィードバック メッセージのコンテンツ タイプは application/vnd.microsoft.iothub.feedback.json です。 メッセージの JSON 本文のプロパティを使用して、元のメッセージの配信状態を推測できます。

  • フィードバック本文のキー statusCode は、次のいずれかの値になります: Success (成功)、Expired (有効期限切れ)、DeliveryCountExceeded (配信数超過)、Rejected (拒否)、または Purged (消去済み)。

  • フィードバックの本文のキー deviceId には、ターゲット デバイスの ID が含まれます。

  • フィードバックの本文のキー originalMessageId には、サービスによって送信された元の cloud-to-device メッセージの ID が含まれます。 この配信状態を使用して、フィードバックを cloud-to-device メッセージに関連付けることができます。

テレメトリのメッセージの受信 (サービス クライアント)

既定では、IoT ハブは取り込まれたデバイス テレメトリ メッセージを組み込みのイベント ハブ内に格納します。 サービス クライアントは AMQP プロトコルを使用して、格納されたイベントを受信できます。

そのため、サービス クライアントは最初に IoT ハブ エンドポイントに接続し、組み込みのイベント ハブへのリダイレクト アドレスを受け取る必要があります。 その後、サービス クライアントは提供されたアドレスを使用して、組み込みのイベント ハブに接続します。

各手順で、クライアントは次の情報を提示する必要があります。

  • 有効なサービス資格情報 (サービス共有アクセス署名トークン)。

  • メッセージの取得元となるコンシューマー グループ パーティションへの適切な形式のパス。 指定のコンシューマー グループおよびパーティション ID について、パスは次の形式になります: /messages/events/ConsumerGroups/<consumer_group>/Partitions/<partition_id> (既定のコンシューマー グループは $Default)。

  • パーティション内の開始点を指定するための省略可能なフィルター処理述語。 この述語は、シーケンス番号、オフセット、またはキューに格納されたタイムスタンプの形式で指定できます。

次のコード スニペットでは、Python の uAMQP ライブラリを使用して前述の手順を示しています。

import json
import uamqp
import urllib
import time

# Use the generate_sas_token implementation that's available here: https://learn.microsoft.com/azure/iot-hub/iot-hub-devguide-security#sas-token-structure
from helper import generate_sas_token

iot_hub_name = '<iot-hub-name>'
hostname = '{iot_hub_name}.azure-devices.net'.format(iot_hub_name=iot_hub_name)
policy_name = 'service'
access_key = '<primary-or-secondary-key>'
operation = '/messages/events/ConsumerGroups/{consumer_group}/Partitions/{p_id}'.format(
    consumer_group='$Default', p_id=0)

username = '{policy_name}@sas.root.{iot_hub_name}'.format(
    policy_name=policy_name, iot_hub_name=iot_hub_name)
sas_token = generate_sas_token(hostname, access_key, policy_name)
uri = 'amqps://{}:{}@{}{}'.format(urllib.quote_plus(username),
                                  urllib.quote_plus(sas_token), hostname, operation)

# Optional filtering predicates can be specified by using endpoint_filter
# Valid predicates include:
# - amqp.annotation.x-opt-sequence-number
# - amqp.annotation.x-opt-offset
# - amqp.annotation.x-opt-enqueued-time
# Set endpoint_filter variable to None if no filter is needed
endpoint_filter = b'amqp.annotation.x-opt-sequence-number > 2995'

# Helper function to set the filtering predicate on the source URI


def set_endpoint_filter(uri, endpoint_filter=''):
    source_uri = uamqp.address.Source(uri)
    source_uri.set_filter(endpoint_filter)
    return source_uri


receive_client = uamqp.ReceiveClient(
    set_endpoint_filter(uri, endpoint_filter), debug=True)
try:
    batch = receive_client.receive_message_batch(max_batch_size=5)
except uamqp.errors.LinkRedirect as redirect:
    # Once a redirect error is received, close the original client and recreate a new one to the re-directed address
    receive_client.close()

    sas_auth = uamqp.authentication.SASTokenAuth.from_shared_access_key(
        redirect.address, policy_name, access_key)
    receive_client = uamqp.ReceiveClient(set_endpoint_filter(
        redirect.address, endpoint_filter), auth=sas_auth, debug=True)

# Start receiving messages in batches
batch = receive_client.receive_message_batch(max_batch_size=5)
for msg in batch:
    print('*** received a message ***')
    print(''.join(msg.get_data()))
    print('\t: ' + str(msg.annotations['x-opt-sequence-number']))
    print('\t: ' + str(msg.annotations['x-opt-offset']))
    print('\t: ' + str(msg.annotations['x-opt-enqueued-time']))

指定のデバイス ID に対して、IoT ハブはデバイス ID のハッシュを使用して、そのメッセージを格納するパーティションを判断します。 上記のコード スニペットでは、そのような単一のパーティションからイベントを受信する方法を示しています。 ただし、一般的なアプリケーションは多くの場合、すべてのイベント ハブ パーティションに格納されているイベントを取得する必要があることに注意してください。

デバイス クライアント

IoT ハブに接続して認証する (デバイス クライアント)

AMQP を使用して IoT ハブに接続するには、デバイスでクレーム ベース セキュリティ (CBS) または簡易認証およびセキュリティ層 (SASL) の認証を使用できます。

デバイス クライアントでは、次の情報が必要です。

Information
IoT ハブ ホスト名 <iot-hub-name>.azure-devices.net
アクセス キー デバイスに関連付けられたプライマリ キーまたはセカンダリ キー
共有アクセス署名 次の形式の、存続期間が短い共有アクセス署名: SharedAccessSignature sig={signature-string}&se={expiry}&skn={policyName}&sr={URL-encoded-resourceURI}。 この署名を生成するためのコードを入手するには、「IoT Hub へのアクセスの制御」を参照してください。

次のコード スニペットでは、Python で uAMQP ライブラリを使用して、送信者リンク経由で IoT ハブに接続します。

import uamqp
import urllib
import uuid

# Use generate_sas_token implementation available here:
# https://learn.microsoft.com/azure/iot-hub/iot-hub-devguide-security#sas-token-structure
from helper import generate_sas_token

iot_hub_name = '<iot-hub-name>'
hostname = '{iot_hub_name}.azure-devices.net'.format(iot_hub_name=iot_hub_name)
device_id = '<device-id>'
access_key = '<primary-or-secondary-key>'
username = '{device_id}@sas.{iot_hub_name}'.format(
    device_id=device_id, iot_hub_name=iot_hub_name)
sas_token = generate_sas_token('{hostname}/devices/{device_id}'.format(
    hostname=hostname, device_id=device_id), access_key, None)

# e.g., '/devices/{device_id}/messages/devicebound'
operation = '<operation-link-name>'
uri = 'amqps://{}:{}@{}{}'.format(urllib.quote_plus(username),
                                  urllib.quote_plus(sas_token), hostname, operation)

receive_client = uamqp.ReceiveClient(uri, debug=True)
send_client = uamqp.SendClient(uri, debug=True)

次のリンク パスは、デバイス操作としてサポートされます。

作成者 リンクの種類 リンク パス 説明
デバイス 受信者リンク /devices/<deviceID>/messages/devicebound デバイスが宛先の cloud-to-device メッセージは、各宛先デバイスによってこのリンクで受信されます。
デバイス 送信者リンク /devices/<deviceID>/messages/events デバイスから送信された cloud-to-device メッセージは、このリンク経由で送信されます。
デバイス 送信者リンク /messages/serviceBound/feedback cloud-to-device メッセージのフィードバックは、デバイスによってこのリンク経由でサービスに送信されます。

cloud-to-device コマンドを受信する (デバイス クライアント)

デバイスに送信される cloud-to-device コマンドは、/devices/<deviceID>/messages/devicebound リンクで到着します。 デバイスではバッチでこれらのメッセージを受信することができ、必要に応じて、メッセージのデータ ペイロード、メッセージ プロパティ、注釈、またはメッセージのアプリケーション プロパティを使用できます。

次のコード スニペットでは、Python の uAMQP ライブラリを使用して、デバイスによる cloud-to-device メッセージを受信します。

# ...
# Create a receive client for the cloud-to-device receive link on the device
operation = '/devices/{device_id}/messages/devicebound'.format(
    device_id=device_id)
uri = 'amqps://{}:{}@{}{}'.format(urllib.quote_plus(username),
                                  urllib.quote_plus(sas_token), hostname, operation)

receive_client = uamqp.ReceiveClient(uri, debug=True)
while True:
    batch = receive_client.receive_message_batch(max_batch_size=5)
    for msg in batch:
        print('*** received a message ***')
        print(''.join(msg.get_data()))

        # Property 'to' is set to: '/devices/device1/messages/devicebound',
        print('\tto:                     ' + str(msg.properties.to))

        # Property 'message_id' is set to value provided by the service
        print('\tmessage_id:             ' + str(msg.properties.message_id))

        # Other properties are present if they were provided by the service
        print('\tcreation_time:          ' + str(msg.properties.creation_time))
        print('\tcorrelation_id:         ' +
              str(msg.properties.correlation_id))
        print('\tcontent_type:           ' + str(msg.properties.content_type))
        print('\treply_to_group_id:      ' +
              str(msg.properties.reply_to_group_id))
        print('\tsubject:                ' + str(msg.properties.subject))
        print('\tuser_id:                ' + str(msg.properties.user_id))
        print('\tgroup_sequence:         ' +
              str(msg.properties.group_sequence))
        print('\tcontent_encoding:       ' +
              str(msg.properties.content_encoding))
        print('\treply_to:               ' + str(msg.properties.reply_to))
        print('\tabsolute_expiry_time:   ' +
              str(msg.properties.absolute_expiry_time))
        print('\tgroup_id:               ' + str(msg.properties.group_id))

        # Message sequence number in the built-in event hub
        print('\tx-opt-sequence-number:  ' +
              str(msg.annotations['x-opt-sequence-number']))

テレメトリのメッセージの送信 (デバイス クライアント)

AMQP を使用してデバイスからテレメトリ メッセージを送信することもできます。 デバイスでは必要に応じて、アプリケーション プロパティのディクショナリ、またはさまざまなメッセージ プロパティ (メッセージ ID など) を提供できます。

メッセージ本文に基づいてメッセージをルーティングするには、content_typeプロパティをapplication/json;charset=utf-8に設定する必要があります。 メッセージのプロパティまたはメッセージ本文に基づいてメッセージをルーティングする方法の詳細については、IoT Hub メッセージ ルーティングのクエリ構文に関するドキュメントを参照してください。

次のコード スニペットでは、Python の uAMQP ライブラリを使用して、デバイスから cloud-to-device メッセージを送信します。

# ...
# Create a send client for the device-to-cloud send link on the device
operation = '/devices/{device_id}/messages/events'.format(device_id=device_id)
uri = 'amqps://{}:{}@{}{}'.format(urllib.quote_plus(username), urllib.quote_plus(sas_token), hostname, operation)

send_client = uamqp.SendClient(uri, debug=True)

# Set any of the applicable message properties
msg_props = uamqp.message.MessageProperties()
msg_props.message_id = str(uuid.uuid4())
msg_props.creation_time = None
msg_props.correlation_id = None
msg_props.content_type = 'application/json;charset=utf-8'
msg_props.reply_to_group_id = None
msg_props.subject = None
msg_props.user_id = None
msg_props.group_sequence = None
msg_props.to = None
msg_props.content_encoding = None
msg_props.reply_to = None
msg_props.absolute_expiry_time = None
msg_props.group_id = None

# Application properties in the message (if any)
application_properties = { "app_property_key": "app_property_value" }

# Create message
msg_data = b"Your message payload goes here"
message = uamqp.Message(msg_data, properties=msg_props, application_properties=application_properties)

send_client.queue_message(message)
results = send_client.send_all_messages()

for result in results:
    if result == uamqp.constants.MessageState.SendFailed:
        print result

その他のメモ

  • AMQP 接続は、ネットワーク障害や、(コード内で生成された) 認証トークンの有効期限切れのために、中断される可能性があります。 サービス クライアントでは、これらの状況に対処し、必要に応じて、接続とリンクを再確立する必要があります。 認証トークンの有効期限切れの場合、クライアントは、有効期限が切れる前に先を見越してトークンを更新することによって、接続の解除を回避できます。

  • クライアントは時として、リンクのリダイレクトを正しく処理できる必要があります。 そのような操作を理解するには、AMQP クライアントのドキュメントを参照してください。

次のステップ

AMQP プロトコルの詳細については、AMQP v1.0 の仕様を参照してください。

IoT Hub のメッセージングの詳細については、以下を参照してください。