次の方法で共有


Azure CLI を使用して IoT ハブを作成する

この記事では、Azure CLI を使用して IoT ハブを作成する方法を説明します。

前提条件

  • Azure Cloud Shell で Bash 環境を使用します。 詳細については、「Azure Cloud Shell の Bash のクイックスタート」を参照してください。

  • CLI リファレンス コマンドをローカルで実行する場合、Azure CLI をインストールします。 Windows または macOS で実行している場合は、Docker コンテナーで Azure CLI を実行することを検討してください。 詳細については、「Docker コンテナーで Azure CLI を実行する方法」を参照してください。

    • ローカル インストールを使用する場合は、az login コマンドを使用して Azure CLI にサインインします。 認証プロセスを完了するには、ターミナルに表示される手順に従います。 その他のサインイン オプションについては、Azure CLI でのサインインに関するページを参照してください。

    • 初回使用時にインストールを求められたら、Azure CLI 拡張機能をインストールします。 拡張機能の詳細については、Azure CLI で拡張機能を使用する方法に関するページを参照してください。

    • az version を実行し、インストールされているバージョンおよび依存ライブラリを検索します。 最新バージョンにアップグレードするには、az upgrade を実行します。

IoT ハブを作成するときは、リソース グループの中に作成する必要があります。 既存のリソース グループを使用するか、以下の、リソース グループを作成するコマンドを実行します。

az group create --name {your resource group name} --location westus

ヒント

上の例では、West US という場所にリソース グループを作成します。 このコマンドを実行すると、利用できる場所を一覧表示できます。

az account list-locations -o table

IoT Hub の作成

Azure CLI を使用してリソース グループを作成してから、IoT ハブを追加します。

IoT ハブに対してグローバルに一意の名前を使用して、以下の、リソース グループに IoT ハブを作成するコマンドを実行します。

az iot hub create --name {your iot hub name} \
   --resource-group {your resource group name} --sku S1

重要

IoT ハブは DNS エンドポイントとして公開されるため、名前を付ける際に機密情報や個人を特定できる情報を入力しないように注意してください。

上のコマンドは、課金の対象となる S1 価格レベルに IoT ハブを作成します。 詳細については、「Azure IoT Hub の価格」を参照してください。

Azure IoT Hub コマンドの詳細については、az iot hub リファレンス記事を参照してください。

IoT ハブを更新する

既存の IoT ハブは、作成後に設定を変更できます。 IoT ハブに対して設定できるプロパティの一部を以下に示します。

価格とスケール: 別のレベルに移行したり、IoT Hub ユニットの数を設定したりします。

IP フィルター:IoT Hub で許可または拒否される IP アドレスの範囲を指定します。

プロパティ: リソース ID、リソース グループ、場所など、コピーして別の場所で使用できるプロパティのリストです。

IoT ハブを更新するオプションの完全な一覧については、az iot hub update コマンドのリファレンス ページを参照してください。

IoT ハブに新しいデバイスを登録する

このセクションでは、IoT ハブの ID レジストリにデバイス ID を作成します。 ハブに接続するデバイスは、あらかじめ ID レジストリに登録されている必要があります。 詳細については、「IoT Hub の ID レジストリを理解する」を参照してください。 このデバイス ID は IoT Edge 対応です。

次のコマンドを実行して、デバイスの ID を作成します。 IoT ハブ名を使用し、{iothub_name}{device_id} に代わる新しいデバイス ID 名を作成します。 このコマンドでは、既定の認可 (共有秘密キー) を使用してデバイス ID を作成します。

az iot hub device-identity create -n {iothub_name} -d {device_id} --ee

その結果、キーやその他の情報を含む JSON が出力されます。

または、さまざまな種類の認可を使用してデバイスを登録するオプションがいくつかあります。 オプションを調べるには、az iot hub device-identity リファレンス ページの「」を参照してください。

IoT ハブを削除する

IoT ハブなど、個々のリソースを削除するためのさまざまなコマンドがあります。

IoT ハブを削除するには、次のコマンドを実行します。

az iot hub delete --name {your iot hub name} -\
  -resource-group {your resource group name}

次のステップ

Azure CLI 用の Microsoft Azure IoT 拡張機能で使用できるコマンドの詳細を確認してください。